*

野菜ジュースは野菜の代わりになるのか?栄養素や消化吸収の違い

公開日: : 最終更新日:2017/07/02 食べ物・飲み物

野菜ジュースは野菜の代わりになるのか?

忙しい朝は朝食の代わりに野菜ジュースを飲む、普段の食事で野菜が足りていないから野菜ジュースを飲む、忙しい現代人では、こういった習慣をしている方も少なくないと思います。

ただ、「野菜ジュースには栄養効果がない」という説もあります。

果たして、野菜ジュースは野菜の代わりになっているのでしょうか?

スポンサーリンク



野菜→ジュースの過程で変化するもの

生の野菜からジュースに加工する過程で、栄養素にどんな変化があるのか、見てみましょう。

加工の過程で減少する栄養素

ビタミンC

ビタミンCは熱にとても弱く、市販の野菜ジュースは加工の段階で野菜に熱を通すため、ジュースには野菜由来のビタミンCはほぼ含まれていません。

食物繊維

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

市販の野菜ジュースは加工の段階で、水に溶けない不溶性の食物繊維は搾りかすとして取り除いてしまうのです。

これは、不溶性食物繊維のドロドロとした食感をなくすためです。

水溶性食物繊維は水に溶ける性質のため、ジュースになっても若干残っています。

加工の過程であまり変化しない栄養素

ビタミンA・ビタミンE・βカロチン・カリウム・マグネシウム

上記の栄養素は加工後も、あまり量は変化しません。

すなわち、これらを摂取するのが目的であれば、野菜ジュースは効果的ということです。

野菜ジュースは野菜の代わりになるのか?

野菜ジュースは野菜の代わりになるのか?

結論から言いますと、野菜ジュースは野菜の代わりにはなりません

野菜をまったく食べていない状況で、野菜ジュースだけを飲んでいても、必要なすべての栄養素を補給できるわけではないのです。

では、野菜ジュースには意味がないのかというと、そういうわけでもありません。

野菜ジュースはあくまでも「栄養補助食品」です。

入っている栄養素をきちんと把握したうえで、自分に足りない部分を補うように摂取すれば、健康のサポートとしては十分役に立ちます。

野菜ジュースを飲むうえで注意するポイント

ビタミンCについて

ビタミンCは加工の段階で失われるため、野菜ジュースにはビタミンCは基本的にあまり入っていません。

なので、野菜ジュースを飲む場合、ビタミンCの欠乏に注意する必要があります。

しかし、これについては、あまり深刻に考える必要はありません。

現代の一般的な食生活では、ビタミンCを摂ることはそれほど難しくないため、よほどのことがない限り、欠乏に陥る可能性は低いと思います。

野菜ジュースの中には、加工後にビタミンCを加えている商品もありますので、ビタミンCが足りていない場合は、そういう商品を選びましょう。

食物繊維について

本来、食物繊維を摂取する場合、水溶性と不溶性をバランスよく取る必要があります。
(水溶性:不溶性=1:2)

しかし前述の通り、野菜ジュースに含まれている食物繊維は、水溶性食物繊維だけです。

つまり、野菜ジュースを飲んでいても、不溶性食物繊維は、結局野菜から取らなければなりません

さらに別の問題として、水溶性食物繊維を取りすぎると、下痢・栄養素(ビタミン・ミネラル)の排出を引き起こします。

また、元々野菜の中に含まれている食物繊維は不溶性のほうが多いため、野菜ジュースに含まれている水溶性食物繊維の量自体がさほど多くありません。

しかも、加工の段階で野菜が細かく粉砕されてしまうため、水溶性食物繊維本来のパワーも低下してしまっています。

野菜ジュースを飲む理由として、「食物繊維がとれそうだから」という方は多いと思いますが、実は食物繊維を取るなら、野菜ジュースはあまり適していないのです。

【DHC直販】おなかの中から毎日健康、すっきりキレイ!食物繊維

 

自作の野菜ジュースはどうなのか?

野菜ジュース 自作

これまでの解説は、市販の野菜ジュースの話です。

では、ミキサー等で自作した野菜ジュースだとどうなのでしょう?

まず、熱で飛んでしまう栄養素ですが、ミキサーの刃が食材に当たる際に摩擦熱が発生するので、栄養素の3割程度が飛んでしまいます。

加熱してある市販のものに比べると、若干は多めに残るのが自作の利点です。

食物繊維については、不溶性食物繊維がそのまま残るので、市販の野菜ジュースに比べれば、バランスよく摂取できます。

しかし、食物繊維はミキサーで粉砕されてしまうので、そのまま食べるのに比べるとやはり効果が落ちてしまいます。

自作の野菜ジュースは、市販のものに比べれば幾分かマシではあるものの、野菜ジュースが抱えている欠点は基本的にそのままということになります。

野菜とジュースは相互補助が理想

野菜ジュースは手軽に取れる方法ではありますが、やはり加工している以上、普通に食べる野菜とは摂取できる栄養に違いがあることを覚えておく必要があります。

野菜ジュースには「熱に強い栄養素が多い」という利点があるため、それを生かした使い方をしていくのが一番です。

生野菜から摂取できない栄養素をジュースで補ったり、逆に野菜ジュースに足りない分の栄養をサラダなどで補うなど、相互に補助し合うようにバランスよく使っていくことが大切です。

自身の食生活の偏りや、取れていない栄養素をよく分析して、上手く野菜ジュースを活用していきましょう。


 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

忙しい時などはたしかに便利な野菜ジュースですが、野菜の代わりにはならず、あくまでも補助的な飲み物であることを忘れないようにする必要があります。

成分表をしっかりと読み、ビタミンCや食物繊維の性質を理解していれば、食生活の補助的な役割としては、十分役に立つと思います。

無論、野菜を多く含んだバランスの良い食事が最良なのは言うまでもありませんので、上手く使い分けていくことが重要でしょう。

スポンサーリンク

関連記事

卵白 マヨネーズ

マヨネーズ工場で余った卵白は何に使われる?キューピー式活用法

5月3日に放送される「ありえへん世界」の「大の大人が答えられないと恥ずかしい新常識」のコーナーの中で

記事を読む

チキンラーメン 卵 固まらない

チキンラーメンの卵が固まらないのは何故?作り方次第で綺麗な白身に!?

チキンラーメンを作る際に入れる具の代名詞といえば、もちろん卵ですよね。しかし、卵の白身が上手いこと白

記事を読む

【ジパング】バナナが壊滅の危機?新パナマ病と日本への影響とは

2月6日に放送される「未来世紀ジパング」の中で、「バナナが壊滅の危機!?」という内容が取り上げられる

記事を読む

スペインのネギ祭り、カルソッツ祭りとは?

スペインのネギ祭り、カルソッツ祭りとは?お祭り男宮川が挑戦

2月28日の「世界の果てまでイッテQ!」では、スペインの"カルソッツ祭り"が紹介されるようです。宮川

記事を読む

バナナの弱点

【ジパング】岡山県の国産バナナ、新パナマ病で需要拡大の兆し?

2月6日に放送される「未来世紀ジパング」の中で、「岡山県で栽培されている国産バナナ」が取り上げられる

記事を読む

カフェインはカフェオレでも摂れるのか?

カフェインはカフェオレにも含まれている?リラックス効果を活用しよう

眠気覚ましに飲む飲料といえば、代表的なのはコーヒーですよね。とはいえ、ひとくちにコーヒーといってもい

記事を読む

缶詰の賞味期限切れは食べても大丈夫なのか?いつまでならOK?

長期保存がきくので、普段の食事としても使えるほか、いざというときのための保存食としても活用できる缶詰

記事を読む

笹かまぼこ 食べ方

笹かまは温めたほうがおいしい?笹かまアレンジレシピも紹介

3月12日放送の「ジョブチューン」の中で、笹かまぼこの間違った食べ方は「そのまま食べることである」と

記事を読む

卵かけご飯のカロリーと良い点・悪い点、ダイエット効果はあるのか?

簡単で美味しい「卵かけご飯」、誰でも一度は食べたことがあるのではないでしょうか?私も大好物で、これを

記事を読む

崎陽軒 シウマイ

崎陽軒のシウマイが冷めても美味い理由、ヤバイものが入ってる?

3月12日に放送される「ジョブチューン」の中で、崎陽軒のシウマイが取り上げられます。崎陽軒のシウマイ

記事を読む

PAGE TOP ↑