*

やる気が出ない・起きない原因を取り除き、やる気を出すための対処法

公開日: : 最終更新日:2016/11/19 メンタル

a0002_008002
やらなければいけないことがあるのにも関わらず、まったくやる気が出ない‥‥

そんな時って、よくありますよね。

一度、そういう状態になるとなかなか抜け出すのは難しく、どうやってやる気を出せばいいのか悩んでしまいます。

やる気のない状態をいち早く脱出するためにはどうすればよいのか、原因と対処法について、探ってみたいと思います。

スポンサードリンク



やる気が出ない原因

なぜやる気が出ないのか?

やる気を出すためには、まず原因を知り、その原因を断つことが必要です。

1.疲れている・身体的不快感

疲労困憊の時や、何かしらの病気や疾患を抱えている時は、それらが邪魔をして、やる気が出なくなります。

人間は意外と繊細で、身体の痛み、空腹感、花粉症、身体に合わない机や椅子など、何かしらの身体的不快感を感じていると、作業に集中できなくなってしまいます。

2.無意味感を抱いている

無意味だと感じている事柄に、人間はやる気を見出せません。

自分が取り組んでいることに意味を見出せない場合、その行為をやること自体がむなしくなってしまうのです。

組織や会社の歯車として生きている人が陥りやすい傾向にあります。

3.望んでいるような結果が出ない

自分が取り組んでいる事柄が、思ったような結果、成果に結びついていない場合、モチベーションが低下します。

結果が出ないことで、自分のやっていることに「無意味さ」を感じてしまうのです。2の無意味感に近い要因です。

4.決断することが多すぎる

あまりにもやることを多く抱えていると、人はたくさんの決断を迫られます。

その過剰な負荷が「意思の力」を奪い、結果やる気が削がれます。

人間とは意思の弱い生き物ですから、キャパシティを超えた量の決断は、意思の力をすり減らしてしまうのです。

5.ためらいの感情がある

やらなければいけないのにやる気が出ない場合、その行動にためらいを感じているのかもしれません。

心の中で「やりたくない」と思っていても口に出せない場合、「やりたくない」という感情と、「やらなければいけない」という義務感の間で悩み、「やる気がなくなる」という形で、決断を先送りにするのです。

「やる気」が出るコツ、続くコツ [ 和田裕美 ]

 

やる気が出ない時の対処法

gatag-00001367
前述したやる気の出ない原因について、それぞれの対処法を見てみましょう。

1.疲れている・身体的不快感
→休息をとる・原因を取り除く

疲労によってやる気が出ない場合、身体が不調のサインを出している可能性が考えられます。

人間は、身体の調子に良ければメンタル的にもポジティブになりやる気も出やすいのですが、調子が悪い場合はあらゆることに対してモチベーションが低下しやすくなります。

特に「食欲がない」などの基本的な欲求すらも低下している場合、休息をとったほうが良いでしょう。



身体的不快感が原因の場合、それを取り除く必要があります。

特に、痛みや痒み、花粉症や風邪などからくる不快感などは、抱えながらやる気を出すのはなかなか難しいので、早めに治療するなどして、原因を取り除くことが大切です。

2.無意味感を抱いている
→目標の再確認

無意味感を感じる場合、たいていは「目標を見失っている」ことが多いです。

一度初心にかえり、何のためにやっているのか、目標の再確認をしてみましょう。

意味を見出しにくいことであっても、無理やり何かと関連付けるか、新しい目標を設定するなどして、やる意味を見出すことが大切です。

3.望んでいるような結果が出ない
→失敗に価値を見出す

失敗も、考え方を変えれば価値を見出すことが可能です。

エジソンの名言に「私は失敗をしたことがない。ただ、1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ。」というのがあります。

失敗=無意味なもの、と安易に考えず、たとえ小さな成果であっても、それに価値を見出せるよう、考え方自体をポジティブなものに変えましょう。

4.決断することが多すぎる
→やることを整理し、順序立てをする

たくさんのことを並行でこなすマルチタスクは、実は全体の生産性を悪化させる、というデータがあります。

今やるべきことをすべて書き出し、内容や期限も交えて、一度整理整頓してみてください。

やる順序、道筋がしっかり見えていれば、混乱することもなく、1つのことに集中できるようになり、モチベーションの上昇につながります。

5.ためらいの感情がある
→客観視・とにかく始めてみる

行動を躊躇しているということは、行動したときに考えられるリスクを想像して、決断を先送りにしてしまっている状態です。

こういう時は、何故自分が躊躇しているのか、その原因を洗い出し、客観視することが大切です。

漠然とした不安におびえるのではなく、リスクを明確化し、対処法を模索してみましょう。

案外、抱いている不安や恐怖がたいしたものではないと気づき、行動できるようになる場合があります。



もうひとつの対処法としては、「とにかく始めてみる」ことです。

「案ずるより産むが易し」という言葉がありますが、やる前には恐ろしく思えたことでも、やってみると意外と簡単だった、ということは少なくありません。

また、人間のやる気には「作業興奮」というものがあります。

作業興奮とは、嫌々ながらでも作業をやっていれば、知らない間に夢中になってしまう、という性質のことです。

たとえ嫌々でもやり始めさえすれば、途中から案外やる気が出て、すぱっと終わることもあります。

「問題が発生したらその時はその時」と潔く割り切って、とにかく始めてみましょう。

「やる気」を引き出す黄金ルール [ 沼田晶弘 ]

 

まとめ

いかがでしたか?

やる気が出ない場合、まずは「なぜやる気が出ないのか」という原因を探り、それを解決していくことが大切です。

モチベーションのコントロール技術を身につけると、さまざまな局面で役に立つので、ぜひ一度、取り組んでみて欲しいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

heart-665186_640

心療内科と精神科の違いとは?扱う病気や疾患に差はあるのか

精神的に問題が生じて、病院を受診する場合、「心療内科」もしくは「精神科」に行くことになると思います。

記事を読む

namidame1

泣くことがストレス解消に?美容と心に良い影響を与える涙の効果とは

幼いころ、悲しくて泣くと「泣いてはいけない」と言われていた人は多いのではないでしょうか?そのために「

記事を読む

stress_man

ストレス耐性を高める・強くする方法|ストレスと上手に付き合うには

ストレス社会と言われる現代では、会社・学校・人間関係など、様々なところでストレスを感じることがありま

記事を読む

168156435

メンタルの弱さを克服するには?思考のクセと捉え方で心は変化する

気が弱い、落ち込みやすい、くよくよしてばかり、などなど、メンタルが弱いことを悩んでいる人は多いと思い

記事を読む

taki_syugyou

忍耐力を鍛える方法とは?やる気を持続させて継続力を引き出す

何をやっても長続きしない、という人は結構いると思います。たとえ辛いことや苦しいことがあっても、諦めず

記事を読む

kyoufusyou_taijin

対人恐怖症への対策・克服するための考え方

社会の中で生きていると、人との接触はまず避けられません。人前で話すとき、異常に緊張して赤面したり、思

記事を読む

gatag-00005313

プライドの高い人の特徴と付き合い方・心理を理解して接し方を考える

あなたは「プライドが高い人」と聞いて、どんなイメージを受けますか?プラスのイメージですか?マイナスの

記事を読む

chihuahua-810789_640

アニマルコミュニケーター『アネラ』とは?藤崎奈々子のペットロスをケア

4月24日に放送される「日曜ファミリア・ワンちゃん特番2時間SP」の中で、アニマルコミュニケーターで

記事を読む

ケチ 遺伝

ケチは遺伝する?遺伝子が気前の良さや執着心に影響【初耳学】

6月12日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、ケチは遺伝するという内容が取り上げられるよう

記事を読む

PAGE TOP ↑