*

長男長女は花粉症になりやすい体質?統計から判明した遺伝傾向とは

公開日: : 最終更新日:2017/05/19 健康・身体

長男長女は花粉症になりやすい体質

春も近づいてきて「そろそろ花粉症の季節か‥‥」と憂鬱になる方は多いと思います。

花粉症に悩む人の数は年々増加傾向にあり、いまや「国民病」とも呼ばれるほど花粉症の発症率は高くなっています。

そんな花粉症ですが、なりやすさには個人差があり、特に「長男・長女の方が花粉症になりやすい」というデータがあるのをご存知でしょうか。

統計から判明した花粉症の遺伝傾向について見てみたいと思います。

スポンサーリンク



長男・長女が花粉症になりやすい?

第1子にアレルギー傾向

現在では、日本人のおよそ「3人~4人に1人」が花粉症であると言われています。

花粉症は体質によるところが大きく、環境的な要因ももちろんですが、遺伝的な要因も大きく影響してきます。

なりやすさに関しては諸説ありますが、以前から医師の間では「第1子の方が第2子第3子に比べてアレルギーを発症する傾向が強い」と言われていました。

ロート製薬が行った調査によると、10歳から16歳の子供に対して「出生順」と「花粉症かどうか」について尋ねたところ、第1子が39.7%、第2子が29.2%、第3子が28.6%が「花粉症である」と答えたそうです。

また、2011年には、滋賀県立保健センター小児科部長の楠隆医師が、アメリカの学会でこれを裏付ける統計データを発表しています。

約1万3000人の保護者にアンケートを取ったところ、第1子は「食物アレルギー」「アトピー性鼻炎」「アレルギー性結膜炎」などを発症する割合が、弟や妹達よりも高いという結果が出ています。

胎内にいる時から兆候あり

さらに2016年2月には「米国胸部疾患学会」で、出生順とアレルギー体質に関する研究結果が発表されています。

アメリカのサウスカロライナ大研究チームは、およそ1200人の新生児の臍帯血(さいたいけつ=へその緒に含まれる血液)を調べ、「IgE」(免疫グロブリンE)と呼ばれる抗体の量を測定。

「IgE」はアレルギー反応因子の1つであり、この量が多いければ多いほど「アレルギー体質が強い」ということになります。

この調査の結果、第1子はそれ以降に生まれた子供よりも、IgEレベルが高い傾向があるという結果が導き出されました。

つまり、長男や長女は外的要因とは別に、母親の胎内にいる時点からすでにアレルギー疾患になる可能性が高い体質であるということになります。

有力なのは「衛生仮説」

第1子が花粉症になりやすい理由として、現在有力視されているのが「衛生仮説」と呼ばれるものです。

衛生仮説とは、小さいときに過ごした衛生環境が免疫系の発達へ影響を及ぼして、アレルギーになりやすいかどうかが決まる、とされる説です。

人間の身体に存在するリンパ球は2種類あり、「Th1(Tヘルパー1)細胞」と「Th2(Tヘルパー2)細胞」に大別されます。

Th1細胞は「細菌やウイルスに対する防御」を司り、Th2細胞は「寄生虫やアレルギー物質に対する防御」を司ります。

俗にいう「アレルギー」とは、このTh2細胞が過剰になりすぎた結果として起こる症状のことです。

生まれたばかりの赤ちゃんの場合、Th2細胞のほうが優位となっており、Th1細胞はあまり機能していない状態となっています。

Th1細胞が不活性になる理由は、母親と胎児との間で拒絶反応が起こるのを防ぐためだといわれています。

そして、育っていく過程の中で様々な細菌やウイルスに感染することで、Th1細胞の数を増やしていき、免疫機能を徐々に高めていきます。

これによって、最終的にTh1細胞とTh2細胞のバランスが是正されていき、免疫系全体のバランスが保たれるようになります。

しかし、幼少期に清潔すぎる環境にいたり、細菌やウイルスが少ない環境で育った場合には、Th1細胞の機能が十分に育ちません。

Th1細胞が育たず、Th2細胞が優位なまま大人になってしまうと、結果としてアレルギー症状を引き起こしやすい体質となってしまいます。

第1子の場合には家庭に大人しか居ない状態であることが多く、細菌やウイルスなどが比較的少ない環境で育つことが多くなります。

それに対して、第2子以降の場合には、第1子などと同じ空間にいることで、第1子が撒き散らす細菌やウイルスに感染する機会が増えるため、第1子と比較してTh1細胞が育つ機会が多くなります。

そういった理由により、第1子のほうが第2子以降と比較して、アレルギー体質の人が多いのではないかと考えられています。

アレルギー遺伝も厄介

IgE抗体ができやすい体質というのは、遺伝すると言われています。

両親がアレルギー疾患を持っていると、その子供がアレルギーを発症する割合はおよそ6~8割と言われています。

逆に両親がアレルギーでない場合には、子供がアレルギーになる確率は3割ほどです。

アレルギーは必ず遺伝するわけではありませんが、比較的高い確率で遺伝していく傾向があるため、患者はこれからもゆるやかに増加していくことが予想されます。

少子化が叫ばれる昨今では、核家族化によって必然的に長男長女が多くなるため、アレルギー疾患を持つ子供はまだまだ増えていきそうです。

>花粉対策 まるごとじゃばら600ml和歌山県北山村特産 福田農園 じゃばらの元祖福田家からじゃばら果実を搾って花粉対策 蛇腹 ジャバラ 邪払

 

まとめ

アレルギー体質は根本的な治療が難しく、対症療法しかできないのが辛いところです。

患者数が増加傾向にある以上、子育て中や教育機関でもアレルギー対策が必須になってくるので、一種の社会問題ともいえます。

私も花粉症で苦しんでいる1人ですが、アレルギー体質を改善するような画期的な方法が早く見つかって欲しいものですね。

スポンサーリンク

関連記事

ストレスはお菓子で解消できる?

ストレスはお菓子で解消できる?依存や中毒のリスクと正しい活用法

ストレスが溜まった時の解消法として、お菓子を食べる人は結構多いと思います。実際、甘いものはストレス解

記事を読む

五月病の原因とチェック方法

五月病のチェックと診断方法|ストレスの影響と注意すべき症状とは

新入社員や新入生のほか、異動などで周りの環境が変化した方は、ゴールデンウィーク明け頃から襲ってくる五

記事を読む

白い血と食後高脂血症

白い血と食後高脂血症|健康診断では見抜きにくい動脈硬化の原因

最近、健康診断でも見抜くことが困難な食後高脂血症という症状が注目されています。健康診断で行う血液検査

記事を読む

昼寝 夜 眠れない

昼寝しすぎて夜に眠れない時の7つの対策|リラックスで眠気を誘発しよう

昼寝をした時間が長かったり、うっかり寝過ごしてしまったりすると、反動で夜に眠れなくなることがあります

記事を読む

デジャブ デジャヴ 原因

デジャブの原因は何なのか?既視感の理由は記憶のメカニズムにある?

なんかこの光景、前に見たような?あれ?これって前にも経験したような気がする‥‥日常生活で稀に起こる現

記事を読む

バランス感覚の鍛え方|自己診断の方法と体幹トレーニングの重要性

バランス感覚が年齢とともに衰えるということを、皆さんは知っていますか?例えば電車やバスに乗った時に、

記事を読む

握力&腕力強化の方法【雑巾絞り・ペットボトル・グリップ】

「最近、ペットボトルの蓋が開けにくくなった」なんてことはありませんか?それは前腕の筋力が、低下してい

記事を読む

寝るとき 加湿器

寝るときに加湿器はつけるべき?|就寝時の乾燥対策と使い方の注意

寒い時期になってくると、やはり気になるのは「部屋の乾燥」です。暖房をつけるとどうしても部屋が乾燥して

記事を読む

三半規管を鍛える・強くする方法|乗り物酔いを起こりにくくするには

目まいや乗り物酔いをよく起こす人は、三半規管が弱い可能性があります。乗り物酔いは、脳が目から入る情報

記事を読む

仮眠から起きれない場合の対策|二度寝・寝過ごしを防止するには

勉強しているときや仕事の最中など、どうしても眠気に耐えられないということはよくありますよね。作業がは

記事を読む

PAGE TOP ↑