*

三半規管を鍛える・強くする方法|乗り物酔いを起こりにくくするには

公開日: : 最終更新日:2017/05/18 健康・身体, 知識・お役立ち

三半規管を鍛える・強くする方法

目まいや乗り物酔いをよく起こす人は、三半規管が弱い可能性があります。

乗り物酔いは、脳が目から入る情報についていけなくなって、バランスを崩すことから起こります。

三半規管を鍛えることで、身体の位置情報をキャッチするのが上手くなり、目まいや乗り物酔いを起こしにくくなります。

どうすれば三半規管を鍛えることができるのか、その方法について見てみましょう。

スポンサーリンク



三半規管と乗り物酔い

三半規管とは、平衡感覚を司る器官のことで、鼓膜より奥の中耳にあります。

三半規管は傾いた3つのチューブ状の器官で構成されており、それぞれ、前半規管・後半規管・外側半規管と呼ばれます。

管の内部はリンパ液で満たされており、このリンパ液の動きをクプラと呼ばれる感覚毛により感知し、脳に信号を送ることで、身体の傾きを判断しているのです。

3つの規管は90度ずつ傾いているので、三次元の動きのどの方向でも感知できるようになっています。

人間は、回転を続けると目を回しますが、これは、規管にあるリンパ液が慣性の法則に従い、身体の回転を止めた後も動き続けているためで、それをクプラが感知し、脳に間違った情報を送ってしまうためです。

乗り物酔いはなぜ起こるのか

ヒトの平衡感覚というのは、三半規管の情報と目から得られる情報を複雑に処理して得られます。

乗り物酔いが起こる原因としては、視覚からの情報と耳からの情報とで、ズレが生じることによって起こるといわれています。

車やバスに乗った時、連続的な揺れのせいで三半規管がうまく働かなくなります。

さらに、外を眺めていると景色が次々と移り変わるため、目からの情報が脳に伝わり混乱を起こします。

視覚情報と三半規管の平衡感覚がズレるため、脳が身体をコントロールできなくなり、乗り物酔いの症状が出るのです。

シーバンド SEABAND 乗り物酔い、妊娠中のつわり対策に!

 

三半規管は鍛えることができる

長時間車やバスに乗っていても、まったく大丈夫な人とすぐに酔ってしまう人がいます。

これは、三半規管の強さの違いです。

三半規管が強いということは、身体の平衡感覚がしっかりしているということです。

三半規管は年齢とともに衰えていくもので、加齢とともにめまいやふらつきが増えるのも、三半規管の能力が落ちていくためです。

しかし、三半規管は鍛えることが可能な器官です。

日頃から三半規管のトレーニングを積んでいると、平衡感覚も強くなり、簡単にはバランスを崩さなくなります。

フィギュアスケート選手が、スピンをしても目を回さないのは、訓練により三半規管が強化されているためです。

三半規管の鍛え方

三半規管の鍛え方

三半規管の強化に必要なのは「慣れ」です。

日常生活では起こりえない身体の動きをして、ゆっくりと慣らしていきます。

最初のほうはふらつくかもしれませんが、続けていれば、だんだんとバランスを崩さなくなります。

いろいろな方法がありますので、自分に合った方法を見つけて、続けていくことが大事です。

いきなり、ハードなことをする必要はありません。

気軽に続けられる範囲で行いましょう。



・後ろ歩き
・でんぐり返し(前転&後転、回数を徐々に増やす)
・目をつぶって歩く
・ケンケンで移動
・スキップ
・回転椅子運動(椅子に座ったまま回転する)
・目をつぶって回る(手すりにつかまって)
・逆立ち
・爪先立ち
・トランポリン
・側転
・一輪車
・四股を踏む(振動に慣れる)
・バランスボール(椅子代わりにするだけでも効果的)


 

【販売数2万個突破!!送料無料】【耐荷重250kg】 バランスボール 65cm ( ポンプ&説明書付 )【即納】【 ダイエット器具 バランスボール ヨガボール エクササイズ 骨盤枕 ヨガマット】

 

まとめ

乗り物酔いに悩んでいる方は、ゆっくりでいいので三半規管を鍛える運動を続けてみましょう。

平衡感覚を鍛えると、歳をとってからでも、目まいやふらつき、転倒のリスクを軽減できるため、たとえ乗り物酔いしない人でも、三半規管は鍛えておいて損はありません。

ぜひこの機会に、三半規管を鍛えるトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか。


【関連記事】

バランス感覚の鍛え方

運動を習慣化する方法・コツ|無理なく継続させるための秘訣とは

スポンサーリンク

関連記事

交感神経を鎮める方法

交感神経を鎮める方法|ストレスによる自律神経の衰えを改善するには

ふだん我々の身体をコントロールしている自律神経のうち、主に活動的な部分を担っているのが交感神経です。

記事を読む

蚊に刺されやすい人の特徴・原因は?血液型や体質との関係および対策

夏の暑い時期になると避けては通れないのが、「蚊」による虫指されの被害ですよね。寝ている時にプ~ンと

記事を読む

スローロリスの生態

スローロリスの生態、魔法のような狩り&毒ヘビより危険な理由

出典:スローロリス « わるものかふぇ2月14日の「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」では、サルの仲

記事を読む

教科書 アンダーライン

教科書にアンダーラインを引くと成績が伸びない?物語・流れで記憶する

5月8日に放送される「林先生が驚く初耳学!」の中で、「教科書にアンダーラインを引くと成績が伸びない」

記事を読む

効率の良い暗記法・コツ|記憶のメカニズムをうまく活用する

みなさんは「暗記」は得意ですか?学校の期末テストや受験ではほぼ必須ですし、社会人になっても、仕事や資

記事を読む

ケニアの妊婦は石を食べる?

ケニア人は石を食べる&しゃがめないけど腰痛にならない?その理由とは

最近では、日本のマラソン大会でもケニア人の選手をよく見かけるようになり、「ケニア人=マラソンが強い」

記事を読む

治安 コンビニ

街の治安はコンビニの本棚とトイレでわかる?客層がわかるポイント

街のいたるところに存在し、いまや私達の生活になくてはならないのが「コンビニ」です。普段何気なく足を運

記事を読む

五月病の原因とチェック方法

五月病のチェックと診断方法|ストレスの影響と注意すべき症状とは

新入社員や新入生のほか、異動などで周りの環境が変化した方は、ゴールデンウィーク明け頃から襲ってくる五

記事を読む

仮眠から起きれない場合の対策|二度寝・寝過ごしを防止するには

勉強しているときや仕事の最中など、どうしても眠気に耐えられないということはよくありますよね。作業がは

記事を読む

車のフロントガラスの曇り対策|デフロスターとエアコンの活用法

梅雨の時期や、冬の寒い日、フロントガラスが曇って前が見えなくなり、焦った経験はありませんか?誰か同乗

記事を読む

PAGE TOP ↑