*

三半規管を鍛える・強くする方法|乗り物酔いを起こりにくくするには

公開日: : 最終更新日:2017/07/02 健康・身体, 知識・お役立ち

三半規管を鍛える・強くする方法

目まいや乗り物酔いをよく起こす人は、三半規管が弱い可能性があります。

乗り物酔いは、脳が目から入る情報についていけなくなって、バランスを崩すことから起こります。

三半規管を鍛えることで、身体の位置情報をキャッチするのが上手くなり、目まいや乗り物酔いを起こしにくくなります。

どうすれば三半規管を鍛えることができるのか、その方法について見てみましょう。

スポンサーリンク



三半規管と乗り物酔い

三半規管とは、平衡感覚を司る器官のことで、鼓膜より奥の中耳にあります。

三半規管は傾いた3つのチューブ状の器官で構成されており、それぞれ、前半規管・後半規管・外側半規管と呼ばれます。

管の内部はリンパ液で満たされており、このリンパ液の動きをクプラと呼ばれる感覚毛により感知し、脳に信号を送ることで、身体の傾きを判断しているのです。

3つの規管は90度ずつ傾いているので、三次元の動きのどの方向でも感知できるようになっています。

人間は、回転を続けると目を回しますが、これは、規管にあるリンパ液が慣性の法則に従い、身体の回転を止めた後も動き続けているためで、それをクプラが感知し、脳に間違った情報を送ってしまうためです。

乗り物酔いはなぜ起こるのか

ヒトの平衡感覚というのは、三半規管の情報と目から得られる情報を複雑に処理して得られます。

乗り物酔いが起こる原因としては、視覚からの情報と耳からの情報とで、ズレが生じることによって起こるといわれています。

車やバスに乗った時、連続的な揺れのせいで三半規管がうまく働かなくなります。

さらに、外を眺めていると景色が次々と移り変わるため、目からの情報が脳に伝わり混乱を起こします。

視覚情報と三半規管の平衡感覚がズレるため、脳が身体をコントロールできなくなり、乗り物酔いの症状が出るのです。

三半規管は鍛えることができる

三半規管は鍛えることができる

長時間車やバスに乗っていても、まったく大丈夫な人とすぐに酔ってしまう人がいます。

これは、三半規管の強さの違いです。

三半規管が強いということは、身体の平衡感覚がしっかりしているということです。

三半規管は年齢とともに衰えていくもので、加齢とともにめまいやふらつきが増えるのも、三半規管の能力が落ちていくためです。

しかし、三半規管は鍛えることが可能な器官です。

日頃から三半規管のトレーニングを積んでいると、平衡感覚も強くなり、簡単にはバランスを崩さなくなります。

フィギュアスケート選手が、スピンをしても目を回さないのは、訓練により三半規管が強化されているためです。

では、具体的にどういった鍛え方をしていけばいいかを見ていきましょう。

スポンサーリンク



三半規管の鍛え方

三半規管の鍛え方

三半規管の強化に必要なのは「慣れ」です。

普段から何度も回転する動作を行っていると、三半規管の急激な変化に脳がだんだんと対応できるようになってきます。

なので、日常生活では起こりえない身体の動きをして、ゆっくりと慣らしていくようにしましょう。

最初のほうはふらつくかもしれませんが、続けていればだんだんとバランスを崩さなくなってきます。

いろいろな方法がありますので、自分に合った方法を見つけて、続けていくことが大事です。

いきなり、ハードなことをする必要はありません。

気軽に続けられる範囲で行いましょう。

【三半規管トレーニング】

後ろ歩き
でんぐり返し
(前転&後転、回数を徐々に増やす)
目をつぶって歩く
ケンケンで移動
スキップ
回転椅子運動
(椅子に座ったまま回転する)
目をつぶって回る
(手すりにつかまって行う)
逆立ち
爪先立ち
トランポリン
側転
一輪車
四股を踏む
(振動に慣れる)
バランスボール
(椅子代わりにするだけでも効果的)

 

乗り物酔いを予防する知識を持つ

日々の生活で三半規管を鍛えていけば、乗り物酔いは克服することができます。

とはいえ、三半規管が弱い人の場合、過去に乗り物酔いを起こした経験がトラウマとなって、「また酔ってしまうかも‥‥」と不安になる方もいることでしょう。

そういった不安を払拭するためにも、乗り物酔いを防止するコツや、酔ってしまった場合の対処法について知っておきましょう。

日々のトレーニングにくわえて、これらの知識を持っておけば、それが自信に繋がってきます。

車酔いをしないためのコツ

乗り物酔いを予防するためのツボ

上記の動画で紹介されている酔い止めのツボ「内関」ですが、そのツボを押さえてくれる専用リストバンドが存在します。

ただ身に着けるだけというお手軽さなので、乗り物酔いしやすい方は持っておいて損はないと思います。
↓↓

シーバンド 正規品 乗り物酔いやつわりでお困りの方へ リストバンド 酔い止め薬等の医薬品ではありません

 

まとめ

乗り物酔いに悩んでいる方は、ゆっくりでいいので三半規管を鍛える運動を続けてみましょう。

平衡感覚を鍛えると、歳をとってからでも、目まいやふらつき、転倒のリスクを軽減できるため、たとえ乗り物酔いしない人でも、三半規管は鍛えておいて損はありません。

ぜひこの機会に、三半規管を鍛えるトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか。


【関連記事】

バランス感覚の鍛え方|自己診断の方法と体幹トレーニングの重要性

運動を習慣化する方法・コツ|無理なく継続させるための秘訣とは

スポンサーリンク

関連記事

白い血と食後高脂血症

白い血と食後高脂血症|健康診断では見抜きにくい動脈硬化の原因

最近、健康診断でも見抜くことが困難な食後高脂血症という症状が注目されています。健康診断で行う血液検査

記事を読む

ため息の原因とメリット&デメリット

ため息の原因とメリット&デメリット|意外な健康効果と周囲への影響

あなたは「ため息」と聞いて、どんなイメージを抱きますか?何かとストレスの多い現代社会では、"つい、た

記事を読む

扇風機の効率の良い配置と使い方

扇風機を効率良く使う方法|エアコン併用や配置の工夫で涼しさアップ

夏の暑~い時期を乗り越えるためには、部屋が涼しくないとやっていられませんよね。最近ではエアコンが主流

記事を読む

赤ちゃん 扇風機 おすすめ

赤ちゃんに使う扇風機でおすすめなのは?安全性と事故防止が大切

夏の暑い時期というのは、大人であってもエアコンや扇風機が欠かせませんよね。体温調節がうまくできない赤

記事を読む

自律神経 整える

【金スマ】自律神経の乱れを整える方法・現代病やストレスの軽減【4月22日】

4月22日に放送された「金スマ」の中で、自律神経が体に及ぼす影響と、自律神経の整え方が取り上げられて

記事を読む

加湿器 枕元

加湿器を枕元に置いても大丈夫?寝室での風邪予防に効果的な設置場所

風邪の予防に加湿器を使用する場合、やはり長時間過ごすことになる寝室に置いておく方が多いのではないでし

記事を読む

寝るとき 扇風機

寝るときに扇風機をつけっぱなしにすると悪影響?正しい配置と使い方

夏になって気温が上昇してくると、夜の寝苦しさに悩まされることが多くなってきますよね。少しでも涼しく寝

記事を読む

タウリン 3000mg 効果

タウリン3000mgは効果が高いのか?栄養ドリンク活用のポイント

疲れた時に栄養ドリンクを飲む方は多いと思いますが、「タウリン3000mg」などの表示をどの程度気にし

記事を読む

方向音痴の原因・治し方は?克服するための道の覚え方や目印の工夫

地図を読むのが苦手だったり、自分の現在位置がすぐわからなくなる人は、よく「方向音痴」と呼ばれます。知

記事を読む

こたつ しまう 時期

こたつをしまう時期はいつが良い?タイミングの見極めと寒さ対策

冬の寒い時期を支えてくれる暖房器具といえばこたつです。春を過ぎて暖かくなってくればその役目も終わり、

記事を読む

PAGE TOP ↑