*

清水寺は密かに400年後に備えて入手しているものがある?【初耳学】

公開日: : 旅行・観光, 知識・お役立ち

清水寺は密かに400年後に備えて入手しているものがある

8月20日に放送される「林先生が驚く初耳学!」の中で、清水寺は密かに400年後に備えて入手しているものがあるという話題が取り上げられるようです。

清水寺といえば京都を代表する観光名所ですが、400年も先に備えなければならないものとは一体何なのでしょうか?

スポンサーリンク



清水寺は400年先を見据えている

清水寺は400年先を見据えている

京都にある清水寺といえば、日本人ならほとんどの方が知っている超有名な観光スポットです。

1994年には世界遺産にも登録され、毎年世界中からいろいろな人が訪れる場所となっています。

清水寺は建築からおよそ1200年以上の歴史を誇りますが、400年後に備えていることとは、この長い歴史とも関わりがあります。

400年後の建て直しで必要となるもの

清水寺は、いずれ建て直しをしなくてはならないことが判っているため、その時に絶対に必要になるものを準備しています。

それはケヤキの木です。

400年後に訪れるであろう立て直しに備えて、すでに山林の土地を買い、ケヤキの苗木を大量に植樹しているのです。

清水の舞台を支えている柱の部分には、およそ18本のケヤキの大木が使われています。

現在の舞台を支えているのは樹齢400年のケヤキの木であり、ケヤキの柱の耐用年数は樹齢の倍と言われているため、およそ800年ほど持つという計算になります。

現在の清水寺は、寛永6年の火災で焼失した後、1633年に徳川家光によって再建されたものです。

再建されたのが400年前なので、次の立て直しはおよそ400年後ということになります。

しかし、今から400年経過した後に確実に樹齢の長いケヤキを入手できるとは限りません。

そのため、清水寺は次の再建の時に確実にけやきを入手するために、今から山林の土地を買ってケヤキの苗木を植樹しているというわけなのです。

未来に向けての京都人の努力

このケヤキの植樹が発案されたのは、西暦2000年のことでした。

この年、清水寺は33年に1度行われるご本尊の御開帳がありました。

その際、何か後世に残せるものはないかと考えた結果、ケヤキの苗木を植えるという案が浮上し、それを実行に移したのです。

現在植樹されているケヤキやヒノキの苗木は、およそ6000本

ですが、400年後に木材として使える程度まできちんと成長するのは、この中のおよそ1割程度と言われています。

400年も前から準備しておくことは、伝統が途絶えてしまうリスクを少しでも減らすことに繋がります。

京都の方々は、ただ「古いものを守る」だけではなく、今まで大切にしてきたものを未来にまで存続させるための努力も惜しまず行っているのです。

伝統を生かす努力

清水寺の努力は、未来に向けてのものだけではなく、過去の伝統を受け継ぐというところにも表れています。

清水の舞台を支えている柱の部分は、木材を格子状に組んで作られています。

こうした独特の方法は懸造り(かけづくり)と呼ばれ、木材同士が互いに支え合うことで衝撃を分散できるため、非常に高度な耐久性を保つことができる建築法です。

また、柱とそれを支える水平に貫通させた貫(ぬき)の接合部分には、驚くべきことに釘を1本も使っていないといいます。

接合部分のわずかな隙間には、けやきの木片で楔(くさび)を打ちこんで固定するという継手(つぎて)という技法を使っているのです。

これらは千年以上も前に考案された建築工法ですが、それを今も守り続けるために、職人さん達は日々並々ならぬ努力をしているといいます。

こうした伝統的で特殊な建築法を守っている清水寺は、今まで数百年にわたり参拝者が訪れていますが、一度も崩れ落ちたことはありません。

幾度となく襲ってきた地震でもビクともせず、過去にはぐらついたり補修したこともないと言います。

世界遺産である清水寺を支えているのは、こうした大工さん達のとても細やかな工夫があってこそなのです。

清水寺の謎 なぜ「舞台」は造られたのか (祥伝社黄金文庫) [ 加藤眞吾 ]

 


スポンサーリンク

関連記事

加湿器 塩

加湿器に塩を入れる行為の意味とは?故障する場合と必須機種の違い

加湿器の使い方について調べていると、「加湿器の水に塩を入れる」という文章を見かけることがあります。「

記事を読む

雲の帯

『モーニング・グローリー』回転する巨大な雲の帯とは【何だコレミステリー】

5月18日に放送される「世界の何だコレ!?ミステリー」の中で、「モーニング・グローリー」という巨大な

記事を読む

よふかしおに バイキンマン 似ている

よふかしおにがバイキンマンに似ている?キャラデザはなんとあの人

7月17日に放送される「月曜から夜ふかし」の中で、高知県のキャラクター「よふかしおに」がバイキンマン

記事を読む

インド人 火 食べる

インド人は火を食べる!?ファイアーパーンという刺激的な嗜好品が人気

5月16日に放送される「ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTVスペシャル」では、「インド

記事を読む

頭が悪くなるウイルス「ATCV-1」とは

頭が悪くなるウイルスATCV-1とは?認知能力が低下&44%の人が感染!?

7月17日に放送される「月曜から夜ふかし」の中で、頭が悪くなるウイルスが発見されたという内容が取り上

記事を読む

金魚すくい 紙 ポイ

金魚すくいの紙(ポイ)がすぐ破れる時となかなか破れない時がある理由

7月11日に放送される「ありえへん世界」の中で、「金魚すくいってどうしてなかなか紙が破れない時とすぐ

記事を読む

マッタンツァ 漁

マッタンツァと呼ばれるクロマグロ漁|イタリア・サルデーニャ島の伝統

8月26日に放送される「世界ふしぎ発見」の中で、イタリアのサルデーニャ島で行われているマグロ漁「マッ

記事を読む

缶詰の賞味期限切れは食べても大丈夫なのか?いつまでならOK?

長期保存がきくので、普段の食事としても使えるほか、いざというときのための保存食としても活用できる缶詰

記事を読む

サーキュレーター 扇風機 代わり

サーキュレーターは扇風機で代用可能?その逆は?目的&電気代の比較

扇風機と良く似た電化製品としてサーキュレーターがあります。形状も良く似ていますし、風を生み出すという

記事を読む

ケニアの妊婦は石を食べる?

ケニア人は石を食べる&しゃがめないけど腰痛にならない?その理由とは

最近では、日本のマラソン大会でもケニア人の選手をよく見かけるようになり、「ケニア人=マラソンが強い」

記事を読む

PAGE TOP ↑