*

マッタンツァと呼ばれるクロマグロ漁|イタリア・サルデーニャ島の伝統

公開日: : 旅行・観光

マッタンツァ 漁

8月26日に放送される「世界ふしぎ発見」の中で、イタリアのサルデーニャ島で行われているマグロ漁「マッタンツァ」が取り上げられるようです。

マグロ漁といえば日本のイメージが強いですが、ヨーロッパでもマグロ漁が行われているなんて意外ですよね。

マッタンツァとは一体どんな漁のことなのか、調査してみました。

スポンサーリンク



クロマグロ漁「マッタンツァ」

ファビニャーナ島 マッタンツァ
出典:http://prezzemolo-creapasso.blogspot.jp/2008/05/blog-post_20.html

マッタンツァとは、古代から伝わる伝統的なクロマグロ漁で、およそ1000年以上の歴史があると言われています。

この漁が行われている代表的な場所が、地中海に浮かぶサルデーニャ島の南西側に位置する「サン・ピエトロ島」です。

サン・ピエトロ島は、透き通った綺麗な海に囲まれたのどかな島ですが、近海がちょうどマグロの通り道だったことから、古代からこのマッタンツァが行われてきました。

マッタンツァはこの島以外にも、シチリア半島のファビニャーナ島や、 シチリア半島最西端の町トラーパニなどでも行われています。

マグロを追い込んでいく漁

マッタンツァは、数隻の船で網を張って待ち構え、クロマグロが網に入ってきたところで追い込みをかけて、徐々に狭い空間に追い詰めていくという漁です。

最後の狭い空間まで追い込んだら、合図と共に仕掛けておいた網を一斉に引っ張り上げて、マグロ一網打尽にします。

そして、網を引き上げた後は暴れるマグロを銛で仕留めて、数人がかりで引き上げていきます。

海の男達が行うこの漁は非常に勇壮であり、マグロを追い詰めていく様子は圧巻で見応えがあります。

マッタンツァのシーズンには、この漁を見るために訪れる観光客もおり、一種のショーのような側面も持っています。

ちなみに、イタリアではマグロ漁のことは「トンナーラ」と呼ばれています。

「マッタンツァ」という言葉は、マグロを追い込みきった最終段階のことを指す言葉なのだそうです。

マッタンツァのシーズンと漁獲量の変化

マッタンツァが行われるのは、クロマグロの群れが近海を通る5~6月あたりです。

この時期に観光に行くと、うまくいけばマッタンツァを間近で見れる場合があり、さらに街でマグロ料理を食べられる可能性があります。

マグロ漁が行われる時期にはマグロ祭りも開催され、世界中の名だたるシェフが集まってマグロ料理の腕を競ったりします。

地中海一ともいわれる美しい海で観光客に人気のサルデーニャですが、マグロ漁が行われる時期にはさらなる熱気に包まれるのです。

とはいえ、これだけ盛況なマッタンツァですが、近年ではマグロの漁獲量が減少傾向にあります。

環境の破壊や、それに伴う気候・海流の変化によって、マグロの数自体が減ってしまっているのです。

数十年前は、とても食べきれないほどのマグロが獲れたため、それだけで十分に生計を立てることができました。

しかし、近年では漁獲量が大幅に減少していることもあり、マグロ漁だけでは食べていけずに、観光客を漁船に乗せてその手数料によって生計を立てている漁師もいるとのこと。

マッタンツァが観光客向けのショーとなっているのには、こういった理由もあるのです。

家庭で作れるサルデーニャ料理 イタリア・地中海「長寿の島」から [ TOMOKO Fujita ]

 


スポンサーリンク

関連記事

マンセル要塞 イギリス

『マンセル要塞』イギリス近海に浮かぶ第二次世界大戦遺物の廃墟

4月20日に放送される「世界の何だコレ!?ミステリー」の中で、イギリスの近海に浮かぶ謎の建造物が取り

記事を読む

エッフェル塔の撮影で逮捕される可能性あり?

エッフェル塔の撮影で逮捕される可能性あり?夜間の写真に要注意

6月4日に放送される「林先生が驚く初耳学!」では、エッフェル塔を撮影すると逮捕される可能性がある!と

記事を読む

雲の帯

『モーニング・グローリー』回転する巨大な雲の帯とは【何だコレミステリー】

5月18日に放送される「世界の何だコレ!?ミステリー」の中で、「モーニング・グローリー」という巨大な

記事を読む

インド人 火 食べる

インド人は火を食べる!?ファイアーパーンという刺激的な嗜好品が人気

5月16日に放送される「ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTVスペシャル」では、「インド

記事を読む

清水寺は密かに400年後に備えて入手しているものがある

清水寺は密かに400年後に備えて入手しているものがある?【初耳学】

8月20日に放送される「林先生が驚く初耳学!」の中で、清水寺は密かに400年後に備えて入手しているも

記事を読む

PAGE TOP ↑