*

運動を習慣化する方法・コツ|無理なく継続させるための秘訣とは

公開日: : 最終更新日:2017/07/02 健康・身体

運動 習慣化

ダイエットをしたいけど、運動するのは億劫‥‥

運動不足を解消したいけど、三日坊主で続かない‥‥

運動が身体に良いことなのは知っていても、なかなかそれを習慣化するのは難しいですよね。

無理なく運動を続けるためには、何に気をつければいいのか。

運動を習慣化するコツについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク



わかっていてもなかなか続かない

米国のあるアンケートで、「あなたが身につけたいと思っている習慣は?」という質問に、第一位が”運動”、第二位が”読書”だったという結果があります。

運動は、重要性が分かっていても、なかなか続けられないものの筆頭というわけですね。

運動が習慣になっている人の割合は、およそ2割~4割といったところで、高齢者(60代以上)のほうが、習慣化している人が多いようです。

逆に、30代は習慣化している割合が低く、男女ともに15%に満たないというデータがあります。

参考
京都市 糖尿病・生活習慣病 かぎもとクリニック 広報誌-オリーブ

主に続けられない理由としては、「面倒」「疲れる」「苦痛」「場所がない」「時間がない」あたりが多いと思われます。

30日で人生を変える「続ける」習慣 [ 古川武士 ]

 

習慣化するためのコツ

習慣化するためのコツ

運動を習慣化するためには、いくつかのコツがあります。

目標設定ややり方を工夫することで、モチベーション向上や、無理なく運動を行える環境を整えることができます。

最初の目標は低く

運動を始めるのが面倒になる大きな理由として、いきなり高い目標を設定してしまっていることが挙げられます。

エクササイズの回数や、ジョギングの距離などでも、いきなり高い目標を設定してしまうと、挫折する可能性が飛躍的に上がります。

最初に設定する目標は、「物足りない」と感じる程度で十分です。

たった5分、10分程度であっても、それを積み重ねていくことが大事です。

ダイエットや筋トレでも「このぐらいの回数でないと効果がない」と言われると、ついそれを守ってしまいがちですが、そもそも、続かなくては何の意味もありません。

まずは、無理なく続けられる範囲で目標を設定しましょう。

報酬・ご褒美を作る

運動をすることだけを目標にすると長続きしません。

運動後に報酬やご褒美を設定しておくと、モチベーションを維持しやすくなります。

運動の後に、楽しいことや好きなことをやる時間を設けましょう。

食べ物でもゲームでもなんでも構いません。

運動後にあまり時間が空くと、報酬効果が薄れますので、運動のすぐ後にできるものがおすすめです。

毎日行うことに運動をプラスする

毎日必ず行っている行動に、運動を足してみると効果的です。

必ず見るテレビ番組があるなら、CM中にエクササイズを行ったり、歯磨きが終わったら、必ず少しだけ運動をして洗面所を後にするなど、すでに習慣化しているものと組み合わせてみると良いでしょう。

通勤時に一駅分歩く、一定区間を自転車通勤に切り替える、などの工夫も、運動を無理なく習慣に組み込むことができます。

ずっとやっているうちに、運動も生活の一部になってしまえば、無理なく運動を続けることができます。

記録をつける

人間は達成感を感じないと、モチベーションを維持するのが難しくなります。

たとえ小さくても達成感を積み重ねていけば、よりやる気が出て、行動を起こしやすくなります。

なので、運動をするたびに、目に見える形で記録をとっていきましょう。

筋トレだったら、腕立て○回、腹筋○回、スクワット○回、ジョギングだったら、今日は○km走った、昨日は○km走った、と、できる限り具体的に記録しましょう。

記録に残すことで、「こんなに続いてる!」「こんなにやったのか!」と自分の成果をより確認しやすくなります。

精神科医が教える運動を続けるコツ

「筋トレを続ける技術」自宅で気軽に体脂肪燃焼! [ 森俊憲 ]

 

まとめ

人間は意志の弱い生き物です。

普段やらないことを続けようと思っても、モチベーションを維持することはなかなか容易ではありません。

なので、運動を習慣化する場合、”運動をしたくなるよう”に仕向けていく工夫が必要です。

ぜひ、運動を日々の生活に取り入れ、健康維持に役立てていきましょう。

【関連記事】

握力&腕力強化の方法【雑巾絞り・ペットボトル・グリップ】

スポンサーリンク

関連記事

ストレスはお菓子で解消できる?

ストレスはお菓子で解消できる?依存や中毒のリスクと正しい活用法

ストレスが溜まった時の解消法として、お菓子を食べる人は結構多いと思います。実際、甘いものはストレス解

記事を読む

三半規管を鍛える・強くする方法|乗り物酔いを起こりにくくするには

目まいや乗り物酔いをよく起こす人は、三半規管が弱い可能性があります。乗り物酔いは、脳が目から入る情報

記事を読む

ため息の原因とメリット&デメリット

ため息の原因とメリット&デメリット|意外な健康効果と周囲への影響

あなたは「ため息」と聞いて、どんなイメージを抱きますか?何かとストレスの多い現代社会では、"つい、た

記事を読む

テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊される

テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊される!?【初耳学】

6月19日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊

記事を読む

交感神経を鎮める方法

交感神経を鎮める方法|ストレスによる自律神経の衰えを改善するには

ふだん我々の身体をコントロールしている自律神経のうち、主に活動的な部分を担っているのが交感神経です。

記事を読む

バランス感覚の鍛え方|自己診断の方法と体幹トレーニングの重要性

バランス感覚が年齢とともに衰えるということを、皆さんは知っていますか?例えば電車やバスに乗った時に、

記事を読む

足を組む

足を組んで座ると顔がでかくなる?足を組むことで生じる歪みとは

5月15日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、「足を組んで座ると顔がデカくなる」という内容

記事を読む

タウリン 3000mg 効果

タウリン3000mgは効果が高いのか?栄養ドリンク活用のポイント

疲れた時に栄養ドリンクを飲む方は多いと思いますが、「タウリン3000mg」などの表示をどの程度気にし

記事を読む

寝るとき 扇風機

寝るときに扇風機をつけっぱなしにすると悪影響?正しい配置と使い方

夏になって気温が上昇してくると、夜の寝苦しさに悩まされることが多くなってきますよね。少しでも涼しく寝

記事を読む

思考力の低下を防ぐには?疲れやストレスによる脳の疲労を改善する

最近物覚えが悪くなった、話をうまくまとめられない、要領が悪くなった・・・ということはありませんか?そ

記事を読む

PAGE TOP ↑