*

運動を習慣化する方法・コツ|無理なく継続させるための秘訣とは

公開日: : 最終更新日:2017/07/02 健康・身体

運動 習慣化

ダイエットをしたいけど、運動するのは億劫‥‥

運動不足を解消したいけど、三日坊主で続かない‥‥

運動が身体に良いことなのは知っていても、なかなかそれを習慣化するのは難しいですよね。

無理なく運動を続けるためには、何に気をつければいいのか。

運動を習慣化するコツについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク



わかっていてもなかなか続かない

米国のあるアンケートで、「あなたが身につけたいと思っている習慣は?」という質問に、第一位が”運動”、第二位が”読書”だったという結果があります。

運動は、重要性が分かっていても、なかなか続けられないものの筆頭というわけですね。

運動が習慣になっている人の割合は、およそ2割~4割といったところで、高齢者(60代以上)のほうが、習慣化している人が多いようです。

逆に、30代は習慣化している割合が低く、男女ともに15%に満たないというデータがあります。

参考
京都市 糖尿病・生活習慣病 かぎもとクリニック 広報誌-オリーブ

主に続けられない理由としては、「面倒」「疲れる」「苦痛」「場所がない」「時間がない」あたりが多いと思われます。

30日で人生を変える「続ける」習慣 [ 古川武士 ]

 

習慣化するためのコツ

習慣化するためのコツ

運動を習慣化するためには、いくつかのコツがあります。

目標設定ややり方を工夫することで、モチベーション向上や、無理なく運動を行える環境を整えることができます。

最初の目標は低く

運動を始めるのが面倒になる大きな理由として、いきなり高い目標を設定してしまっていることが挙げられます。

エクササイズの回数や、ジョギングの距離などでも、いきなり高い目標を設定してしまうと、挫折する可能性が飛躍的に上がります。

最初に設定する目標は、「物足りない」と感じる程度で十分です。

たった5分、10分程度であっても、それを積み重ねていくことが大事です。

ダイエットや筋トレでも「このぐらいの回数でないと効果がない」と言われると、ついそれを守ってしまいがちですが、そもそも、続かなくては何の意味もありません。

まずは、無理なく続けられる範囲で目標を設定しましょう。

報酬・ご褒美を作る

運動をすることだけを目標にすると長続きしません。

運動後に報酬やご褒美を設定しておくと、モチベーションを維持しやすくなります。

運動の後に、楽しいことや好きなことをやる時間を設けましょう。

食べ物でもゲームでもなんでも構いません。

運動後にあまり時間が空くと、報酬効果が薄れますので、運動のすぐ後にできるものがおすすめです。

毎日行うことに運動をプラスする

毎日必ず行っている行動に、運動を足してみると効果的です。

必ず見るテレビ番組があるなら、CM中にエクササイズを行ったり、歯磨きが終わったら、必ず少しだけ運動をして洗面所を後にするなど、すでに習慣化しているものと組み合わせてみると良いでしょう。

通勤時に一駅分歩く、一定区間を自転車通勤に切り替える、などの工夫も、運動を無理なく習慣に組み込むことができます。

ずっとやっているうちに、運動も生活の一部になってしまえば、無理なく運動を続けることができます。

記録をつける

人間は達成感を感じないと、モチベーションを維持するのが難しくなります。

たとえ小さくても達成感を積み重ねていけば、よりやる気が出て、行動を起こしやすくなります。

なので、運動をするたびに、目に見える形で記録をとっていきましょう。

筋トレだったら、腕立て○回、腹筋○回、スクワット○回、ジョギングだったら、今日は○km走った、昨日は○km走った、と、できる限り具体的に記録しましょう。

記録に残すことで、「こんなに続いてる!」「こんなにやったのか!」と自分の成果をより確認しやすくなります。

精神科医が教える運動を続けるコツ

「筋トレを続ける技術」自宅で気軽に体脂肪燃焼! [ 森俊憲 ]

 

まとめ

人間は意志の弱い生き物です。

普段やらないことを続けようと思っても、モチベーションを維持することはなかなか容易ではありません。

なので、運動を習慣化する場合、”運動をしたくなるよう”に仕向けていく工夫が必要です。

ぜひ、運動を日々の生活に取り入れ、健康維持に役立てていきましょう。

【関連記事】

握力&腕力強化の方法【雑巾絞り・ペットボトル・グリップ】

スポンサーリンク

関連記事

デジャブ デジャヴ 原因

デジャブの原因は何なのか?既視感の理由は記憶のメカニズムにある?

なんかこの光景、前に見たような?あれ?これって前にも経験したような気がする‥‥日常生活で稀に起こる現

記事を読む

1日の塩分摂取量の目安・基準とは?食品ごとの塩分量と減らす工夫

日本人に最も多い成人病は高血圧です。高血圧になると脳卒中、心臓病、腎臓病になるリスクが高まるので、出

記事を読む

テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊される

テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊される!?【初耳学】

6月19日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊

記事を読む

ため息の原因とメリット&デメリット

ため息の原因とメリット&デメリット|意外な健康効果と周囲への影響

あなたは「ため息」と聞いて、どんなイメージを抱きますか?何かとストレスの多い現代社会では、"つい、た

記事を読む

白い血と食後高脂血症

白い血と食後高脂血症|健康診断では見抜きにくい動脈硬化の原因

最近、健康診断でも見抜くことが困難な食後高脂血症という症状が注目されています。健康診断で行う血液検査

記事を読む

自律神経 整える

【金スマ】自律神経の乱れを整える方法・現代病やストレスの軽減【4月22日】

4月22日に放送された「金スマ」の中で、自律神経が体に及ぼす影響と、自律神経の整え方が取り上げられて

記事を読む

ストレスでえづく原因と対処法

ストレスでえづく原因と対処法|吐き気は不安感やトラウマが引き金

強い不安に襲われた時や過度な緊張をした際に、吐き気に襲われてえずいてしまった経験がある方もいるのでは

記事を読む

寝る時 電気 真っ暗

【ホンマでっかTV】寝る時は真っ暗派?少し明るく派?照明の影響とは【5月4日】

5月4日に放送された「ホンマでっか!?TV」の中で、寝る時は「真っ暗にする」or「少し明るくする」と

記事を読む

スマホ依存症の症状

スマホ依存症の治し方と症状|中毒度チェックと身体への悪影響

四六時中、スマートフォンを使って離さない。または手離すことができない。あなたはそんな症状に陥っていま

記事を読む

中途覚醒の対処法

中途覚醒の原因と対策|夜中に起きてしまう理由と対処法について

寝つきが悪いわけではないのに、夜中に何度も目が覚めてしまう。深い睡眠がとれなくて、日中はいつもぼーっ

記事を読む

PAGE TOP ↑