*

焼きみかんは美肌に効果がある?ダイエットにも良い食材かも

公開日: : 最終更新日:2017/02/12 食べ物・飲み物

tangerine-850432_640みなさんは、みかんを焼いて食べたことはありますか?

秋田県や宮崎県などでは一般的な「焼きみかん」ですが、関東などではなかなか馴染みが薄いと思います。

しかし、みかんを焼くことによって、美容や身体に良い栄養素を効率よく摂取することができるようになるのです。

スポンサードリンク



秘密はみかんの皮

なぜみかんを焼くと、美肌に効果があるのか?

その秘密はにあります。

みかんの栄養といったら、果肉を思い浮かべる方が多いと思いますが、実は皮にもかなりの量の栄養が含まれているのです。

みかんを焼くと、皮に含まれている栄養が果肉に移るため、そのまま食べるのに比べて、より濃縮したみかんの成分を摂取できるようになるのです。

漢方では、乾燥させたみかんの皮(陳皮)が用いられることがあり、みかんの皮が身体に良いということは昔からよく知られていたというわけですね。

また、みかんを焼くと甘みが増してより美味しくなるという効果もあります。

焼きみかんの効果

1.美容・美肌効果

焼きみかんにはビタミンCが多く含まれており、特に皮の部分には、果肉の3倍の含有量があります。

ビタミンCは抗酸化物質であり、免疫力の向上や美肌効果、若返り効果をもたらします。

実は身体だけでなく肌にも免疫機能があり、生活習慣などによって肌本来の持っている免疫力が低下することがあります。

肌の免疫力が低下すると、吹き出物やにきびなどの肌のトラブルの原因になるので、ビタミンCを摂取することによって肌の免疫機能を正常に戻すことができるのです。

また、丈夫な皮膚を生成したり、肌の張りを維持するのに必要なコラーゲンに対してもビタミンCは重要な働きをします。

ビタミンCにはコラーゲンの合成を補助する役割があり、コラーゲンを摂取した時にはビタミンCを一緒に摂取することで、コラーゲンの生成を高めてくれる効果があります。

なお、ビタミンCは熱に弱いという特性がありますが、みかんを焼いても皮に守られているおかげで果肉のビタミンCが失われることはないそうです。

他にも、みかんの皮には「βクリプキサンチン」という成分が含まれており、この成分には肌の老化を防ぐとともに肌の水分量を増やしてくれるという効果があり、うるおいのある肌を維持するのに役立ちます。

2.免疫力向上・がんの抑制

皮に含まれている「βクリプキサンチン」は強い抗酸化作用を持つ成分で、免疫力向上効果およびがんの抑制効果があると言われています。

他にも、骨粗しょう症を予防する効果や、糖尿病の進行を抑制する効果があるとも言われており、多くの健康効果がある栄養素として注目されています。

この「βクリプキサンチン」が大量に含まれている食品は、みかんの皮以外にはほとんどないそうです。

また、皮に含まれている「ナリンギン」という成分には、腸のぜん動運動を活発にして消化吸収を良くするほか、中枢神経を鎮静させることによる睡眠の質の向上、喉の炎症を抑える効果などがあります。

3.冷え性改善・ダイエット効果もある?

みかんは身体を冷やす食べ物だと言われていますが、焼くことにより身体を温める食べ物に変化します。

また、みかんに豊富に含まれているクエン酸には、余分な脂肪を燃焼させる効果があり身体に活力を与えます。

これらの効果により血流を改善し、冷え性やむくみの解消に効果があります。

また、食事前に食べれば満腹効果を得ることができるので、食べ過ぎを防止しながら脂肪燃焼作用や血流改善効果を得ることができ、ダイエットに効果的な食材と言えるでしょう。

4.リラックス効果

食べることとは直接関係しませんが、みかんを焼く時に出る香りにはリラックス効果があります。

香りの元は「リモネン」という精油成分で、神経を沈めてくれる効果があります。

>コクのある甘み・ 三ケ日みかん 1Kg【静岡県産】【特別栽培】【三ヶ日みかん】【蜜柑】【訳あり】

 

焼きみかんの作り方

方法1

フライパン、トースター、ストーブの上、コンロに金網を置くなど、お好きな方法で、みかんの表面に焦げ目が付くまで焼く。

※皮に含まれている精油成分のおかげで、非常に焦げやすいので注意しましょう。

方法2

水洗いしたミカンをひとつづつアルミホイルに包んで、オーブンで15~20分焼き上げる。
(中身がトロトロになり、皮ごと食べられる。)

※皮ごと食べると栄養的を余すことなく取ることができます。
皮を食べる場合は、必ず無農薬みかんを使いましょう。

方法3

焼きみかん用の耐熱陶器があるので、それを使うと簡単に焼きみかんを作ることができます。

中にみかんを入れて熱するだけで良いので、余計な手間をかけることなく手軽に食べられます。

>おばあちゃんの焼きみかん【萬古焼・万古焼】[焼きみかん・焼きりんご・焼き芋]

 

まとめ

みかんのポテンシャルをすべて引き出すためには、焼くと良いことがわかっていただけたと思います。

免疫力の向上やがんの抑制にも効果が期待できるので、健康な身体を作るうえでも焼きみかんは最適な食材と言えるでしょう。

みなさんも是非一度、焼きみかんを作って味わってみてくださいね。

【関連記事】

ココアの持つ健康効果とは?美容や認知能力、傷の治りにまで影響

スポンサードリンク

関連記事

スーパーフード

【世界一受けたい授業】『スーパーフード』ダルス・アマランサス・タイガーナッツ・ゴールデンベリー【5月7日】

5月7日に放送された「世界一受けたい授業」の中で、体を助けるスーパーフードについて取り上げられていま

記事を読む

gahag-0056261232

【この差って何ですか?】半身浴のお風呂の温度・熟成肉の差【11月22日】

11月22日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「半身浴をするときのお風呂の温度の差」「普通

記事を読む

もずく2

【主治医が見つかる診療所】尿酸値を下げるもずく酢レシピ

3月14日に放送された「主治医が見つかる診療所」は、「腎臓病と尿」がテーマであり、尿酸値を下げてくれ

記事を読む

笹かま

笹かまは温めたほうがおいしい?笹かまアレンジレシピも紹介

3月12日放送の「ジョブチューン」の中で、笹かまぼこの間違った食べ方は「そのまま食べることである」と

記事を読む

紫外線対策 日傘

【世界一受けたい授業】紫外線対策・隠れジミ減少・ビタミンD生成【5月7日】

5月7日に放送された「世界一受けたい授業」の中で、紫外線対策について取り上げられていました。これから

記事を読む

赤いきつね

【ジョブチューン】赤いきつねの炊き込みご飯レシピ&カールの新味【4月23日】

4月23日に放送された「ジョブチューン」の中で、東洋水産の「赤いきつね」と明治の「カール」が取り上げ

記事を読む

gatag-00012037

【この差って何ですか?】長生きしている人の食事の差【10月18日】

10月18日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「100歳以上 元気に長生きしている人」の食

記事を読む

food_kamu

【この差って何ですか?】噛む回数ダイエット・食パンの形【7月24日】

7月24日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「噛む回数のダイエット効果の差」「食パンの形状

記事を読む

20130218_oyster_0541_w800

【初耳学】美味しい料理の共通点・ラフランスの絶滅・牡蠣【10月23日】

10月23日に放送された「林先生が驚く初耳学!」では、「食の賢人スペシャル」として、料理に関する初耳

記事を読む

無水カフェイン

無水カフェインの副作用・摂取の注意点|過剰摂取や中毒を避けるには

栄養ドリンクなどの成分表に書かれている「無水カフェイン」。無水とついていますが、コーヒーなどに入って

記事を読む

PAGE TOP ↑