*

ため息の原因とメリット&デメリット|意外な健康効果と周囲への影響

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 健康・身体

p317

あなたは「ため息」と聞いて、どんなイメージを抱きますか?

何かとストレスの多い現代社会では、”つい、ため息をついてしまう”ということは、誰にでもあることだと思います。

しかし、「ため息をつくと幸せが逃げる」という言葉があるように、ため息には、どちらかというとマイナスのイメージがありますよね。

ため息をつくことは果たして良いことなのか、悪いことなのか?

なぜ人はストレスが溜まると、ため息をついてしまうのか?

人がため息をつく原因と、ため息をつくことでどんなメリット・デメリットがあるのか調べてみました。

スポンサーリンク



ため息が出る二つの原因

1.酸欠状態を改善しようとしている

忙しい状態や、緊張状態が長く続くと、人間の呼吸は浅くなります。

また、ストレス状態が続くと、どうしても下を向くことが多くなり、必然的に姿勢が悪くなってしまいます。

姿勢の悪化も、呼吸が浅くなることにつながります。

呼吸が浅いと、体は十分に酸素を取り入れることができません。

体のすみずみまで酸素を供給することができないと、酸欠状態に陥ります。

そして、酸欠状態に陥ると、体の中の疲労物質が増加してしまうのです。

ため息というのは、この酸欠状態を改善するための働きのひとつです。

浅くなった呼吸を深い呼吸に戻し、酸欠状態を改善するために、体はため息をつこうとするわけです。

2.自律神経のバランスを保とうとしている

自律神経のバランスは人間にとって、とても大事なものです。

自律神経には交感神経と副交感神経の二つがありますが、ストレスや心配事を抱えた人の自律神経は、どうしても交感神経優位に偏ってしまいがちです。

ストレスの多い現代社会では、交感神経優位の人が非常に多く、これが不眠症や体の不調の原因にもなっています。

通常、いったん優位になった交感神経は、放っておくと2時間は元に戻りません。

しかし、ため息にはこの偏りを解消してくれる効果があります。

浅くなった呼吸を深くすることで、交感神経の興奮を抑え、副交感神経がしっかり働くように促してくれます。

交感神経の優位が長期化する前にため息をつくことで、リセットをしようとしているわけです。

ため息をやめれば年収1億円への道が開ける [ 苫米地英人 ]

 

ため息をつくことによるメリット・デメリット

ため息をつくメリット

・緊張を緩和する
(肩の力が抜けて楽になる)
・ストレス発散ができる
(深く息をはくことで、脳と身体に新しい酸素を与えることができ、リラックス効果が期待できる)
・血行が促進される
(呼吸が深くなることで、血流がよくなる)
・自律神経のバランスが整う
(緊張やストレスで交感神経が働いて自律神経のバランスが崩れるが、
ため息をはくことで副交感神経が活発になり自律神経のバランスが整う)

ため息をつくデメリット

・ため息を長くだし続けると鬱状態になる?
(ため息は「鬱病の初期サイン」と言われている、あまり多い場合は要注意)
・周りの人を不快にすることがある
(人間関係にも影響するので、ため息のつき方、つく場所には注意)

ため息には実はプラス効果が多い

意外にも、ため息をつくという行為には、緊張緩和、ストレス発散、血行促進、神経バランスの回復、と、様々なメリットがあるのです。

先に述べたように、ストレスや緊張をほぐすために、体はため息をつこうとします。

体の不調に対する、一種の防衛反応ということですね。

世間的にはマイナスイメージが強いのですが、身体的には、ため息をついたほうがプラスになるということです。

裏を返せば、ため息をつきたくなるということは、身体が休息を求めている、ということになります。

無意識にため息ばかりついてしまう方は、ストレスを溜め込んでいないか、きちんと休息できているか、一度振り返ってみたほうがいいかもしれません。

ため息は周りへの配慮が最重要

61f6d29013a5b6aee384f6531a9532bf_m-800x450
ため息には色々なプラス効果があることがわかりました。

しかし、時や場所をわきまえずにため息ばかりついていたら、今度は周りの人が多大なストレスを受けてしまいます。

また、ため息のつき方もいろいろで、仕事が一段落した時に「ふぅ‥」という程度ならまだいいのですが、「はぁ~あ!」などという、聞き方によっては当て付けや嫌味に聞こえたりするタイプのため息は特にNGです。

そんなつもりはなくても、場の雰囲気を悪くするばかりか、周りの人に「機嫌が悪いのか?」「実は怒ってる?」といったあらぬ誤解を与えてしまいます。

どうしてもため息をつきたい場合は、人のいない場所(トイレの個室等)に移動するなどの配慮が必要でしょう。

ため息がよく出るという方は、それが周囲の人に迷惑をかけていないか、一度よく振り返ってみたほうがいいかもしれませんね。

ギャバ 配合 サプリメント 噛めばすぐリフレッシュ♪飲めば続く爽快〓【リフレッシュサプリGABA Ca】.〓200mgx90粒x3個(3個セット・3ヶ月分)◆◆送料無料◆◆ogaland supplement オーガランド カルシウム サプリ 人気に訳あり 20P05Nov16

 

まとめ

ため息は、ストレスからくる身体の不調を元に戻そうとする働きです。

あまりため息ばかりついている場合、たとえ疲れている自覚がなかったとしても、身体は休息をとるよう警告を発しているということです。

ため息はつき方によって、毒にも薬にもなります。

「いったい自分は何に対して、ため息をついているのか?」

その原因を見つけ出して、対処することが大切です。

周囲への配慮を忘れずに、うまくコントロールしていきましょう。

【関連記事】

思考力の低下を防ぐには?疲れやストレスによる脳の疲労を改善する

スポンサーリンク

関連記事

仮眠から起きれない場合の対策|二度寝・寝過ごしを防止するには

勉強しているときや仕事の最中など、どうしても眠気に耐えられないということはよくありますよね。作業がは

記事を読む

既視感・デジャブ(デジャヴ)が起こる原因は何なのか?

なんかこの光景、前に見たような?あれ?これって前にも経験したような気がする‥‥日常生活で稀に起こる現

記事を読む

タウリン3000mgは効果が高いのか?栄養ドリンク活用のポイント

疲れた時に栄養ドリンクを飲む方は多いと思いますが、「タウリン3000mg」などの表示をどの程度気にし

記事を読む

握力&腕力強化の方法【雑巾絞り・ペットボトル・グリップ】

「最近、ペットボトルの蓋が開けにくくなった」なんてことはありませんか?それは前腕の筋力が、低下してい

記事を読む

1日の塩分摂取量の目安・基準とは?食品ごとの塩分量と減らす工夫

日本人に最も多い成人病は高血圧です。高血圧になると脳卒中、心臓病、腎臓病になるリスクが高まるので、出

記事を読む

運動を習慣化する方法・コツ|無理なく継続させるための秘訣とは

ダイエットをしたいけど、運動するのは億劫‥‥運動不足を解消したいけど、三日坊主で続かない‥‥運動が身

記事を読む

寝るときに加湿器はつけるべき?|就寝時の乾燥対策と使い方の注意

寒い時期になってくると、やはり気になるのは「部屋の乾燥」です。暖房をつけるとどうしても部屋が乾燥して

記事を読む

【金スマ】自律神経の乱れを整える方法・現代病やストレスの軽減【4月22日】

4月22日に放送された「金スマ」の中で、自律神経が体に及ぼす影響と、自律神経の整え方が取り上げられて

記事を読む

バランス感覚の鍛え方|自己診断の方法と体幹トレーニングの重要性

バランス感覚が年齢とともに衰えるということを、皆さんは知っていますか?例えば電車やバスに乗った時に、

記事を読む

長男長女は花粉症になりやすい体質?統計から判明した遺伝傾向とは

春も近づいてきて「そろそろ花粉症の季節か‥‥」と憂鬱になる方は多いと思います。花粉症に悩む人の数は年

記事を読む

PAGE TOP ↑