*

大洋塗料が生み出した”魔法のペン”マスキングカラーとは?

公開日: : 最終更新日:2016/11/15 科学・技術

マスキングカラー1
2月23日の「ガイアの夜明け」の中で、
大洋塗料が造りだしたマスキングカラーが取り上げられます。

赤字の現状を打破しようと、
町工場の持つ高い技術力を生かして生み出された
“魔法のペン”なんだそうです。

いったいどんな商品なのか、
詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク



大洋塗料ってどんな会社?

太洋塗料株式会社

太洋塗料 株式会社(たいようとりょう)

設立年:1951年8月
代表者:代表取締役 平本 光雄
資本金:4,950万円
従業員:21名
所在地:〒144-0033 東京都大田区東糀谷6-4-18
関連分野:特殊材料の加工 表面処理・塗装

“ISO14001″を2007年に取得、”大田区「優工場」認定”を2011年に取得。

平成23年「日射反射率60%を超えた濃色系遮熱塗料」を開発し、
“おおたECO推進賞”を受賞。

平成24年「ソーラーパネル用防汚塗料」を開発し、
大田区新製品・新技術コンクール“優秀賞”受賞。

「塗って、剥がせて、また貼れるマスキングカラー」が
平成25年グッドデザイン賞ベスト100に選ばれ、
平成26年iFデザインアワード賞、
平成27年大田区新製品・新技術コンクール”最優秀賞”を受賞。

はがせる塗料「マスキングカラー」

マスキングカラー2出典:MASKING COLOR

マスキングカラーは、“描いて剥がせてまた貼れる”という、
いままでになかった革新的な塗料です。

マスキングカラーの元となった「水系ストリッパブル」
と呼ばれる剥離性塗料は、
もともと工業製品の表面保護等に使われていたものでした。

工程の最中で塗っておけば、
ユーザーの手元に届くまで表面を傷から守り、
難なく剥がすことのできるという便利な塗料です。

製造元の大洋塗料は、なんとかこの商品を生かせないかと考え、
東京ビジネスデザインアワードに参加し、
デザイナーからアイデアを募ったそうです。

この塗料は、アワード内ではデザイナーから高い注目を浴び、
非常に多くの応募が集まりました。

その応募の中にあったのが、
デザイナー小関隆一氏が提案する「マスキングカラー」でした。

ストリッパブル塗料を扱いやすいようにボトルに詰め、
カラーバリエーションを持たせることで、
様々なところに描けるようにするという案は、
いままでにない発想であり、審査員の評価も上々。

2012年第一回東京ビジネスデザインアワードテーマ賞を受賞し、
受賞と同時に商品化に動き出しました。

テーマ賞の受賞から半年後には、
「インテリアライフスタイル」展にてデビューを果たし、
2013年8月には一般消費者向けの商品として、
ペンタイプ塗料「マスキングカラー」の発売にこぎつけます。



赤字経営からの再起

MASKING COLOR マスキングカラー ペンタイプ Sサイズ 38ml 透明色[窓ガラスなどにいろんな色でペイントできるカラーペン(太洋塗料のペン) 乾くとはがせる水性塗料のカラー ペン]【ポイント1倍】【即納】

 

大洋塗料は、その高い技術力で新製品をいろいろと開発していましたが、
売れ行きが伸び悩み、赤字だったそうです。

しかし、前述のように新製品の特性を生かすことのできる
デザイナーと組むことで、
より便利で大衆向けの新商品を生み出すことに成功します。

本来、マスキング塗料は一般消費者に向く商品ではありませんが、
ボトルに入れて使いやすくしたことと、
カラーバリエーションを持たせたことで、
用途が一気に広がり、一躍人気商品に躍り出ました。

マスキングカラーは日本だけにとどまらず、
フランス・パリなど外国の展示会にも出展し、
徐々に販路を広げているようです。



まとめ

塗料というと、なかなかものづくりの現場以外で
使うイメージが浮かばないのですが、
それをここまで一般消費者向けに昇華させたのですから、
素晴らしい発想の転換だと思います。

日本の町工場には、眠らせておくのがもったいない技術が
まだまだたくさんあると思います。

こうして、新たなビジネスチャンスを生かせる会社が
たくさん出てくるといいですね。

スポンサードリンク

関連記事

fuji-mountain-720679_640

富士山の高さの基準はどこ?漢字の書き順に正解は?【初耳学】

3月6日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、『富士山の高さを測る基準であるゼロメートルはど

記事を読む

養老孟司 虫御殿2

養老孟司の別荘”虫御殿”とは?大好きな昆虫採集の集大成

2月24日の「探検バクモン」では、養老孟司さんの別荘である通称"虫御殿"が登場します。養老さんは大の

記事を読む

新月

11億円のストラディバリウスは新月に切られた木材が使われている?

5月22日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、11億円もするバイオリン「ストラディバリウス

記事を読む

消える金属

『文字が消える金属』新潟県燕三条の金型職人の技術力とは?

5月8日に放送される「世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース」の中で、不思議な消

記事を読む

ブナ

青森の企業「ブナコ」、独自製法で作るブナのランプや木工品

3月15日に放送される「所さんのニッポンの出番!」の中で、青森の木工品メーカー「BUNACO(ブナコ

記事を読む

www-1216175_640

UPQ社長「中澤優子」、一人で家電メーカーを作った行動力と手腕

3月8日に放送される「ガイアの夜明け」では、たった一人で家電ベンチャー企業を立ち上げたという、UPQ

記事を読む

鉛筆削り

大阪発、つなげてつかうためのエコ鉛筆削り「TSUNAGO」とは?

3月15日に放送される「所さんのニッポンの出番!」の中で、大阪にある鉛筆削りのメーカー、中島重久堂(

記事を読む

warmerwarmer

warmerwarmer高橋一也の『伝統野菜(古来種野菜)』へのこだわりとは

5月10日に放送される「ガイアの夜明け」の中で、絶滅の危機に瀕した伝統野菜の普及に取り組んでいる方が

記事を読む

カブトガニ

カブトガニの青い血液が人類を守る!生きた化石の医療への貢献

4月30日に放送される「地球ドラマチック」の中で、生きた化石とも呼ばれるカブトガニが取り上げられるよ

記事を読む

船の底 赤

船の底の色が赤い理由は何?塗料の亜酸化銅の重要性【初耳学】

3月13日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、藤原竜也さんが船の底の色に関する問題を出され

記事を読む

PAGE TOP ↑