*

大阪発、つなげてつかうためのエコ鉛筆削り「TSUNAGO」とは?

公開日: : 最終更新日:2016/11/14 科学・技術

鉛筆削り
3月15日に放送される「所さんのニッポンの出番!」の中で、大阪にある鉛筆削りのメーカー、中島重久堂(なかじまじゅうきゅうどう)が取り上げられるようです。

鉛筆削りメーカーというのも珍しいですが、中島重久堂では「つなげてつかう」というコンセプトの元、究極のエコ鉛筆削りを製作しているのだそうです。

いったいどういう商品なのか、探ってみたいと思います。

スポンサードリンク



鉛筆削りに特化した日本企業

大阪にある中島重久堂は、日本唯一のプラスチック小型鉛筆削り専門メーカーです。

創業は昭和8年で、最初はペン軸や煙草パイプを製造していましたが、昭和50年からは鉛筆削り専門となり、昭和56年より株式会社化しています。

代表取締役は3代目となる中島潤也氏。

3代にわって追求してきたのは「もっと鉛筆を削りやすく、日本刀の様な切れ味」、従業員達とともに「自分たちの子供や孫に恥じることの無い商品を作りたい」という理念の元、鉛筆削りを作り続けています。

中島重久堂の作る商品は、国内シェアの8割を占めており、通常の鉛筆削りだけでなく、色鉛筆・チャコペンシル・クレヨンなどに対応したものから、鋭角削り用やコンパス用など、様々な種類の鉛筆削りを製作しています。

2012年には『大阪ものづくり優良企業賞』を受賞し、さらには日本貿易振興機構の日本製品輸出促進企業として認定されています。

最近では、鉛筆削りという昔ながらの商品が外国人にも評価されているようで、鉛筆削りに関連した外国向けのアンティーク商品も製作しているようです。

鉛筆削り一本というのはかなり凄いことですよね‥‥

80年以上も徹底的に品質を追求しているという、実に日本らしい企業だと思います。まさに職人。

鉛筆をエコに使う

誰でも子供のころに鉛筆を使ったことがあると思いますが、鉛筆を最後まで使い切るのって至難の業ですよね。

私も短くなった鉛筆を持ちやすいように筒にさしてよく使っていましたが、それでも最終的には使い切れずに捨てていました。

中島重久堂では、そんな鉛筆を最後まで使えるようにする「究極のエコ鉛筆削り」を開発したのだそうです。

エコ鉛筆削り「TSUNAGO」

中島重久堂が開発した「TSUNAGO」は、鉛筆同士を繋ぐことのできる鉛筆削り。

TSUNAGO
出典:My Cloud トピックス

短くなった鉛筆の後ろ側に穴を空け、もう1本の鉛筆の頭を削り、差し込むことができるように形を整えてくれる鉛筆削りなのです。

鉛筆同士はボンドでくっつける必要があるなど、少し手間のかかる部分はありますが、たとえ短くなっても別の鉛筆と繋いでいけば、ずっと捨てずに使い続けることができます。

削りやすさに特化した商品はたくさんあると思いますが、鉛筆を長く使い続けるために特化した商品は他に例がなく、かなり面白いコンセプトだと思います。



エコな商品でありながら、どことなく遊び心をくすぐられる設計が良かったのか、一時期は品切れを起こしていたようです。

絵描きさんなどの鉛筆を愛用している人には、特に喜ばれそうな商品ですよね。

削るのに結構力がいるようで、まだ改良の余地はありそうですが、こういうチャレンジ精神はぜひ続けていってほしいですね。

思いをつなぐ鉛筆削り TSUNAGO 中島重久堂 (つなご/ツナゴ/繋ご)

 



まとめ

鉛筆を長く使う工夫は数あれど、「くっつけて使う」という発想はありませんでした。

鉛筆削り一筋でやってきたメーカーだけに、鉛筆に対しての情熱は並々ならぬものがありますね。

日本のもったいない精神と職人気質、そして鉛筆への愛情を受け継ぎながら、これからもいい商品を生み出していただきたいですね。

関連記事:青森の企業「ブナコ」、独自製法で作るブナのランプや木工品

スポンサードリンク

関連記事

banana-325461_640

【ジパング】バナナが壊滅の危機?新パナマ病と日本への影響とは

2月6日に放送される「未来世紀ジパング」の中で、「バナナが壊滅の危機!?」という内容が取り上げられる

記事を読む

ブナ

青森の企業「ブナコ」、独自製法で作るブナのランプや木工品

3月15日に放送される「所さんのニッポンの出番!」の中で、青森の木工品メーカー「BUNACO(ブナコ

記事を読む

fuji-mountain-720679_640

富士山の高さの基準はどこ?漢字の書き順に正解は?【初耳学】

3月6日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、『富士山の高さを測る基準であるゼロメートルはど

記事を読む

cube-635353_640

サイコロの一番出やすい目とその理由 & 5万円するサイコロ

4月22日に放送される「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」の中で、「サイコロの一番出やす

記事を読む

warmerwarmer

warmerwarmer高橋一也の『伝統野菜(古来種野菜)』へのこだわりとは

5月10日に放送される「ガイアの夜明け」の中で、絶滅の危機に瀕した伝統野菜の普及に取り組んでいる方が

記事を読む

マスキングカラー1

大洋塗料が生み出した”魔法のペン”マスキングカラーとは?

2月23日の「ガイアの夜明け」の中で、大洋塗料が造りだしたマスキングカラーが取り上げられます。赤字の

記事を読む

再利用

国立競技場の廃材を再利用、ぴあ「米村修治」の挑戦とは?【ガイアの夜明け】

5月24日に放送される「ガイアの夜明け」の中で、歴史ある建造物の廃材を再利用するという「RE:MEM

記事を読む

www-1216175_640

UPQ社長「中澤優子」、一人で家電メーカーを作った行動力と手腕

3月8日に放送される「ガイアの夜明け」では、たった一人で家電ベンチャー企業を立ち上げたという、UPQ

記事を読む

養老孟司 虫御殿2

養老孟司の別荘”虫御殿”とは?大好きな昆虫採集の集大成

2月24日の「探検バクモン」では、養老孟司さんの別荘である通称"虫御殿"が登場します。養老さんは大の

記事を読む

カブトガニ

カブトガニの青い血液が人類を守る!生きた化石の医療への貢献

4月30日に放送される「地球ドラマチック」の中で、生きた化石とも呼ばれるカブトガニが取り上げられるよ

記事を読む

PAGE TOP ↑