*

こたつで寝るのは危険?風邪をひく以外にも命に関わる恐れあり

公開日: : 最終更新日:2016/11/19 健康・身体

6e9b8831e24fa2575360848ab75d2f12_5681
寒い季節がやってくると、恋しくなってくるのがこたつですね。

暖房器具の中でも、こたつは日本人にとって非常に馴染み深いですし、こたつの中でついウトウトとうたた寝をするのは、なんとも気持ちのいいものです。

一旦こたつに入ったらなかなか出られなくなって、冬の間中、ずっと「こたつむり」になってしまう人は結構多いと思います。

しかし、実は「こたつで寝る」という行為には、いろいろとリスクがあることを知っていますか?

中には命に関わる危険もありますので、どんな危険が潜んでいるのか、ぜひ知っておきましょう。

スポンサードリンク



「こたつ寝」が引き起こす症状(危険度:小)

腰痛・疲れ・痛み

こたつで寝ると、背中や関節が痛くなったり、腰痛を引き起こしたりすることがあります。

スペースが狭く、満足に寝返りがうちにくいですし、敷きマットが薄い、床が硬い、などの理由で、どうしても、腰への負担が大きくなりがちです。

こたつで寝るということは、知らず知らずのうちに、様々な部位に負担をかけている、ということを忘れないようにしましょう。

不眠

人間の身体は、寝ている間は熱を放出し、体温を下げます。

放出した熱は布団の中に残り、自分の体温は低下、相対的にとても暖かく感じるというわけです。

たとえ寝る時に寒くても、朝起きた時には布団の中が暖かくなっているのはこの働きのおかげです。

これが通常の人間のメカニズムであり、人間は常にこの状態に慣れています。

しかし、こたつの中で寝ると、周囲の温度が体温より高いため、睡眠のリズムに狂いが生じてしまいます。

寝るのに適した環境ではないことも相まって、結果的に睡眠の質が下がることになってしまうのです。

こたつで寝るのは気持ちいいのですが、実はぐっすり寝られているわけではない、ということですね。

便秘

こたつに長時間入っていると、発汗により、体内の水分が徐々に失われていきます。

腸内の便も水分を失うこととなり、結果的に便秘を招くことになります。

「冬場にだけ便秘になる」という方は、もしかしたら、こたつが原因かもしれません。

こたつに入る前は、多めの水分補給を心がけましょう。

ポカリスエット 250ml×24本【楽天24】【ケース販売】[ポカリスエット スポーツドリンク(飲料タイプ) 熱中症対策]

 

「こたつ寝」が引き起こす症状(危険度:中)

風邪をひく

昔から「こたつで寝ると風邪をひく」とよく言われますが、これは迷信などではありません。

こたつに長時間入っていると、下半身は暖かいものの上半身は冷たいまま、というギャップが生じます。

人間の身体は休息時には副交感神経が優位となり、体温保持のため、汗の量が自然と少なくなるはずですが、こたつに入ったまま寝てしまった場合、下半身が暖められているせいで、体温調節がうまくいかず、不必要な量の汗をかいてしまいます。

眠った状態で汗を多めにかくことにより、体温が奪われたうえに、鼻や口の粘膜が乾燥し、ウイルスが体内に侵入しやすくなってしまうのです。

「こたつ寝」が引き起こす症状(危険度:大)

脱水症状

冬の寒い時期、人はあまり汗をかいていないように思えますが、実は、人間の身体は水分を皮膚などから常に放出しています。

体温が上昇すると、水分放出量もそれにともなって増えていきます。

人間は一晩の睡眠の間に、およそ500mlの水分を失いますが、こたつで寝てしまった場合、体温が上昇したままになってしまうため、布団で寝た場合に比べて、急速に水分が失われていきます。

脱水状態に陥ると、倦怠感・眠気を感じ、そのまま放置すると、非常に危険です。

もしどうしてもこたつで寝る場合は、「スイッチを切ってから寝る」「寝る前に多めに水分補給をする」この2つを心がけましょう。

低温やけど

暖かいと感じる程度の温度でも、長時間にわたり接触していると、低温やけどを引き起こします。

たとえ軽いやけどに見えても、皮膚組織が思わぬダメージを受けている場合もあり、ひどい場合は皮膚移植が必要になったりするケースもあります。

重大な事故につながらないように、タイマーを使用する、眠い場合はあらかじめスイッチを切る、などの工夫が必要です。

そして、もし低温やけどをしてしまったら、決して軽く考えず早めに医療機関を受診するようにしましょう。

脳梗塞・心筋梗塞

こたつによって体温が上昇し、体から水分が失われると、血液中の水分も失われることになり、血液がドロドロになります。

血液の粘性が低下することで、血栓ができやすくなります。

血栓が脳にいけば脳梗塞、心臓にいけば心筋梗塞、肺の血管にいけば肺塞栓症の引き金となります。

熱中症、脱水症に役立つ経口補水療法ハンドブック改訂版 [ 谷口英喜 ]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人を惹きつけてやまない魔力を持つこたつですが、我々が思っている以上に、様々なリスクが潜んでいます。

一度入ってしまうと、ぽかぽか気分でつい眠ってしまいがちですが、軽く考えていると、思わぬ事故に繋がるので、注意が必要です。

リスクを十分に理解し、楽しいこたつライフを送りましょう。

スポンサードリンク

関連記事

l_240

ピロリ菌の感染経路や感染ルートとは?感染率を上げないための注意点

日本人の2人に1人は感染していると言われている「ピロリ菌」。胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍の8割~9割

記事を読む

温州みかん

【直撃LIVE グッディ!】温州みかんの糖尿病予防効果とは【3月25日】

3月25日に放送された「直撃LIVE グッディ!」の中で、温州みかんが糖尿病予防に効果があるという話

記事を読む

jogingu

【この差って何ですか?】ジョギングは朝と夜のどちらが良い?他【7月17日】

7月17日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「朝ジョギングと夜ジョギングのダイエット効果の

記事を読む

3483

【ハナタカ優越館】湿布と紫外線・正確な体温の測り方他【10月13日】

10月13日に放送された「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」の中で、

記事を読む

gi01a201407200400

チーズは食べるだけで虫歯を予防してくれる?予防に良い食べ方とは

9月11日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、「チーズは食べるだけで虫歯を予防する」という

記事を読む

gahag-0056261232

【この差って何ですか?】半身浴のお風呂の温度・熟成肉の差【11月22日】

11月22日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「半身浴をするときのお風呂の温度の差」「普通

記事を読む

gatag-00006196

【ソレダメ】運動後の風呂、入浴・疲れ目の疲労回復【9月21日】

9月21日に放送された「ソレダメ!あなたの常識は非常識!?」の中で、疲労回復に関するソレダメ知識につ

記事を読む

nebusoku

寝つきが悪い時の対策|入眠を妨げる原因となる習慣とその対処法

寝つきが悪くて、布団の中で悶々とした経験はありませんか?疲れているはずなのに、なかなか眠れないのは、

記事を読む

d0094245_14462948

1日の塩分摂取量の目安・基準とは?食品ごとの塩分量と減らす工夫

日本人に最も多い成人病は高血圧です。高血圧になると脳卒中、心臓病、腎臓病になるリスクが高まるので、出

記事を読む

nemurenai

中途覚醒への対策とは?夜中に起きてしまう原因と改善する方法

寝つきが悪いわけではないのに、夜中に何度も目が覚めてしまう。深い睡眠がとれなくて、日中はいつもぼーっ

記事を読む

PAGE TOP ↑