*

青森の企業「ブナコ」、独自製法で作るブナのランプや木工品

公開日: : 最終更新日:2016/11/15 科学・技術

ブナ
3月15日に放送される「所さんのニッポンの出番!」の中で、青森の木工品メーカー「BUNACO(ブナコ)」が取り上げられるようです。

日本一の蓄積量を誇る青森県のブナの木を、独自の製法で加工し、照明やスピーカー、皿などを製作している企業です。

いったいどんな技術を持っている企業なのか、探ってみたいと思います。

スポンサードリンク



独自製法でブナを活用する職人企業

世界自然遺産である「白神山地」には広大なブナ林が存在し、そのおかげで青森県はブナの蓄積量日本一を誇ります。

しかし、ブナは水分を多く含む木であり、乾燥させてもこれといって使い道がなく、建築資材としてもあまり価値がないとされています。

そんなブナを有効利用するために開発された技術が「ブナコ」と呼ばれるもので、企業の名前にもなっています。

オリジナル製法「ブナコ」

ブナの原木をかつらむきの要領で約1mmの厚さにスライスし、それをテープやコイルのように巻いて重ねます。

隙間無く巻いてあるブナ板を、一層ずつずらしていくことで、様々な形状に変えていきます。

層をずらしていく工程では、なんと湯飲み茶碗が使用されます。

ブナコ
出典:BUNACO

ブナ板のずらし方を変えることで、底の浅いものから、筒状のものまで、千差万別にフォルムを変えていくという、とてもユニークな製法です。

この製法で作られたブナ製の木工品は、割れやゆがみがなく、海外などの気候の異なる場所でも使用することができるのだそうです。

コーティングにより耐水性にも優れ、従来に技術では作れなかった形状にも対応できるのだとか。

ひとつひとつ手作りで作るため、ハンドメイドとして様々な需要に対応し、特注品を作れるのも強みです。

湯飲みひとつで次々と繊細な形状を作るのですから、まさに職人技ですね。

送料無料! BUNACO Swing ( ブナコ スウィング ) ティッシュボックスケース 天然ブナ材 ティッシュケース・グッドデザイン賞受賞・IB-T911・T912・T916 。

 

ブナの不思議な灯り

そんな独自技術を持つブナコですが、1998年頃には売上が激減し、倒産の危機に瀕していました。

売れる商品を模索する中、社長の倉田さんがひらめいたのは、ブナコで作るランプでした。

ブナコ ランプ
出典:株式会社コロプラ

ブナの木材を透過した光は、他の木材に比べて赤っぽくなり、どことなく温かい光となる特性がありました。

「目に残像として残りにくく、癒し効果がある」として大人気となり、業績はV字回復したといいます。

ブナのランプは、高級ホテルや飲食店、ニューヨークやパリでも高い人気を誇り、高級インテリアとして独自の地位を築きつつあるそうです。

ブナコ BUNACO テーブルランプ BL-T652 送料無料

 

ブナ製スピーカー

最近では、ブナ材を使ったスピーカーも手がけているようです。

「ブナコでスピーカーを作ったら絶対いい音が出る!」と提言してくれた人がいたそうで、半信半疑で作ってみたところ、思っていたよりも音が良く、ブナの思わぬポテンシャルに驚いたそうです。

後方に向かって滑らかにすぼまっていく形状によって、音の響きがよくなり、内部の微妙な段差により音の雑味が取り除かれて、柔らかい音が作り出せるのだとか。

これはいける!と確信した社長は、専門家を含む7人の開発チームを発足。

デザインだけでなく、音の質などにも徹底的にこだわり、1年の開発期間を経て、ブナコスピーカー「Faggio (ファッジョ)」が完成したそうです。

ファッジョ出典:BUNACO スピーカー: Faggio (ファッジョ)

 

まとめ

使い道がないと言われても諦めず、こうやって活用できる技術を開発してしまうあたり、職人さんの情熱は凄いものがありますね。

社長の倉田さんは、ブナコに寄せられる様々な商品提案に対して、基本的にはノーと言わずに、どのようにすれば作れるか、とりあえず職人さんたちと試行錯誤してみるのだそうです。

そんなチャレンジ精神溢れる企業であるブナコ、これからも良い商品を作り続けてほしいですね。

関連記事:大阪発、つなげてつかうためのエコ鉛筆削り「TSUNAGO」とは?

スポンサードリンク

関連記事

www-1216175_640

UPQ社長「中澤優子」、一人で家電メーカーを作った行動力と手腕

3月8日に放送される「ガイアの夜明け」では、たった一人で家電ベンチャー企業を立ち上げたという、UPQ

記事を読む

マスキングカラー1

大洋塗料が生み出した”魔法のペン”マスキングカラーとは?

2月23日の「ガイアの夜明け」の中で、大洋塗料が造りだしたマスキングカラーが取り上げられます。赤字の

記事を読む

船の底 赤

船の底の色が赤い理由は何?塗料の亜酸化銅の重要性【初耳学】

3月13日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、藤原竜也さんが船の底の色に関する問題を出され

記事を読む

鉛筆削り

大阪発、つなげてつかうためのエコ鉛筆削り「TSUNAGO」とは?

3月15日に放送される「所さんのニッポンの出番!」の中で、大阪にある鉛筆削りのメーカー、中島重久堂(

記事を読む

消える金属

『文字が消える金属』新潟県燕三条の金型職人の技術力とは?

5月8日に放送される「世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース」の中で、不思議な消

記事を読む

新月

11億円のストラディバリウスは新月に切られた木材が使われている?

5月22日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、11億円もするバイオリン「ストラディバリウス

記事を読む

fuji-mountain-720679_640

富士山の高さの基準はどこ?漢字の書き順に正解は?【初耳学】

3月6日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、『富士山の高さを測る基準であるゼロメートルはど

記事を読む

再利用

国立競技場の廃材を再利用、ぴあ「米村修治」の挑戦とは?【ガイアの夜明け】

5月24日に放送される「ガイアの夜明け」の中で、歴史ある建造物の廃材を再利用するという「RE:MEM

記事を読む

養老孟司 虫御殿2

養老孟司の別荘”虫御殿”とは?大好きな昆虫採集の集大成

2月24日の「探検バクモン」では、養老孟司さんの別荘である通称"虫御殿"が登場します。養老さんは大の

記事を読む

カブトガニ

カブトガニの青い血液が人類を守る!生きた化石の医療への貢献

4月30日に放送される「地球ドラマチック」の中で、生きた化石とも呼ばれるカブトガニが取り上げられるよ

記事を読む

PAGE TOP ↑