*

【サタデープラス】酢しょうがの効果・作り方・レシピまとめ【3月19日】

公開日: : 最終更新日:2016/11/14 レシピ, 健康・身体, 食べ物・飲み物

酢しょうが
3月19日に放送された「サタデープラス」では、「酢しょうが」についての2回目の特集をやっていました。

以前の放送で反響のあった「酢しょうが」、食べるだけでさまざまな健康効果をもたらしてくれるそうなので、ぜひ一度試してみたいところです。

酢しょうがの効果や作り方、アレンジレシピなどを、備忘録としてまとめてみました。

スポンサードリンク



大反響のあった「酢しょうが」

2016年1月30日(土)の放送では、小堺一機さんが酢しょうが生活に挑戦し、たった10日間食べ続けただけで血管年齢が17歳も若返るという驚きの効果が出ていました。

これが放送されるとたちまち話題となり、放送翌週のクックパッドの検索ワードでは「酢しょうが」が1位になったそうです。

今回の放送では、関根勤さんとハイヒールモモコさんが「酢しょうが生活」に挑戦。

関根さんは、64歳だった血管年齢が18歳も若返ったほか、血圧が130→116、超悪玉コレステロールが48低下。

モモコさんは、64歳だった血管年齢が13歳若返ったほか、冷え性が改善したといいます。

酢しょうがの効果

①血圧を下げる
②血糖値を下げる
③肥満を防ぐ
④コレステロールや中性脂肪を減らす

生活習慣病の引き起こす4大危険因子と言われる、高血圧、脂質異常、高血糖、肥満、これらすべてに作用するのは、食品の中でも唯一「お酢」だけなんだそうです。

生姜には抗酸化作用があり、体の中の活性酸素を除去し、ガンや脳卒中を予防してくれる効果があります。

そんな酢と生姜を組み合わせることで、健康にとても良い調味料になるというわけですね。

酢しょうがの作り方

まずは基本となる酢しょうがの作り方。

材料

しょうが:100g
酢:100cc
ハチミツ:20g

作り方

①しょうがをままみじん切りにします。(皮がついたままが良い)

②切ったしょうがを保存容器に入れ、酢を入れます。

③ハチミツを入れます。

④1日冷蔵庫で漬ければ完成。

ワンポイント

・しょうがはすりおろしでもスライスでも効果は同じです。他の料理で使いやすい方法でどうぞ。フードプロセッサーを使うと楽です。

・使う酢の種類は、用途によって使い分けると良いです。胃腸が弱い方に向くのはペクチンの含まれたリンゴ酢、栄養効果が高いのは黒酢です。

・酢しょうがの保存期間は、冷蔵庫で1週間~10日ほどです。

臨醐山黒酢 900ml【楽天24】★税抜1880円以上送料無料★[内堀(うちぼり) 黒酢]

 

アレンジレシピ①
あさりの酢しょうがごはん

材料

米:2合
あさりのむき身:100g
酢しょうが:大さじ1杯
料理酒:大さじ1杯
薄口しょうゆ:大さじ1杯
刻みねぎ:お好み

作り方

①研いだお米を入れた炊飯器に、あさり、酢しょうが、酒、しょうゆを入れます。

②炊き上げます。

③出来上がったご飯を盛り付け、お好みでねぎを乗せれば完成。

アレンジレシピ②
酢しょうがぺペロンチーノ風

材料

パスタ:80g
オリーブオイル:20g
ベーコン:30g
しいたけ:2ヶ
酢しょうが:10g
せり:少々
酢しょうがの酢:50cc
水:30cc
おろし玉ネギ:80g
白味噌:10g
塩、胡椒:少々

作り方

①オリーブオイルで酢しょうがのしょうがだけを炒めます。

②しいたけ、ベーコンなどの具材を入れて炒めます。

③火が通ったら、酢しょうがの酢と水を入れて、少し煮詰めます。

④おろし玉ネギと白味噌を加えて、塩、胡椒で味を調えます。

⑤せりを加え、あえれば完成。

その他アレンジレシピ

しょうがを使った料理

しょうがを使った料理の場合、しょうがを酢しょうがに変えるだけなので楽チンです。

・サバの味噌煮
・豚の生姜焼き
・アジの南蛮漬けなど

いろいろなものにかけてみる

番組内ではいろいろな料理にかけたり、入れたりして食べていました。

・たまねぎサラダ
・味噌汁
・たこ焼き
・ギョーザ

酢モネード

酢しょうがで冷え性が改善されたという女優・森尾由美さん考案の方法。

酢しょうがにハチミツを加えて、お湯で割ったものを水筒に入れて、毎日飲んでいるのだそうです。

野菜の多くは熱を加えると栄養が損なわれることが多いのですが、生姜は熱を加えると逆に効果が増すという特徴を持っています。

生姜に含まれるジンゲロールは、熱を加えるほど体の温め効果がパワーアップするので、お湯で割るという方法は実に合理的なのだそうです。

美人アイス

ハイヒールモモコさん考案の方法。

アイスクリームに酢しょうがをのせて、黒蜜をかければ完成。

アイスと生姜のシャキシャキ感が意外にあうのだとか。

ちなみに「美人アイス」という名前の由来は、ビネガーのビと、ジンジャーのジンからとったネーミングだそうです。

残った酢+ヨーグルト

関根さん考案の方法。

酢しょうがを使っていると、生姜だけがなくなってしまい、余った酢の使い道に困る場合が多いのですが、そういう場合は、ヨーグルトにかけて食べると良いそうです。

酢とヨーグルトは食べ合わせが良く、同時にとることでカルシウムの吸収率がアップするのだそうです。

酢しょうがでやせる!元気になる! [ 庄司いずみ ]

 

まとめ

「酢しょうが」を毎日一定量食べるだけで、これだけの目に見える効果が表れるというのは、凄いことだと思います。

応用の幅がとても広く、自分の食べやすい方法を選択できるのも強みのひとつですよね。

冷え性の方などには特にうってつけの食材だと思いますので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。


【関連記事】

【金スマ】血管年齢若返りメソッド・ゾンビ体操&朝ジュースレシピ【6月3日】

蚊に刺されやすい人の特徴・原因は?血液型や体質との関係および対策

スポンサードリンク

関連記事

シーチキン

【ジョブチューン】シーチキンのにんじんしりしりレシピ&高級キットカット【4月23日】

4月23日に放送された「ジョブチューン」の中で、はごろもフーズの「シーチキン」とネスレの「キットカッ

記事を読む

no image

宍戸開が大腸ポリープ?番組史上最大らしいけど大丈夫?

2月8日の「主治医が見つかる診療所SP」の予告で、"番組史上最大の大腸ポリープが発見された"となって

記事を読む

hot-chocolate-1006463_1280

ココアの持つ健康効果とは?美容や認知能力、傷の治りにまで影響

ココアには健康にとても良い成分がたくさん含まれているのを知っていますか?ホッとする、リラックス効果が

記事を読む

温州みかん

【直撃LIVE グッディ!】温州みかんの糖尿病予防効果とは【3月25日】

3月25日に放送された「直撃LIVE グッディ!」の中で、温州みかんが糖尿病予防に効果があるという話

記事を読む

ホタルイカボンボン

【あさイチ】ホタルイカボンボンの作り方・他アレンジレシピ

3月17日に放送された「あさイチ」の中で、子供でも食べやすい料理としてホタルイカボンボンが取り上げら

記事を読む

gatag-00004724

【この差って何ですか?】飛蚊症になりやすい人・じゃんけん【8月7日】

8月7日に放送されたで「この差って何ですか?」の中で、「飛蚊症になりやすい人となりにくい人の差」「じ

記事を読む

a0011_000290

毎日コーヒーを飲むことは健康に良いのか?効能や飲み方の注意点

仕事や勉強などで疲れた時に、ちょっとコーヒーを飲むと頭がスッキリしませんか?毎日、コーヒーを飲んでい

記事を読む

冷蔵庫

【この差って何ですか?】チルド室・飛行機での耳の痛み・洗剤・冷えピタ【5月29日】

5月29日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「チルド室に入れたほうがいい食品」「飛行機で耳

記事を読む

building_ryoutei

【この差って何ですか?】料亭と割烹の差・汗の臭いの差【9月11日】

9月11日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「料亭と割烹の差」「汗が臭い人と臭くない人の差

記事を読む

008673

【この差って何ですか?】脇汗をかきやすい人・ファブリーズ【7月17日】

7月17日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「脇汗をかきやすい人とかきにくい人の差」「ファ

記事を読む

PAGE TOP ↑