*

【バイキング】味噌汁で健康&美容・効果&レシピまとめ【3月28日】

公開日: : 最終更新日:2016/11/13 健康・身体, 食べ物・飲み物

a0002_011673
3月28日放送の「バイキング」の中で、健康に良い味噌汁について特集されていました。

冷蔵庫の余り物を使って、栄養満点の味噌汁が作れる方法を特集していたので、役に立つ情報だと思います。

備忘録を兼ねて、情報をまとめてみました。

スポンサードリンク



味噌汁は長寿と関係あり?

番組内で味噌汁について詳しく教えてくれたのは、管理栄養士の足立香代子先生。

都道府県別の平均寿命は男女ともに1位が長野県なのですが、実は味噌の年間消費ランキングの1位も長野県なのです。

そのため、味噌汁と健康には相関関係があるのではないかと言われているようです。

決定版 栄養学の基本がまるごとわかる事典【電子書籍】[ 足立香代子 ]

 

健康味噌汁ベスト3

番組内で紹介されていた、冷蔵庫の余り物で作ることができる栄養満点レシピを3つご紹介いたします。

最強健康長寿味噌汁

作り方

①煮干しで出汁をとります。煮干しは捨てずにそのまま使います。

②ブロッコリーを加えます。

③にんじんジュースを加えます。出汁とにんじんジュースは1:1の割合で入れます。

④味噌をといて入れます。

⑤器によそった後、生卵を加えます。

⑥焼き海苔を入れて完成。

健康効果

煮干しはカルシウムを摂ることができるので、丈夫な骨を保つのに必要です。

ブロッコリーはビタミンCがレモンの約2倍も入っているほか、スルフォラファンというがん予防に良い成分も含まれています。

隠し味として入れるにんじんジュースには、強い抗酸化作用を持つβカロテンが含まれています。

生卵は必須アミノ酸が豊富に含まれ、免疫力を上げる効果があります。また、味をまろやかにしてくれるので、にんじんの甘さを中和することができます。

最後に入れる焼き海苔には、葉酸が多く含まれており、認知症予防に効果があります。

-5歳肌味噌汁

作り方

①沸騰したお湯に鰹節をひとつまみ入れて、出汁をとります。鰹節は捨てずにそのまま使います。

②トマト丸々1個に栄養が出やすいように十字に切り込みを入れ、鍋で皮ごと茹でます。

③オクラを輪切りにして加えます。

④白味噌を溶いて入れます。

⑤器によそった後、食べる直前に輪切りにしたレモンを加えて完成。

健康効果

鰹節には人体に必要な必須アミノ酸9種類がすべて含まれており、アミノ酸は肌の細胞を作る原料になるため、美肌に効果的です。

トマトにはリコピンが多く含まれており、高い抗酸化作用が期待できます。トマトは加熱することでリコピンの吸収力が約3倍アップします。

オクラには食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境の改善や、体や肌の若返り効果が期待できます。

白味噌は肌に良い大豆イソフラボンを多く含んでいるほか、赤味噌よりも塩分が少ないため、塩分の取り過ぎを抑えることができます。

レモンにはビタミンCが豊富に含まれているため、メラニン色素を抑制し、シミの改善や予防に役立ちます。レモンは加熱すると栄養が壊れてしまうので、食べる直前に入れましょう。

腸内デトックス味噌汁

作り方

①普通の味噌汁を作る際、出がらしになった茶葉を鍋に加えればOK。

健康効果

お茶の葉っぱにはカテキン入っていますが、煎じたお茶よりも出がらしの茶葉のほうがカテキンは多く残っています。

体のさびを防ぐ抗酸化作用が強いので、出がらしの茶葉を味噌汁に入れることで、手軽にカテキンを摂取することができます。

普段作っている味噌汁に茶葉を加えるだけなので、簡単に作ることができます。

活用できる余り物食材

上記以外で、味噌汁に入れて活用できる余り物食材と摂取できる栄養素をご紹介。

大根の葉っぱ:ビタミンC
魚のアラ:EPA DHA
サンマの骨:カルシウム
ゴボウの皮:食物繊維
エビの殻:アスタキサンチン

フリーズドライ アマノフーズ 味噌汁 いつものみそ汁 7種類35食セット 送料無料 詰め合わせ【あす楽対応】お中元 お歳暮

 

まとめ

塩分には気をつける必要がありますが、味噌汁はいろいろな具材を活用できて、栄養をとるにはうってつけだと思います。

特に今回のように余り物食材を活用すれば、捨てる部分も減らすことができるので一石二鳥ですね。

たくさんの栄養をとれるように、いろいろとアレンジを加えてみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

gatag-00010854

【ハナタカ優越館】野菜の保存方法・台所でのハナタカ知識【9月4日】

9月4日に放送された「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」の中で、「野

記事を読む

medicine-415397_640

目薬の正しい差し方とは?目薬の効果を最大限引き出すための使い方

スマホやパソコンを使うのが当たり前になった現代では、目薬が手放せないと言う人も多いと思います。ただ、

記事を読む

virus_zutsuu

【林修の今でしょ講座】夏の脳ダメージのアフターケア【8月30日】

8月30日に放送された「林修の今でしょ講座」の中で、夏に受けた脳のダメージについて取り上げられていま

記事を読む

lgf01a201408250400

野菜ジュースは野菜の代わりになるのか?栄養素や消化吸収の違い

忙しい朝は朝食の代わりに野菜ジュースを飲む、普段の食事で野菜が足りていないから野菜ジュースを飲む、忙

記事を読む

gatag-00007512

【この差って何ですか?】傷んだ髪と傷んでいない髪の見分け方・モンブラン【11月1日】

11月1日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「傷んだ髪と傷んでいない髪の見分け方」「黄色い

記事を読む

l_018

【ハナタカ優越館】風呂での眠気・寝る時の照明で太る?他【10月13日】

10月13日に放送された「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」の中で、

記事を読む

doctor-1149149_640

【ハナタカ優越館】保険証で職業がわかる・医師や看護師の服の色【10月13日】

10月13日に放送された「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」の中で、

記事を読む

anemone-1533515_640

【初耳学】「花が散る」の表現方法・歌舞伎にまつわる弁当の話

10月9日に放送された「林先生が驚く初耳学!」の中で、「花が散る表現方法」「歌舞伎にまつわる弁当の話

記事を読む

gatag-00000806

【この差って何ですか?】偏頭痛の原因・なりやすい人【10月18日】

10月18日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「片頭痛になりやすい人」と「なりにくい人」の

記事を読む

gatag-00000589

運動を習慣化する方法・コツ|無理なく継続させるための秘訣とは

ダイエットをしたいけど、運動するのは億劫‥‥運動不足を解消したいけど、三日坊主で続かない‥‥運動が身

記事を読む

PAGE TOP ↑