*

『ラヴソング』ストーリー・あらすじ・主題歌情報など

公開日: : テレビ番組

guitarist-1031087_640
フジテレビの月曜ドラマ「ラヴソング」が、2016年4月11日より放送されます。

主演は福山雅治さんで、連続ドラマの主演を務めるのは3年ぶりなんだそうです。

いったいどんなドラマなのか、情報を集めてみたいと思います。

スポンサードリンク



ドラマ「ラヴソング」の情報

放送局:フジテレビ

放送開始日:2016年4月11日(月)21:00スタート

脚本:倉光泰子

音楽:菅野祐悟

演出:西谷弘 平野眞

ストーリー・あらすじ

元プロミュージシャンの神代広平は、自身の才能の限界を感じて音楽の道を諦め、現在は企業カウンセラーの仕事をしている。

過去の恋愛の影響で、他人に心を開くことができず、40代になってもいまだ独身のままの神代。

持ち前のルックスを活かして女性の家を転々とする生活を送っていたが、この日も、そろそろ潮時とばかりに転がり込んでいた家の女性に別れを告げると、少ない荷物とギターケースを担いで出て行くことに。

神代は企業カウンセラーの仕事で、ある大型車販売店の整備工場に赴き、そこで人付き合いの苦手な女性、佐野さくらと出会う。

彼女は児童養護施設で育ったという過去を持っており、コンプレックスを抱えて孤独を背負って生きる姿は、どことなく神代と同じような雰囲気を持っていた。

仕事仲間とのコミュニケーション不足を理由に、企業カウンセラーである神代に診てもらうことになった佐野さくら。

ある時神代は、さくらが歌うことに対して天賦の才を持っていることに気がつく。

いまだ音楽への未練を捨てきれずにいた神代は、さくらとの出会いによって、再び音楽で自分を試したいと考えるようになっていく。

音楽を通してさくらと心を通わせ、神代は今一度ギタリストとして成功する事を目指す。失いかけていた人生を取り戻すために‥‥



月9ドラマということもあり、注目度の高い本作ですが、ストーリーを見る限り、恋愛路線よりもどちらかというとシリアス路線のほうが強そうな印象を受けますね。

登場人物の設定も一部重めなところがあり、各登場人物のバックグラウンドがどのような形で物語に絡んでくるのか気になるところです。

福山雅治さんの結婚後初ドラマですし、主人公とヒロインの年齢差が凄くて賛否両論だったりと、何かと話題になるドラマですので、放送を楽しみに待ちたいですね。

キャスト・配役

神代広平(福山雅治)

元プロミュージシャン、44歳。

ギターの腕前には定評があったようだが、ヒット曲を1つ生み出しただけで伸び悩み、所属事務所から契約を解除されてしまう。

現在は企業カウンセラーとして仕事をしているが、音楽への未練を捨てきれずにいる。

佐野さくら(藤原さくら)

自動車整備工場で整備補助をしているが、人付き合いが苦手であり、仕事仲間とのコミュニケーションで問題を抱えている。

児童養護施設で育った過去を持ち、中村真美・天野空一とは同じ施設で育った幼馴染。

中村真美(夏帆)

さくらと同じ施設で育ち、さくらよりも先に上京して、キャバクラで働いている。

さくらが上京してきてからは一緒に住んでおり、なにかとさくらを気にかけ、彼女の自立を願っている。

天野空一(菅田将暉)

さくらと同じ施設で育った幼馴染。

両親から虐待を受け、児童養護施設に保護された過去を持ち、基本的に人を信用せず、しばしば悪ぶった振る舞いをするが、心根は優しい。

さくらと真美とは仲がよく、特にさくらには密かに思いを寄せている。

笹裕司(宇崎竜童)

ライブハウス「S」を経営している。

神代がバンド活動をしていたころに何かと世話になっており、現在も神代たちの良き相談相手となっている。

宍戸夏希(水野美紀)

神代の昔のバンド仲間。神代に思いを寄せているが、それを打ち明けられず、良き友人のポジションにおさまっている。

増村泰造(田中哲司)

大学時代に神代とバンドを組んでいたバンド仲間。現在は耳鼻科医として働いている。

主題歌情報

ドラマ主題歌:「soup」
歌:藤原さくら 作詞作曲:福山雅治

ドラマ「ラヴソング」の主題歌である「soup」は、作詞作曲を福山雅治さんが担当し、実際に歌うのは藤原さくらさんという、ドラマの設定を重視した楽曲になっています。

曲名の由来については、福山雅治さんが「ずっと一緒にいれば『2人でしかなれない2人』になるんじゃないかと、そういった関係を1つの料理になぞらえました」とコメント。

楽曲の発売日等はまだ未定とのことですが、おそらくはドラマが放送開始された時に、発売時期などについての情報も出てくるものと思われます。

スポンサードリンク

関連記事

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑