*

「ブレスレス・クワイア」(呼吸器系疾患の方々による合唱団)の物語

公開日: : 健康・身体, 知識・お役立ち


「ブレスレス・クワイア」
という方々をご存知でしょうか?

彼らは「呼吸器系疾患の方々による合唱団」であり、呼吸器系に問題を抱えた人たちが果敢に歌に挑戦していったプロジェクトのことです。

彼らが歌に挑戦した想い、軌跡についてまとめてみました。

スポンサードリンク



歌うことを諦めない

「ブレスレス・クワイア」を訳すと、「息切れする合唱団」となります。

その名前の通り、この合唱団のメンバー18人は、何かしらの呼吸器系の疾患を抱えている人たちで結成されています。

息をすることも困難な彼らにとって「歌うこと」は、普通の人以上に困難を伴うことは言うまでもありません。

挑戦する理由

呼吸器を患う彼らにとって、歌に挑戦することはとても困難な道です。

しかし、あえてそれに挑むにはれっきとした理由があります。

呼吸すら辛い彼らは、普段は呼吸に関わる筋肉をできるだけ使わないように生活をしています。

しかし、そんな生活をしていては、だんだんと筋肉が衰え、いずれ呼吸がさらに苦しくなるという悪循環に陥ってしまうでしょう。

最初は辛くても、歌に挑戦することによって筋肉を使えば、少しづつでも筋肉が鍛えられ、肺活量も上がり、呼吸が楽になるかもしれません。

また、歌うことができるようになって、自分に自信が持てるようになれば、生きるための活力が湧いてきて、病気を克服するための原動力となります。

彼らは、停滞や衰えを良しとせず、たとえ辛くても少しづつでも前に進むために、この合唱団を結成したのです。

挑戦がもたらした晴れ舞台

合唱団結成後、最初の練習では、やはり不安をぬぐうことができず、みなの表情にも陰りが見えました。

しかし、ギャレス・マローン氏の指導の下で練習を続けていくと、少しづつではありますが、声を出すことができるようになっていきます。

最初は慣れない呼吸に咳き込む場面もありましたが、無理なく声を出せる呼吸法を身につけると、次第にうまく音を出せるようになり、彼らの歌声は少しづつ上達していきます。

練習の中で自信をつけたメンバー達の表情は、だんだんと明るくなっていき、練習の場にも活気が出てきます。

そしてついには、音楽を志すものにとって憧れともいえる場所「アポロシアター」のステージで歌声を披露する機会が巡ってきます。

まさか自分達がアポロシアターで歌えるなんて‥‥感極まって涙するメンバーもいました。

憧れのアポロシアターに立った彼らは、練習の成果を存分に発揮します。

見事な歌を披露するメンバーもいれば、あまり声を張れないメンバーもいました。

しかしそれでも、それぞれのメンバーが自分なりの表現方法を身につけ、呼吸器疾患を抱えているとは思えないような歌声を披露し、観客を魅了しました。

彼らは、自分の力で人々の心を動かすような歌声を身につけ、その力で人々に勇気と感動を与えたのです。

自信と仲間

彼らはこの合唱団を通じ、自分に対する自信と、かけがえのない仲間を手に入れたことでしょう。

病気になってすべてを諦めてしまう人もいれば、彼らのように可能性を信じて果敢に挑戦する人もいます。

深刻なハンディキャップを抱えていても、それに立ち向かう彼らの姿は、人々に感動を与えるとともに、同じように病気で苦しんでいる人への勇気・エールとなることでしょう。

歌うことで心地良い気分になり、元気付けられ、楽しむことができます。歌うことは、とてもシンプルです。まさに自分自身と声、そして呼吸そのものです。

合唱団指揮者:ギャレス・マローン

引用元:ブレスレス・クワイア

※「ブレスレス・クワイア」プロジェクトは、フィリップス社がバックアップしています。

まとめ

彼らを見ていると、人の持つ可能性と、前に進もうとする意思の大切さが伝わってきますね。

人は弱い生き物なので、困難に直面した時、ふさぎこんで自ら可能性を摘み取ってしまうことが少なくないと思います。

彼らのように、前を向いて進もうとする意思があれば、可能性を閉ざすことなく進めるかもしれません。

スポンサードリンク

関連記事

カビ

【林修の今でしょ講座】カビ対策・食品・風呂・布団・エアコン【5月31日】

5月31日に放送された「林修の今でしょ講座」の中で、カビ対策について取り上げられていました。ジメジメ

記事を読む

-shared-img-thumb-gohan151214218637_TP_V

【ジョブチューン】花粉症の症状を軽減するには糖質が鍵?【3月26日】

3月26日放送の「ジョブチューン」の中で、栄養療法の観点から見た花粉症の改善方法について取り上げられ

記事を読む

gatag-00001920

オリィ研究所、吉藤健太朗の経歴・オリヒメに生かす過去の経験

出典:吉藤オリィ profile昨今では、ロボット型の商品をリリースする企業が徐々に増えてきています

記事を読む

卵白 マヨネーズ

マヨネーズ工場で余った卵白は何に使われる?キューピー式活用法

5月3日に放送される「ありえへん世界」の「大の大人が答えられないと恥ずかしい新常識」のコーナーの中で

記事を読む

マグロ 隠れたヒレ

マグロの体には隠されたヒレがある?収納可能な速度特化の進化

5月15日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、「マグロの体には隠されたヒレがある」という内

記事を読む

しょうが

【サタデープラス】酢しょうがの効果・作り方・レシピまとめ【3月19日】

3月19日に放送された「サタデープラス」では、「酢しょうが」についての2回目の特集をやっていました。

記事を読む

nebusoku

寝つきが悪い時の対策|入眠を妨げる原因となる習慣とその対処法

寝つきが悪くて、布団の中で悶々とした経験はありませんか?疲れているはずなのに、なかなか眠れないのは、

記事を読む

二重あご

【この差って何ですか?】二重あご・平成プレミア硬貨・タレント猫【5月29日】

5月29日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「二重あご」「タレント猫」「平成プレミア硬貨」

記事を読む

heart-665185_640

【ソレダメ】健康チェック法・脳卒中・肺機能・筋肉量【10月5日】

10月5日に放送された「ソレダメ!あなたの常識は非常識!?」の中で、自宅で簡単に出来る健康チェック法

記事を読む

教科書 アンダーライン

教科書にアンダーラインを引くと成績が伸びない?物語・流れで記憶する

5月8日に放送される「林先生が驚く初耳学!」の中で、「教科書にアンダーラインを引くと成績が伸びない」

記事を読む

PAGE TOP ↑