*

ポテトチップスが裁判でモメた?プリングルズはポテチか否か

公開日: : 最終更新日:2016/11/12 知識・お役立ち, 食べ物・飲み物

ポテトチップス 裁判
4月17日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、”ポテトチップスは、そもそもポテトチップスなのか、と裁判でモメたことがある”という内容が取り上げられるようです。

この初耳学の出題者は六角精児さんです。

いったいどんな経緯で裁判で争うことになったのか、探ってみたいと思います。

スポンサードリンク



ポテチの定義で裁判

裁判でモメたことがあるのは、アメリカのプロクター・アンド・ギャンブル社(P&G)が販売している「プリングルズ」です。

筒状の容器に入っているお菓子で、日本でも売られているため、知っている方は多いと思います。

このプリングルズが、ポテトチップスかどうかで裁判になったのはイギリスでの話であり、英国税関庁とP&G社が最高裁まで争うことになりました。

森永 プリングルズ うましお味

 

嗜好品か否か

そもそもなぜこんな裁判が起きたのかというと、最近日本でも話題となっている「軽減税率」が影響していました。

イギリスでは軽減税率制度が導入されているのですが、食品に対する消費税率が0%なのに対して、ポテトチップスは嗜好品扱いのため、17.5%というかなり高い税率がかかります。

P&G社の「プリングルズ」は、イギリスではポテトチップスだとみなされており、課税の対象となっていましたが、それに対してP&G社が反発、裁判を起こします。

P&G社の主張は「イギリスではポテト以外で野菜が含まれる、乾燥、ロースト、スライスしたスナック類は税率0%になる。プリングルズはじゃがいもの原料が42%しかないので、プリングルズはポテトチップスではない」というものでした。

さらには「溶けるような歯ざわり、一定の色、一定の形はポテトチップスには似ていない」「他のポテトチップス類は筒状の容器に入らないので、プリングルスはむしろビスケットに近い」という主張を展開。

対するイギリスの税務当局側は「味や製法、包装や宣伝に至るまで、ポテチそのものである」と反論します。

裁判の結果

通称「ポテトチップス裁判」とも呼ばれるこの裁判ですが、イギリスの高等裁判所は2008年、P&Gの主張を認めて「プリングルズはポテトチップスではない」という驚きの判決を出します。

プリングルズに使用されているジャガイモの比率が全体の50%以下であることが、判決の理由だそうです。

しかし、翌年の5月20日に行われた最高裁では、「プリングルズがポテトチップスでないというのは、あまりに作為的な議論だ」として、P&G側の訴えは却下されます。

結局、プリングルズは軽減税率の対象として認められず、嗜好品として高い税率を課されることになりました。

裁判長は「もしP&G社の主張が正しければ、オレンジとグレープフルーツ、両方を使用して作られるマーマレードはそのどちらからもできていないことになり、それはナンセンスな結論である。」と述べています。

P&G側は裁判の中でプリングルズを「ビスケットだ」「クッキーだ」「スナック菓子だ」と、なんとかポテトチップスの枠からはずそうとしていましたが、いくら高い税率を回避するためとはいえ、さすがに無理がある主張だったようです。

軽減税率にそもそも問題が?

今回のケースに限らず、軽減税率を巡って商品の定義でモメるケースはたびたび起こっているようです。



・ドミノ・ピザは「当店のピザは熱々ではない。注文された時点では冷たいので、冷凍ピザと同じように非課税にするべき」と訴えるも却下された。

・イギリスではチョコレートは贅沢品に分類されるが、チョコレートがけのビスケットは、チョコが半分以上覆っていれば贅沢品、半分以下なら食品として扱われる。

「ティーケーキ」という商品はチョコがけビスケットとして課税されていたが、イギリスの小売り大手企業が「これはケーキだ」と政府を提訴。

10年を超える争いの末、「ティーケーキはケーキである」と認められ、過去20年分の税金が返還された。



現在、日本でも軽減税率の線引きの話が出ていますが、もし贅沢品と必需品で税率が分けられることになれば、日本でもこういった食品の定義を巡る裁判が起こるかもしれません。

消費者としては少しでも安いほうが良いに決まっていますが、だからといって、こういった争いが起こるのは勘弁してほしいですよね。

消費税軽減税率早わかり [ 金井恵美子 ]

 

まとめ

さすがに「プリングルズはポテトチップスではない」と言われても、いまいちピンときませんよね‥‥

嗜好品か否かで税率がかなり変わるとはいえ、こういう言葉遊びや解釈をするのはどうなんだろうと思ってしまいます。

ポテトチップスとして売っているのであれば、メーカーには堂々と「なんと言われようとポテチです!」と胸を張っていてほしいものです。

スポンサードリンク

関連記事

lgi01a201406251000

食物繊維の「水溶性」と「不溶性」の違い&効果的な使い分け方とは

食物繊維が健康に良いと良く聞きますよね。便秘改善に効果があることは良く知られていますが、食物繊維はた

記事を読む

food_16060401

【この差って何ですか?】アク抜きの必要な野菜と必要ない野菜の差【12月13日】

12月13日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「アク抜きの必要な野菜と必要ない野菜の差」と

記事を読む

jiko_tojimari

【ソレダメ】年末年始のホームセキュリティ・アルソック防犯術【12月14日】

12月14日に放送された「ソレダメ!あなたの常識は非常識!?」の中で、「年末年始のホームセキュリティ

記事を読む

お札

【ハナタカ優越館】お金の知識・紙幣交換・レア硬貨や流通量【6月5日】

6月5日に放送された「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」の中で、お金

記事を読む

洗濯物 ワイシャツ

【この差って何ですか?】泥汚れをキレイに落とす・目薬を上手にさす

5月1日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「服や靴の泥汚れをキレイに落とすテクニック」と「

記事を読む

カビ

【林修の今でしょ講座】カビ対策・食品・風呂・布団・エアコン【5月31日】

5月31日に放送された「林修の今でしょ講座」の中で、カビ対策について取り上げられていました。ジメジメ

記事を読む

water_00015

加湿器がなくても部屋の湿度を上げる方法|快適な湿度はどのくらい?

冬の寒い時期に気をつけなければならないのが、部屋の湿度です。部屋が乾燥していると、肌がカサカサしたり

記事を読む

building_ryoutei

【この差って何ですか?】料亭と割烹の差・汗の臭いの差【9月11日】

9月11日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「料亭と割烹の差」「汗が臭い人と臭くない人の差

記事を読む

pocket-watch-1354941_640

【この差って何ですか?】アンティークとヴィンテージ・ホッキョクグマ【8月7日】

8月7日に放送されたで「この差って何ですか?」の中で、「アンティークとヴィンテージの差」「ホッキョク

記事を読む

syokuji_jyouhin

育ちの良さがでる行動とは?品のある人に共通する特徴

あなたの周りにふとした動作で、「あ、この人育ちがよさそう」とか「なんだか、品があるな」と思わせてくれ

記事を読む

PAGE TOP ↑