*

【ジョブチューン】赤いきつねの炊き込みご飯レシピ&カールの新味【4月23日】

公開日: : 最終更新日:2016/11/11 レシピ, 食べ物・飲み物

赤いきつね
4月23日に放送された「ジョブチューン」の中で、東洋水産の「赤いきつね」と明治の「カール」が取り上げられていました。

2つとも長い歴史を持つ商品で、番組内では製造工程などの秘密や、アレンジレシピなども紹介されていました。

備忘録を兼ねて、情報をまとめてみました。

スポンサードリンク



赤いきつね

東洋水産が製造販売しているカップ麺「赤いきつね」と「緑のたぬき」は、日本人なら誰もが知っている商品です。

赤いきつねは1978年に発売、緑のたぬきは1980年に発売され、現在では1年に1億食以上も食べられている人気のカップ麺です。

東洋水産/赤いきつね 12食入

 

お揚げはそのままでも美味い

メーカーいわく、赤いきつねに入っているお揚げは、そのまま食べても結構美味しいのだそうです。

ファンの方の中には、お酒のおつまみとしても使っている方も。

コンビニ限定で販売されているものには、お揚げが2枚入っているバージョンがあるため、そのうち1枚をそのまま食べてみるといいかもしれませんね。

スープには4種類の味がある

赤いきつねのスープには、4つの種類が存在しています。

地域によって微妙に味の好みが異なるため、販売地域ごとに味を変化させているのだそうです。

濃口醤油味

東日本:鰹節+昆布
北海道:鰹節+利尻昆布

濃口醤油味

西日本:鰹節+昆布+煮干
関西:鰹節+昆布+うるめいわし

製造工程5つの秘密

①麺の生地は2枚重ね

麺の生地を重ねることで、麺にコシが出るようにしています。

②麺を蒸す

100度の蒸気を当てて麺を蒸すことで、なめらかな食感を生み出しています。

③スープは鰹節の粉末

通常、鰹節は煮出して使いますが、赤いきつねの場合は、鰹節そのものを粉末にすることで、お湯を入れたときに旨味が溶け出すような仕組みにしています。

④スープの鰹節は2種ブレンド

香りが強い鰹節と旨味が強い鰹節を粉末にしてブレンドして作ることで、風味豊かな美味しいスープを作っています。

⑤お揚げの味が東日本と西日本で異なる

東日本は醤油の味が濃い目、西日本は醤油の味が薄めで甘みのある味になっています。

赤いきつねアレンジレシピ

「赤いきつねの炊き込みご飯」をご紹介します。

材料

・赤いきつね1個
・米1合
・水1合

作り方

①水とお米を炊飯器に入れ、炊ける状態にします。

②お揚げは食べやすい大きさにカット、麺は砕いて、炊飯器に入れます。

③かやくと粉末スープを炊飯器に入れ、普通にご飯を炊けば完成。

カール

株式会社明治より、1968年に日本で最初に発売されたスナック菓子です。

当時のスナック=甘いという常識を覆し、今では1日に20万食作られる人気のお菓子です。

明治 カール チーズあじ 64g×10袋[カール スナック菓子]

 

新しい味の開発は諦めた

メーカーいわく、カールの新しい味に関しては開発するのをすでに諦めたそうです。

今まで200種類以上もの味を作ってきたそうですが、どれも一時的なヒットしかせず、一向に定番化しませんでした。

その代わり、従来の人気商品であるチーズ味を生かし、より高級にした商品を発売したのだそうです。

明治 堅焼き仕立て 大人の贅沢カール 濃厚炙りチーズ味 50g×12袋[カール スナック菓子]

 

カール製造3つの秘密

①独特の形の製造方法

カールの代名詞ともいえるあの形は、原料であるとうもろこしを高圧・高温で押し出して作っています。

高圧・高温で押し出すと、水分蒸発であの絶妙なカーブを描くので、それを機械でカットして生産しています。

②カット後は乾燥させる

カットした後はまだ水分を含んで湿気っている状態なので、それを3分間乾かしてサクサクの状態にします。

③チーズを噴射

チーズ味の味付けは、液状にしたチーズを噴射して味付けしています。

噴射されているものは、6種類ものチーズがブレンドされたものなのだそうです。

まとめ

どちらも日本を代表する商品で、日本人ならほぼ誰でも知っている商品です。

地域によって味を変えるなど、随所にこだわりを見せる「赤いきつね」と、最初に作った味を守るのが1番良いという結論に至った「カール」。

どちらもおいしいことに変わりはないので、これからも長く愛される商品であって欲しいですね。

関連記事:【ジョブチューン】シーチキンのにんじんしりしりレシピ&高級キットカット【4月23日】

スポンサードリンク

関連記事

a0002_008162

【初耳学】美味しくなったおから・ステーキの焼き加減10段階 他【10月23日】

10月23日に放送された「林先生が驚く初耳学!」の中で、「ステーキの焼き加減は10段階」「サイコロス

記事を読む

gatag-00013383

【ソレダメ】ほうれい線・焼きそば・お肉などのソレダメ知識【4月13日】

4月13日に放送された「ソレダメ」の中で、料理や食べ物に関するさまざまな知識や役立つ情報が取り上げら

記事を読む

chocolate-89034_640

【初耳学】ピノの正しい食べ方と黄金比・テニスの「サービス」の語源

10月9日に放送された「林先生が驚く初耳学!」の中で、「ピノの正しい食べ方・黄金比」「テニスのサービ

記事を読む

eyecatch63

スプラウトの栄養素と驚きの効果とは?食べ方や栽培方法も紹介

「天然のサプリメント」といわれている、スプラウトをご存知ですか?スプラウトとは新芽のことで、発芽野菜

記事を読む

カルピス

【この差って何ですか?】カルピスシャーベットレシピ・ケチャップで減塩【5月22日】

5月22日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「カルピスの活用法」と「ケチャップの活用法」が

記事を読む

-shared-img-thumb-gohan151214508699_TP_V

卵かけご飯のカロリーと良い点・悪い点、ダイエット効果はあるのか?

簡単で美味しい「卵かけご飯」、誰でも一度は食べたことがあるのではないでしょうか?私も大好物で、これを

記事を読む

a0800_000649

【初耳学】抹茶の旬の時期・利尻昆布の最高級品は平成○年【10月23日】

10月23日に放送された「林先生が驚く初耳学!」の中で、「抹茶の旬の時期」「利尻昆布の最高級品の年代

記事を読む

20130218_oyster_0541_w800

【初耳学】美味しい料理の共通点・ラフランスの絶滅・牡蠣【10月23日】

10月23日に放送された「林先生が驚く初耳学!」では、「食の賢人スペシャル」として、料理に関する初耳

記事を読む

food_kamu

【この差って何ですか?】噛む回数ダイエット・食パンの形【7月24日】

7月24日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「噛む回数のダイエット効果の差」「食パンの形状

記事を読む

no image

川田裕美はあんこ好き?料理にもトッピング&外食用に持ち歩く

ミヤネ屋で一躍有名になり、現在はフリーアナウンサーとして活躍中の川田裕美(かわた ひろみ)さん。2月

記事を読む

PAGE TOP ↑