*

【世界一受けたい授業】紫外線対策・隠れジミ減少・ビタミンD生成【5月7日】

公開日: : 最終更新日:2016/11/11 健康・身体, 美容・ダイエット, 食べ物・飲み物

紫外線対策 日傘5月7日に放送された「世界一受けたい授業」の中で、紫外線対策について取り上げられていました。

これからの時期は日差しが強くなるので、紫外線対策はしっかりしておきたいところですよね。

備忘録を兼ねて、情報をまとめてみました。

スポンサードリンク



紫外線をよく知ろう

シミやシワ、皮膚がんなどを引き起こす原因となる「紫外線」ですが、4月5月ぐらいになると降り注ぐ紫外線の量が一気に増えることになります。

紫外線は、肌に直接届くものだけに限らず、空気中にある分子に跳ね返り、あらゆる方向から肌に降り注ぎます。

紫外線には二種類ある

UV-A

シミやシワの原因となり、太陽から地表に届く紫外線のうち、およそ95パーセントを占めています。

窓ガラスも通過し、日々の生活の中で意識せずに浴びるものなので「生活紫外線」とも呼ばれています。

UV-Aは肌の奥にまで届き、コラーゲンにダメージを与えるため、シミなどを引き起こす原因となります。

このUV-Aが一年で一番多い時期が5月なので、真夏でないからと油断せず、しっかりと対策をする必要があります。

UV-B

地表に届く紫外線のうち5%しかありませんが、その分エネルギーが強く、浴びすぎると皮膚の炎症や皮膚がんの原因になります。

UV-Bは、肌の奥までは届きませんが、皮膚へのダメージが強いため、浴びすぎには注意しなければなりません。

肌が日に焼けやすいのは?

男性と女性では、男性の方が日に焼けやすい性質があります。

同じ条件で計測してみると、男性は約900mJ/cm2、女性が約1100mJ/cm2となり、男性のほうが焼けやすいという結果が出ています。
(mJ/cm2:積算照射量)

日本人の肌タイプは3つある

A:すぐ赤くなりわずかに黒くなるタイプ

B:赤くなった後いつも黒くなるタイプ

C:あまり赤くならずすぐ黒くなるタイプ

日本人で最も多いのはBのタイプで、紫外線の悪影響を一番受けやすいのはAのタイプです。

AはBに比べて、皮膚がんなどの発生リスクが3倍から5倍高いと言われています。

そのため、Aタイプの人は日頃から過剰な紫外線を浴びないように気をつける必要があります。

紫外線の影響を受けやすい年代

20代と60代では、60代の人のほうが紫外線の影響を受けやすい傾向にあります。

60代の人は、20代に比べてあまり日に当たらない部分の表皮が薄くなっているため、紫外線の影響がより大きく出るのです。

ただし、常に日焼けをし続けている人は例外だそうです。(例:松崎しげるさん)

健康と紫外線のはなし [ 市橋正光 ]

 

紫外線対策

UV-Aを防ぐには?

紫外線対策として特に有効なのは日傘です。

日傘を使用すると、日のあたる場所と比べ、およそ95%紫外線をカットしてくれます。(日なたの紫外線が51.5に対して、日傘を差した場所は2.6)

日傘を差しても地面などから反射してくる紫外線がありますが、反射後に人体に届く紫外線の量はかなり少ないため、気にする必要はありません。

UV-Bを防ぐには?

UV-Bは、服の素材によって肌が浴びる紫外線量が異なります。

綿の服の場合は、紫外線量が14.9→0.13、ポリエステルの場合は14.9→0となり、UV-Bに対しては綿よりもポリエステルのほうが有効です。

ポリエステルは、服を構成しているポリエステル分子が紫外線を吸収してしまうため、肌まで届きません。

服の色は紫外線には特に関係がなく、白でも黒でも特に変化はありません。

ただ、黒は熱を吸収する性質があるため、熱中症対策を考えるなら、避けた方がよいでしょう。

隠れジミを減らす飲み物

隠れジミを減らしてくる効果があるのが「にんじんを使った野菜ジュース」です。

人参などに含まれているβカロテンが、肌の新陳代謝を良くし、隠れジミを減らしてくれる効果があります。

βカロテンは、そのまま食べるよりも、ジュースにした方が吸収率がアップするため、野菜ジュースのほうが効率よく摂取できます。

富良野にんじんジュース 190g缶x30本入りケース販売

 

ビタミンDの生成に注意

UV-Bは浴びすぎると良くありませんが、人体はビタミンDを生成するためにはUV-Bを適度に浴びる必要があります。

あまり避けすぎるとビタミンDが欠乏し、骨粗しょう症になる可能性があります。

日光浴をする場合に大切なのは、紫外線の弱い時間帯を選ぶことです。

5月から夏にかけては、午前10時から14時までは紫外線が強いため、それ以外の時間帯に15分ほど日光浴をして、ビタミンDを生成するとよいでしょう。

ビタミンDの生成で日光浴をする場合、特に効率が良いのは手のひらです。

手のひらには、シミの原因となるメラニンがほとんどないので、シミを気にすることなく日光浴をすることができます。


【同日放送分関連記事】

【世界一受けたい授業】最新職業図鑑2016・プロゲーマー・ドローン操縦士【5月7日】

【世界一受けたい授業】『スーパーフード』ダルス・アマランサス・タイガーナッツ・ゴールデンベリー【5月7日】


スポンサードリンク



関連記事

a0800_000649

【初耳学】抹茶の旬の時期・利尻昆布の最高級品は平成○年【10月23日】

10月23日に放送された「林先生が驚く初耳学!」の中で、「抹茶の旬の時期」「利尻昆布の最高級品の年代

記事を読む

gatag-00009956

【林修の今でしょ講座】夏の目のダメージをケア・白内障予防【8月30日】

8月30日に放送された「林修の今でしょ講座」の中で、夏に受けた目のダメージのアフターケアについて取り

記事を読む

toast-1077881_640

【ビビット】ヤマザキ春のパン祭りの点数を効率よく集める【3月21日】

3月21日に放送された「白熱ライブ ビビット」の中で、ヤマザキ春のパン祭りでもらえる白いお皿について

記事を読む

ブレスレス・クワイア

「ブレスレス・クワイア」(呼吸器系疾患の方々による合唱団)の物語

「ブレスレス・クワイア」という方々をご存知でしょうか?彼らは「呼吸器系疾患の方々による合唱団」であり

記事を読む

gatag-00008025

【あさチャン】春腰痛の原因と対処法・予防法【3月22日】

3月22日に放送された「あさチャン!」の中で、この時期に腰が痛くなる春腰痛について取り上げられていま

記事を読む

疲れ目

【この差って何ですか?】緑内障になりやすい人・おにぎりの素・IH鍋【6月12日】

6月12日に放送された「この差って何ですか?」の中で、緑内障になりやすい人について取り上げられていま

記事を読む

【林修の今でしょ講座】低気圧が引き起こす病気&対処法【5月31日】

5月31日に放送された「林修の今でしょ講座」の中で、低気圧が引き起こす病気について取り上げられていま

記事を読む

-shared-img-thumb-gohan151214508699_TP_V

卵かけご飯のカロリーと良い点・悪い点、ダイエット効果はあるのか?

簡単で美味しい「卵かけご飯」、誰でも一度は食べたことがあるのではないでしょうか?私も大好物で、これを

記事を読む

hot-chocolate-1006463_1280

ココアの持つ健康効果とは?美容や認知能力、傷の治りにまで影響

ココアには健康にとても良い成分がたくさん含まれているのを知っていますか?ホッとする、リラックス効果が

記事を読む

gatag-00009112

【初耳学】輪ゴムを耳にかけるだけで小顔効果・肩こり解消効果も

10月9日に放送された「林先生が驚く初耳学!」の中で、「輪ゴムで小顔になる方法」が取り上げられていま

記事を読む

PAGE TOP ↑