*

『文字が消える金属』新潟県燕三条の金型職人の技術力とは?

公開日: : 最終更新日:2016/06/08 科学・技術

消える金属
5月8日に放送される「世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース」の中で、不思議な消える金属が取り上げられるようです。

この金属は、ネットではそこそこ話題になっていましたが、日本の職人の持つ高い技術力がなければ実現不可能な代物だそうです。

一体どんな金属なのか、探ってみました。

スポンサードリンク



継ぎ目はどこに?

日本のものづくりのレベルは、世界トップクラスだとよく言われますよね。

たとえ小さな町工場であっても、世界レベルの驚くべき技術を持っていたり、凄いところだと、世界中でそこでしか作れないような技術を持っているところさえあるぐらいです。

そんな日本の職人の技術力の高さを証明するような動画が投下され、話題となっていました。


一見、プレートに文字が浮かび上がっただけの、何の変哲も無い金属。

しかし、その文字を上から押していくと、スーッと沈んだ後に継ぎ目も残さず綺麗さっぱり消えてしまいました。

手品、もしくはCGかと思われるような動画ですが、ツイートの通り、この金属には種も仕掛けもありません。

この金属は、日本の職人の高い技術力を使って製造されたものであり、その精密さゆえに文字が消えてしまうという、不思議な金属なのです。

ミクロンの世界

この金属を製作したのは、新潟県の燕三条にある『株式会社武田金型製作所』というところ。

同社は金属製名刺入れブランド「mgn」を持っており、この金属の表面にある文字は、このブランド名を型どったものです。

この不思議な金属の作り方はというと、文字の形に切り出した金属を、文字の形にくり抜いたプレートにはめ込むだけという単純なもの。

しかし、文字とプレートの隙間はわずか1000分の3ミリしかなく、少しでもずれているとはまらないという、恐ろしく精密な代物です。

この高い精密さこそが、文字が消える理由でもあり、高い技術力がなければこの精度では作れないというわけです。

金属の加工には「ワイヤーカット放電加工機」という機械が使われていますが、通用の業務では、ここまでの精度の高さを要求されることは滅多になく、「ここまでできるぞ」というデモンストレーションのために、この金属板を作ったのだといいます。

 

まとめ

この企業に限らず、新潟県の燕三条は昔からモノづくりで栄えてきた町であり、世界に誇れる商品が数多く存在しているといいます。

職人の技術を受け継ぐ人の減少が深刻化している昨今ですが、こういった世界に誇れる技術が失われるのはとても惜しいことです。

日本の高度経済成長期を支えた職人の技術を、是非守っていってほしいところですね。

スポンサードリンク

関連記事

warmerwarmer

warmerwarmer高橋一也の『伝統野菜(古来種野菜)』へのこだわりとは

5月10日に放送される「ガイアの夜明け」の中で、絶滅の危機に瀕した伝統野菜の普及に取り組んでいる方が

記事を読む

養老孟司 虫御殿2

養老孟司の別荘”虫御殿”とは?大好きな昆虫採集の集大成

2月24日の「探検バクモン」では、養老孟司さんの別荘である通称"虫御殿"が登場します。養老さんは大の

記事を読む

www-1216175_640

UPQ社長「中澤優子」、一人で家電メーカーを作った行動力と手腕

3月8日に放送される「ガイアの夜明け」では、たった一人で家電ベンチャー企業を立ち上げたという、UPQ

記事を読む

マスキングカラー1

大洋塗料が生み出した”魔法のペン”マスキングカラーとは?

2月23日の「ガイアの夜明け」の中で、大洋塗料が造りだしたマスキングカラーが取り上げられます。赤字の

記事を読む

鉛筆削り

大阪発、つなげてつかうためのエコ鉛筆削り「TSUNAGO」とは?

3月15日に放送される「所さんのニッポンの出番!」の中で、大阪にある鉛筆削りのメーカー、中島重久堂(

記事を読む

cube-635353_640

サイコロの一番出やすい目とその理由 & 5万円するサイコロ

4月22日に放送される「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」の中で、「サイコロの一番出やす

記事を読む

pak86_yudetamago15183128_tp_v

【ハナタカ優越館】ストローの溝・塩味ゆで卵の作り方・日焼け止めクリーム【11月3日】

11月3日に放送された「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」の中で、「

記事を読む

再利用

国立競技場の廃材を再利用、ぴあ「米村修治」の挑戦とは?【ガイアの夜明け】

5月24日に放送される「ガイアの夜明け」の中で、歴史ある建造物の廃材を再利用するという「RE:MEM

記事を読む

ブナ

青森の企業「ブナコ」、独自製法で作るブナのランプや木工品

3月15日に放送される「所さんのニッポンの出番!」の中で、青森の木工品メーカー「BUNACO(ブナコ

記事を読む

スマホケース 16万4

ロケット開発技術を使った16万円のスマホケースが凄い!?

  2月19日に放送される「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」の中で、16万円

記事を読む

PAGE TOP ↑