*

【金スマ】血管年齢若返りメソッド・ゾンビ体操&朝ジュースレシピ【6月3日】

公開日: : 最終更新日:2016/11/10 健康・身体

血管
6月3日に放送された「金スマ」の中で、血管年齢の若返りについて取り上げられていました。

血管年齢が高いと、病気などの原因にもなってしまうため、血管年齢はできる限り若く保ちたいですよね。

番組で紹介されていた、血管年齢を若く保つメソッドについて、情報をまとめてみました。

スポンサードリンク



血管年齢についての基本

血管がどれだけ硬くなっているかを示す指標が「血管年齢」と呼ばれるものです。

血管というのは、若いうちは新品のゴムホースのように弾力がありますが、年を重ねるにつれて、だんだんと硬くなり弾力がなくなっていきます。

血管が硬くなる理由は2つあります。

まず、加齢によって血管の壁自体が物理的に硬くなった状態、俗にいう「動脈硬化」というやつです。

2つめは、血管が縮んで引き締まり硬くなっている状態、冷え性の方の手足の末端部分などはこちらが該当します。

動脈硬化の基準は、血管の壁が1.1ミリ以上あるかどうかです。

血管の壁の厚さは、エコー検査などで測ることができ、プラークなどが溜まっていると血管の壁が厚くなってしまいます。

人は血管から老化する [ 池谷敏郎 ]

 

血管若返りメソッド

血管を若返らせるには、収縮し閉じて硬くなっている血管を開かせることが大事です。

番組内で紹介していた3つのメソッドを行うことで、硬くなっている血管をやわらかくし、血管年齢を若返らせることができるそうです。

ゾンビ体操

①背筋を伸ばして立ち、腕から指先まで力を抜いてぶらんと垂らします。

②その場で小刻みに足踏みをします。ポイントは踵を少し上げ、つま先だけで足踏みすることです。

③足踏みをしながら、腕をぶらぶらとさせます。肩と手の力を完全に抜き、顔も脱力した状態でやることがポイントです。

④これを1分間続け、その後は30秒間その場でゆっくり大きく足踏みをします。

⑤1分間ぶらぶら→30秒間足踏み、これを3回繰り返します。


 

この体操を行うと、血管の中に一酸化窒素(NO)というガス状の物質が出て、全身の血管を開いてくれます。

一酸化窒素には、血管をゆるめる効果があり、それによって血液を流れやすくしてくれるのです。

狭心症の薬であるニトログリセリンも、一酸化窒素の働きで心臓の血管を広げる作用を利用しています。

有酸素運動を行うと、筋肉から「ブラジキニン」という物質が発生します。

ブラジキニンには、一酸化窒素の分泌を促す効果があり、ゾンビ体操は手足をゆらゆらと動かすことで血流を良くし、一酸化窒素を体全体に行き渡らせることができるのです。

血管を柔らかくしなやかにするための朝ジュース

材料

にんじん:1/2本
りんご:1/2個
レモン:1/3個
しょうが:5g
水:50CC
氷:2個
アマニ油:小さじ1杯

作り方

①にんじん・りんご・レモン・しょうがをミキサーに入れます。

②上記に水と氷を加え、ミキサーで混ぜ合わせます。

③コップに注いだ後、アマニ油をくわえれば完成です。


 

にんじん(カロテン)は、血管の壁の酸化を防ぎ、りんご(カリウム)は、血圧を低下させます。

レモン(ビタミンC)は血管を丈夫にする効果があり、生姜(ショウガオール)は末端の血管を開いてくれます。

アマニ油は、体内でEPA(イコサペンタエン酸)に一部が変換されます。

EPAは、血管をしなやかに保つ血管内皮細胞に取り込まれ、その細胞を活性化してくれるので、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

アマニ油がない場合は、「えごま油」や「しそ油」でも代用可能です。

また、EPAは魚に多く含まれており、魚をホイル焼きにするとEPAを逃さず摂取することができます。

サントリー サプリメント DHA & EPA+セサミンEX オリザプラス 240粒(約60日分)|ゴマと天然ビタミンEのダブルパワー|内祝い_お返し_結婚祝い_お誕生日|ギフト|お供え|10800円~送料無料|秋冬_贈り物_お歳暮|

 

なんちゃって糖質制限

いただきますのかわりに、ある呪文を唱えるようにします。

その呪文とは、「ご飯・麺・パン・イモ・フルーツ」です。

食事のときには、この呪文に該当するものの摂取量を半分に落とすようにします。

糖質が多いものを食べ過ぎると、過剰な糖分が「終末糖化産物」という物質に代わり、血管を傷つけることにつながります。

なので、糖質の摂取量を落とすことで、血管が傷つけられるのを防ぐことができるのです。

厳しい糖質制限はなかなか続かないので、こうして緩めの制限を設けることで、長続きしやすいのだそうです。

血管若返りメソッドの効果

上記のメソッドを3日間行った後の、血管年齢の計測結果は以下のとおりでした。

紫吹淳さん:56歳→28歳
ばあや:63歳→49歳
枡田アナ:35歳→20歳以下



番組で登場していた関根勉さんが実践していた「酢しょうが」に関する記事はこちら
↓↓
【サタデープラス】酢しょうがの効果・作り方・レシピまとめ【3月19日】

まとめ

私も日頃あまり運動をしないため、血管年齢は結構いってそうで怖いです。

今回番組内で紹介されていた改善方法は、さほど難しくないため、誰でも無理なく続けることができそうでした。

血管に関する病気は深刻なものが多いため、日頃の生活の中で少しでも血管の年齢を若く保つようにしたいところですね。


【関連記事】

蚊に刺されやすい人の特徴・原因は?血液型や体質との関係および対策

【金スマ】『カビ撃退法』風呂・洗濯機・冷蔵庫のカビ対策【6月3日】

スポンサードリンク

関連記事

a0002_003993

【ソレダメ】温泉旅館のお茶菓子・ヒートショック防止・餅【12月14日】

12月14日に放送された「ソレダメ!あなたの常識は非常識!?」の中で、「温泉旅館のお茶菓子の意味」「

記事を読む

cc-library0100086900jiev

【この差って何ですか?】花粉がつきやすい服・つきにくい服

2016年3月13日に放送された「この差って何ですか?」の中で、花粉症に関する検証をやっていました。

記事を読む

ジョギング

【世界一受けたい授業】ジョギング術&フィジカルアクティビティ【5月28日】

5月28日に放送された「世界一受けたい授業」の中で、「フィジカルアクティビティの向上」と「楽しく続け

記事を読む

008673

【この差って何ですか?】脇汗をかきやすい人・ファブリーズ【7月17日】

7月17日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「脇汗をかきやすい人とかきにくい人の差」「ファ

記事を読む

gatag-00000527

【シューイチ】枕研究所の快眠枕・自宅で作れる枕【3月20日】

3月20日に放送された「シューイチ」の中で、枕に関する特集をやっていました。普段枕を使わないという中

記事を読む

infuruenza02_c_03

インフルエンザワクチンが3価→4価へ|予防効果と価格はどう変わる?

冬の時期に特に気をつけたいのが、インフルエンザです。非常に重い症状と高い感染力は決して侮れず、重症化

記事を読む

gatag-00012037

【この差って何ですか?】長生きしている人の食事の差【10月18日】

10月18日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「100歳以上 元気に長生きしている人」の食

記事を読む

驚き

【ハナタカ優越館】健康に関する勘違い・昔の常識が今では非常識?【5月22日】

5月22日に放送された「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」の中で、「

記事を読む

sick_vaccine

ノロウイルスのワクチンや予防接種は開発・実用化されているのか?

冬になると決まって流行する、下痢や嘔吐を伴う病気、ノロウイルス&ロタウイルス。運悪くかかって

記事を読む

-shared-img-thumb-ELL88_ashirusansuya14142028_TP_V

理想の睡眠時間とは?睡眠タイプと個人差によって最適な時間は異なる

あなたは睡眠で悩みを抱えていませんか?きちんと睡眠をとっているはずなのに、疲れが抜けなかったり、昼間

記事を読む

PAGE TOP ↑