*

仮眠から起きれない場合の対策|二度寝・寝過ごしを防止するには

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 健康・身体, 知識・お役立ち

仮眠
勉強しているときや仕事の最中など、どうしても眠気に耐えられないということはよくありますよね。

作業がはかどらない時には、15分ほど仮眠をとると効率が上がるとよく言われます。

しかし、少しだけ寝るつもりで布団に入ったら、2時間がっつり寝てしまった、などという経験はありませんか?

せっかく能率を上げるために仮眠をとったのに、起きることができなくては時間を無駄にしてしまいます。

では、いったいどうすれば仮眠で寝過ごすことなく起きられるのでしょうか?

スポンサーリンク



起きられる工夫と環境作り

眠くて眠くてしょうがない時にとる仮眠は、本当に気持ちが良いものです。

しかし、仕事や勉強など「起きなければならない事情」があることとは無関係に、睡眠の足りていない体は惰眠を貪ろうとしてしまいます。

睡眠の誘惑を意志で押さえ込み、すっと起きられる方はいいのですが、眠くて仮眠をとっているわけですから、少しの油断で二度寝をしてしまいかねません。

仮眠後にちゃんと起きるためには、目覚めやすいように寝方や環境を工夫する必要があります。

寝る時の体勢

仮眠をとる場合には、布団やベッド・ソファーなどは使用せず、机などに突っ伏して寝たほうが良いでしょう。

こうした体勢ならば睡眠が深くなりにくく、短い睡眠時間でも起きやすくなります。

睡眠が浅くなると仮眠の効果が薄まりそうな気がしますが、「眠気を吹っ飛ばして脳を休ませる」という目的であれば、この体勢での睡眠でも十分な効果が見込めます。

また、仮眠をとるときには部屋の電気を消して暗くすると睡眠の質が上昇しますが、体がリラックスモードになるため、その分起きづらくなります。

起きることを考えるのであれば、完全に真っ暗にせず明かりを少し残しておくか、カーテンの近くで寝て、起きたらすぐに日の光を浴びるなどの工夫をしましょう。

【即納】【送料無料】全方位 ネックピロー 仮眠まくら ビーズクッション アイマスク・アイピローにもなるネックピロー 首枕 トラベル 360度フィット

 

目覚ましの使い方

仮眠はだいたい15分程度が良いとされており、30分以上眠ると体が休眠状態に移行してしまうため、起きるのに苦労することになります。

寝過ごさずに短時間で起きるためには、目覚まし時計や携帯のアラームをセットしておくと良いでしょう。

音だけの設定だと、切って二度寝をしてしまう人もいると思うので、スヌーズ機能をONにしたり、振動モードにしておいてポケットに入れておくなどの工夫が必要です。

また、携帯を自分から少し離れた場所に置き、体を動かさないと取れないようにしておくと、よりスムーズに起きやすくなります。

寝る前にカフェインをとる

仮眠をとる前に、コーヒーなどでカフェインを摂取しておくと、よりスムーズに起きやすくなります。

カフェインは、摂取後15分から20分後くらいから血中濃度が上がり始めます。

眠る前に摂取すれば、ちょうど目が覚める頃にカフェインの覚醒作用が効いてくるため、すっきりと目覚められるとともに、その後の作業への集中力もアップします。

コーヒーには勉強能力を向上させる効果があることがわかっていますので、勉強の合間に仮眠をとる方には特にオススメの方法です。

【関連記事】

コーヒーの持つ勉強能力向上効果とは?集中力や記憶に作用する飲み方

寝起きの行動

たとえ一度起きたとしても、眠気に負けて再び突っ伏してしまえば、あっという間に夢の中へ逆戻りです。

目を覚ました後は、その場でボーッとしたりせず、顔を洗いに行ったり、トイレに行くなど、とにかく動いて頭を覚醒させることが重要です。

カーテンを開けて日の光を浴びたり、ストレッチをしたりして、眠気を振り払うようにしましょう。

できれば仮眠をとる前に、起きた時にやる行動をあらかじめ決めておきたいところです。

眠らないという選択肢

どうしても寝過ごしてしまうのが怖い場合は、眠る以外の手段で回復をはかるのも一つの手です。

たとえ睡眠状態に入らなくても、数分間目をつむっているだけで脳は回復することがわかっています。

寝過ごすと時間的にまずい時などは、寝落ちしないように気をつけながら、目を瞑って脳を回復させると良いでしょう。

この方法は、仕事中や会議中などに抜け出してトイレの個室で行うなど、隙間時間での脳の回復にも活用できます。

ただし、行う場合にはくれぐれも眠ってしまわないように気をつけましょう。

まとめ

激しい睡魔に襲われたときにとる仮眠は、本当に心地よく、私も何度か寝過ごしてしまったことがあります。

しかし、仮眠で寝過ごしてしまうと夜眠れなくなって、翌日も眠気に悩まされるという悪循環に陥ってしまいます。

あくまでも、コンディションを整え能率を上げることが目的なので、きちんと起きられる環境を整え、シャキっと目覚められるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

方向音痴の原因・治し方は?克服するための道の覚え方や目印の工夫

地図を読むのが苦手だったり、自分の現在位置がすぐわからなくなる人は、よく「方向音痴」と呼ばれます。知

記事を読む

テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊される!?【初耳学】

6月19日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊

記事を読む

缶詰の賞味期限切れは食べても大丈夫なのか?いつまでならOK?

長期保存がきくので、普段の食事としても使えるほか、いざというときのための保存食としても活用できる缶詰

記事を読む

三越のライオン像が太平洋戦争で海軍に?終戦時は神社にいた

3月20日に放送される「林先生が驚く初耳学!」の中で、ロザンの宇治原史規が、三越のライオン像に関する

記事を読む

【初耳学】輪ゴムを耳にかけるだけで小顔効果・肩こり解消効果も

10月9日に放送された「林先生が驚く初耳学!」の中で、「輪ゴムで小顔になる方法」が取り上げられていま

記事を読む

桔梗信玄餅と武田信玄は実は無関係!?信玄餅には2種類ある?

3月12日に放送される「ジョブチューン」では、全国の大人気おみやげのヒミツについて放送されます。番組

記事を読む

蚊に刺されやすい人の特徴・原因は?血液型や体質との関係および対策

夏の暑い時期になると避けては通れないのが、「蚊」による虫指されの被害ですよね。寝ている時にプ~ンと

記事を読む

【金スマ】自律神経の乱れを整える方法・現代病やストレスの軽減【4月22日】

4月22日に放送された「金スマ」の中で、自律神経が体に及ぼす影響と、自律神経の整え方が取り上げられて

記事を読む

治安 コンビニ

街の治安はコンビニの本棚とトイレでわかる?客層がわかるポイント

街のいたるところに存在し、いまや私達の生活になくてはならないのが「コンビニ」です。普段何気なく足を運

記事を読む

握力&腕力強化の方法【雑巾絞り・ペットボトル・グリップ】

「最近、ペットボトルの蓋が開けにくくなった」なんてことはありませんか?それは前腕の筋力が、低下してい

記事を読む

PAGE TOP ↑