*

タウリン3000mgは効果が高いのか?栄養ドリンク活用のポイント

栄養ドリンク
疲れた時に栄養ドリンクを飲む方は多いと思いますが、「タウリン3000mg」などの表示をどの程度気にしていますか?

タウリンという言葉はCMなどでよく聞きますが、私たちの身体にどう作用するのかイマイチわかりにくいのではないでしょうか。

数字が大きいと、それだけパワーがつきそうなイメージがありますが、本当にそうなのか気になりますよね。

今回は、そんなタウリンの効果や、栄養ドリンクの選び方などについて探ってみたいと思います。

スポンサードリンク



タウリンとは

そもそも「タウリン」という栄養素とは何なのでしょうか?

タウリンは別名「アミノエチルスルホン酸」といい、タンパク質が分解される過程で生成される、アミノ酸によく似た物質です。

我々の人間の体内では、体重のおよそ0.1%ほどがタウリンだと言われています。

タウリンは、心臓、筋肉、肝臓、腎臓、肺など様々な臓器や体組織に広く分布しており、生命活動を維持するために必要不可欠な栄養素です。

タウリンの持つ役割として「ホメオスタシス(生体恒常性)」という効果があります。

ホメオスタシスとは、私たちの身体の様々な機能を正常な状態に戻し、健康を維持しようとする働きのことです。

タウリンは、血圧やコレステロール、消化液やインスリンの分泌などを毎日コントロールしてくれているのです。

栄養ドリンクのせいか、とっさの時のエネルギー源のようなイメージがありますが、実際には毎日私たちの体を支えているとても大切な栄養素なのです。

タウリンの効果

コレステロールの抑制

タウリンには、胆汁酸の分泌を促す効果があります。

胆汁酸にはコレステロールを排出する働きがあるため、血液中のコレステロール値を下げることにつながります。

アルコール分解の補助

体内に入ったアルコールは肝臓で分解されますが、いわゆる解毒作業であるため、アルコールの分解は肝臓には大きな負担となります。

タウリンは、酵素の働きによってアルコールの分解を補助し、肝臓への負担を減らしてくれます。

インスリンの分泌を促す

タウリンには、インスリンの分泌を促進させる効果があります。

インスリンが多く分泌されることで、血糖値を下げることができます。

血圧のコントロール

タウリンには、ノルアドレナリンの分泌を抑制する働きがあります。

これにより、交感神経の緊張を緩めることで血管の収縮を抑え、血圧を正常値に戻す働きがあります。

疲労回復につながる

タウリン自体には疲労の回復効果はありませんが、摂取することで体の様々な部位に作用して、体の機能を正常に整えてくれます。

人間は肝臓が弱ってくると、身体の調子が悪くなってきます。

タウリンは、肝臓の機能を正常に戻す働きが強いため、これが疲労感を回復させてくれる効果に繋がっていると考えられます。

タウリンの摂取量

普通の食事で摂取できるタウリンの量は、およそ50~250mg程度と言われています。

タウリンは、魚介類に多く含まれており、タコやイカ・貝類などの含有量が特に高めとなっています。

しかし、それ以外の食材にはあまり含まれていないため、魚介類を積極的に食べるようにしないと、なかなか効率的に摂れる栄養素ではありません。

イカやタコをたくさん食べれば多めに摂取できますが、食事が偏りますし、コレステロールの摂り過ぎになる危険性があります。

通常の食事でタウリンが不足することはまずないため、それほど気にする必要はありませんが、肝臓の機能が弱っていたり、食事が偏りがちな人は、意識して補給する必要があります。

食事では摂取しにくいため、栄養ドリンクやサプリを使ったほうが効率的と言えるでしょう。

また、タウリンの効果をしっかり発揮させるためには、およそ3000mg以上が必要と言われています。

疲労が溜まっていたり、お酒の飲みすぎで肝臓を酷使している場合には、タウリンを多めに補給したほうが良いかもしれません。

副作用はあるのか?

タウリンは、たとえ摂り過ぎてしまったとしても、余分な量はそのまま体の外へ排出されます。

そのため、過剰摂取や副作用に関しては、それほど神経質になる必要はありません。

むしろ気をつけなければならないのは、栄養ドリンクなどに含まれている「糖分」や「カフェイン」のほうです。

糖分の摂り過ぎは糖尿病の危険がありますし、カフェインを摂り過ぎると中毒症状を起こすことがあります。

いくら疲れているからといっても、栄養ドリンクをがぶ飲みしたりしないようにしてください。

栄養ドリンクの選び方

タウリンは、食事では摂取しにくい栄養素ですが、よほど偏った食事をしていない限り、不足することはまずありません。

しかし、極度の疲労状態であったり、体力を著しく消耗した場合には、栄養ドリンクによる補給を視野に入れても良いでしょう。

栄養ドリンクに含まれているタウリンは、最大でも3000mgとなっています。

余分なタウリンは体外へ排出されますし、糖分やカフェイン量を摂り過ぎないようにするならば、タウリンの含有量が多めの栄養ドリンクを選択して飲んだ方が効果的といえます。

1000mgのものを何回も飲むよりも、3000mgのタウリンを1回で補給したほうが、過剰摂取の面からみても、健康には良いということですね。

まとめ

私も仕事で忙しいときには、結構な頻度で飲んでいましたが、糖分についてはあまり考えていませんでした。

成分表をよく読み、糖分過多にならないようなものを選ぶか、糖分が心配な場合はサプリメントを使うのもひとつの手です。

普段からタウリンを意識して生活するようにすれば、疲れにくく活力のある毎日を送ることができると思います。

スポンサードリンク

関連記事

卵白 マヨネーズ

マヨネーズ工場で余った卵白は何に使われる?キューピー式活用法

5月3日に放送される「ありえへん世界」の「大の大人が答えられないと恥ずかしい新常識」のコーナーの中で

記事を読む

スムージー1

スムージーを朝飲むと老ける原因になる!?その理由とは?

2月28日にオンエアされる「林先生が驚く 初耳学!」の中で、「スムージーを朝飲むと老ける」という内容

記事を読む

20130218_oyster_0541_w800

【初耳学】美味しい料理の共通点・ラフランスの絶滅・牡蠣【10月23日】

10月23日に放送された「林先生が驚く初耳学!」では、「食の賢人スペシャル」として、料理に関する初耳

記事を読む

pak86_yudetamago15183128_tp_v

【ハナタカ優越館】ストローの溝・塩味ゆで卵の作り方・日焼け止めクリーム【11月3日】

11月3日に放送された「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」の中で、「

記事を読む

fish_sake_kirimi

【この差って何ですか?】秋鮭&銀鮭&紅鮭の差・紅葉する木としない木【11月1日】

11月1日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「秋鮭・銀鮭・紅鮭の差」「紅葉する木としない木

記事を読む

animal-1388777_640

【ハナタカ優越館】目玉焼き2つ・大根おろし・猫の警戒心【9月4日】

9月4日に放送された「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」の中で、「知

記事を読む

cube-635353_640

サイコロの一番出やすい目とその理由 & 5万円するサイコロ

4月22日に放送される「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」の中で、「サイコロの一番出やす

記事を読む

gatag-00012037

【この差って何ですか?】長生きしている人の食事の差【10月18日】

10月18日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「100歳以上 元気に長生きしている人」の食

記事を読む

gatag-00008508

ソフトクリームの流行は力道山のおかげ?その意外な理由とは?

3月13日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、ソフトクリームと国民的プロレスラーである力道

記事を読む

elephant-114543_640

ゾウは見慣れぬものや硬いものを踏まない?イモトのスマホで検証

2月21日の「世界の果てまでイッテQ!」の中で、イモトさんが初上陸となるザンビアの地へ行くようです。

記事を読む

PAGE TOP ↑