*

インフルエンザワクチンが3価→4価へ|予防効果と価格はどう変わる?

公開日: : 最終更新日:2016/06/05 健康・身体

114
冬の時期に特に気をつけたいのが、インフルエンザです。

非常に重い症状と高い感染力は決して侮れず、重症化することもあるので、注意が必要です。

大人でも、かかると数日はダウンしてしまうので、できればワクチンで防いでおきたいところ。

抵抗力のない子供やお年寄りなら、尚更です。

さて、そんなインフルエンザワクチンですが、今年、大きな変更があったのをご存知でしょうか?

スポンサードリンク



ワクチンが平成27年度から3価→4価へ

今シーズン(2015-2016)から、インフルエンザワクチンは3価(3種混合)→4価(4種混合)に変更されました。

ワクチンが1種類追加されたということですね。

3価→A型2株+B型1株
4価→A株2株+B型2株

4価はB型ワクチンが1種類増えています。

毎年、インフルエンザワクチンを作る時には、そのシーズンで流行しそうなウイルス株を3種類選んでワクチンを作っていました。

しかし、近年の流行ではカバーしきれないということで、今シーズンから4種混合ワクチンが流通することになったのです。

これにより、A型・B型、どちらのインフルエンザが流行した場合でも、以前より高い予防効果が発揮されることが期待できます。

効果上昇・価格も上昇

今回のインフルエンザワクチンの変更に伴い、ワクチン接種の価格も上がります。

効果が上昇した分、製造コストも上がっていますので、仕方のない部分ではありますね。

どの程度の価格上昇になるかですが、以下のようなデータがあります。

東京都の調査では、大手卸4社の販売価格は大人1回分を1000円から1500円に値上げしていた。これに伴い、接種費用を500~1000円程度上げる医療機関が相次ぎ、65歳以上の高齢者を対象にした市町村の定期接種の費用助成額にも波及している。東京都世田谷区では、対象者の自己負担額を昨年度より300円高い2500円に引き上げた。


だいたい目安としては従来の1.5倍程度の価格になるようです。

ただ、医療機関によって価格にバラつきがあるため、具体的な値段は各医療機関へ問い合わせましょう。

ワクチンはいつ頃打てばいい?

infuruenza01_c_02
流行時期のピークは毎年異なりますが、最近は、早い時期(10~11月)から流行する場合も珍しくなくなってきているようです。

ワクチン接種後、抗体ができるまでに1~3週間はかかりますので、流行前に免疫を作りたい場合、できるだけ早めに受けておいたほうがよいでしょう。

なお、ワクチン効果の持続期間についてですが、抗体はゆっくりと減少しながら、約半年間持続します。

半年持続するとはいっても、抗体はゆっくり減少していますので、打ってから数ヶ月経過している場合、若干効き目が弱くなっている可能性があります。

受験などの重要なイベントが控えている方は、インフルエンザワクチンの効果が高くなるよう、医師と相談のうえ、接種の時期を調整するのもひとつの手です。

まとめ

ワクチンの価格上昇は気になりますが、インフルエンザの流行に対応しきれなくなってきている以上、ある程度はやむを得ないと思ったほうがよさそうです。

私も毎年ワクチンを打っていますが、それでもたまにかかってしまいますので、この感染力の高さは本当に脅威です。

しかし、ワクチンを打っているのといないのでは、症状の重さがまったく違い、陽性と診断されても、ほとんど症状が出ずにすんだこともあります。

自分への感染を防ぐためだけでなく、周囲の人への感染を防ぐためにも、早めにワクチンの接種を受けることをおすすめいたします。

スポンサードリンク

関連記事

sick_vaccine

ノロウイルスのワクチンや予防接種は開発・実用化されているのか?

冬になると決まって流行する、下痢や嘔吐を伴う病気、ノロウイルス&ロタウイルス。運悪くかかって

記事を読む

n825_mahura-girl_tp_v

【ソレダメ】冷え性チェック・肩甲骨のコリをほぐして血流改善【12月14日】

12月14日に放送された「ソレダメ!あなたの常識は非常識!?」の中で、「冷え性チェック」「冷え性を改

記事を読む

e1772cb6aac6cfeda16f80119cedbc90_s

【この差って何ですか?】素足と靴下の足先の温まり方の差 他【1月10日】

1月10日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「素足の時と靴下を履いた時の足先の温まり方の差

記事を読む

疲れ目

【この差って何ですか?】緑内障になりやすい人・おにぎりの素・IH鍋【6月12日】

6月12日に放送された「この差って何ですか?」の中で、緑内障になりやすい人について取り上げられていま

記事を読む

dokusyo_roujin

【この差って何ですか?】老眼になりやすい人となりにくい人の差【9月18日】

9月18日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「老眼になりやすい人となりにくい人の差」につい

記事を読む

gatag-00003375

【この差って何ですか?】唇が乾燥しやすい人としにくい人・携帯電話の声【11月1日】

11月1日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「唇が乾燥しやすい人としにくい人」「携帯電話の

記事を読む

medicine-415397_640

目薬の正しい差し方とは?目薬の効果を最大限引き出すための使い方

スマホやパソコンを使うのが当たり前になった現代では、目薬が手放せないと言う人も多いと思います。ただ、

記事を読む

d0094245_14462948

1日の塩分摂取量の目安・基準とは?食品ごとの塩分量と減らす工夫

日本人に最も多い成人病は高血圧です。高血圧になると脳卒中、心臓病、腎臓病になるリスクが高まるので、出

記事を読む

l_167

思考力の低下を防ぐには?疲れやストレスによる脳の疲労を改善する

最近物覚えが悪くなった、話をうまくまとめられない、要領が悪くなった・・・ということはありませんか?そ

記事を読む

jump-1634773_640

【ソレダメ】走る前の準備運動・エビの殻むき・さんまを丸めて焼く【11月9日】

11月9日に放送された「ソレダメ!あなたの常識は非常識!?」の中で、「走る前の正しい準備運動」「エビ

記事を読む

PAGE TOP ↑