*

【この差って何ですか?】噛む回数ダイエット・食パンの形【7月24日】

gatag-00011537
7月24日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「噛む回数のダイエット効果の差」「食パンの形状の差」について取り上げられていました。

「噛む回数を変えるだけでダイエット効果がある」というのは、特に女性の方には耳寄りな情報だと思います。

番組の中で解説されていた情報をまとめてみました。

スポンサードリンク



食事の時に噛んだ回数によるダイエット効果の差

food_kamu

食事をする際、よく噛むようにするとダイエットに効果があると言われています。

よく噛むことで脳からヒスタミンが分泌されるため、それが満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれるのです。

また、ノルアドレナリンというホルモンが体内に多く分泌されるようになり、脂肪が燃焼されやすくなるという効果もあります。

さらには、噛むことで唾液が多く出て、その中に消化酵素が入っているため、胃腸の負担が少なくお通じが良くなるという嬉しい効果も。

では、ひと口で何回程度噛めばダイエットに効果があるのでしょうか?

番組内では、噛む回数を10回・30回・50回に分け、一週間でどのぐらい体重に変化が現れるか検証していました。

<体重の変化>

10回:-0.2キロ
30回:-0.9キロ
50回:-1.5キロ

<体脂肪率の変化>

10回:+0.6%
30回:-1.0%
50回:-1.4%



上記の結果を見る限り、ダイエットに一番効果的なのはひと口あたり50回噛むこと、という結果になっていました。

ただし、50回がもっとも理想的な回数かというと、一概にはそう言い切れない部分があります。

小顔効果も加味した最適回数

番組内の検証では、被験者の顔の変化についても測定していました。

30回噛んでいた被験者の耳から顎までのラインを計測してみると、およそマイナス1.5センチという結果になっていました。

顔の筋肉は、8割が口周りについているため、よく噛むことで筋肉が動かされて、血流やリンパの流れが改善されてむくみが取れたと考えられます。

また、噛むことで多く唾液が分泌され、唾液の中には成長ホルモンがあるので、アンチエイジングの効果もあります。

逆に、もっともダイエット効果があった50回では、噛みすぎたことで顔の筋肉が張って顔が大きくなってしまっていました。

50回噛むということは、顔の筋肉を鍛えすぎてしまうというわけです。

ダイエット効果だけで見れば50回が良いのですが、いかんせん食事に時間がかかりすぎる点と、顎の鍛えすぎで顔が大きくなるリスクがあります。

ダイエット効果と小顔効果のバランスの取れた30回が、食事で心がけるべき理想的な数字だと言えるでしょう。

四角い食パンと山型の食パン

gahag-0073086014

食パンには、四角い形状のものと、上部が山型になった形状ものがありますが、この2つにはいったいどんな差があるのでしょうか?

まず、この形状の違いは、作る過程の中で生まれます。

同じ容器に入れていても、蓋をしたものは四角い食パンとなり、蓋をしないものは山型になります。

両者の違いは何かと言うと「食感」が違っています。

蓋をして作った四角い食パンは、水分の蒸発が少ないのでモチモチとした食感になります。

そのため、焼くよりもサンドイッチなどで使うのが適しています。

山型の食パンは蓋をしていない分、上に膨らんで水分が多く蒸発するので、表面にできる気泡が大きくなります。

表面の気泡が大きい分、熱が通りやすいのでトーストにするとカリッとした食感になるのです。

それぞれの食パンの性質を生かして、四角い食パンは「サンドイッチ」、山型の食パンは「トースト」と使い分けると、よりおいしく食べることができるでしょう。

まとめ

食事は必ず必要になるものなので、毎日の噛む回数を増やすことは、長い目で見ればかなりの差が生まれます。

アンチエイジング効果や成長ホルモンの増加など、良い効果がたくさんあるので、ぜひ意識して噛む回数を増やすことを心がけましょう。

噛みすぎると顎がマッチョになってしまうので、30回という回数をちゃんと守るようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

apple-926456_640

【この差って何ですか?】リンゴジュース・甘いみかんと普通のみかん【11月22日】

11月22日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「ストレートリンゴジュースと濃縮還元リンゴジ

記事を読む

eyecatch63

スプラウトの栄養素と驚きの効果とは?食べ方や栽培方法も紹介

「天然のサプリメント」といわれている、スプラウトをご存知ですか?スプラウトとは新芽のことで、発芽野菜

記事を読む

【林修の今でしょ講座】低気圧が引き起こす病気&対処法【5月31日】

5月31日に放送された「林修の今でしょ講座」の中で、低気圧が引き起こす病気について取り上げられていま

記事を読む

gatag-00003375

【この差って何ですか?】唇が乾燥しやすい人としにくい人・携帯電話の声【11月1日】

11月1日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「唇が乾燥しやすい人としにくい人」「携帯電話の

記事を読む

a0011_000290

毎日コーヒーを飲むことは健康に良いのか?効能や飲み方の注意点

仕事や勉強などで疲れた時に、ちょっとコーヒーを飲むと頭がスッキリしませんか?毎日、コーヒーを飲んでい

記事を読む

no image

梅宮アンナに若年性認知症の恐れ?どんな人がなりやすいのか?

2月8日の「主治医が見つかる診療所SP」の予告の中で、"超有名モデル43歳に若年性認知症の恐れ"とい

記事を読む

biyou_shimi

【林修の今でしょ講座】猛暑による肌ダメージのアフターケア【8月30日】

8月30日に放送された「林修の今でしょ講座」の中で、猛暑による肌ダメージのアフターケアについて取り上

記事を読む

l_167

思考力の低下を防ぐには?疲れやストレスによる脳の疲労を改善する

最近物覚えが悪くなった、話をうまくまとめられない、要領が悪くなった・・・ということはありませんか?そ

記事を読む

174

闇風呂で目の疲れを解消!実践時の注意点&効果とメカニズム

スマホやゲーム、パソコンなど、毎日かなり目を酷使している人は多いですよね。そんな目の疲れをスッキリほ

記事を読む

sick_vaccine

ノロウイルスのワクチンや予防接種は開発・実用化されているのか?

冬になると決まって流行する、下痢や嘔吐を伴う病気、ノロウイルス&ロタウイルス。運悪くかかって

記事を読む

PAGE TOP ↑