*

1日の塩分摂取量の目安・基準とは?食品ごとの塩分量と減らす工夫

公開日: : 最終更新日:2017/07/01 健康・身体

1日の塩分摂取量の目安・基準とは?

日本人に最も多い成人病は高血圧です。

高血圧になると脳卒中、心臓病、腎臓病になるリスクが高まるので、出来れば予防したい病気ですね。

高血圧の予防といえば、「塩分を控えること」と良く聞きますが、実際に1日にどのくらいの量まで塩分を取っていいのでしょうか?

スポンサーリンク



1日に摂取可能な塩分量について

1日に摂取可能な塩分の量は、いったいどのくらいなのでしょうか?

厚生労働省が定めた基準と、実際の摂取量は以下の通りです。

◆日本人の1日の塩分摂取基準量

男性:8.0g/日未満 女性:7.0g/日未満
(厚生労働省「食事摂取基準」より)

◆日本人の実際の塩分摂取量

男性:11.1g/日 女性:9.4g/日
(厚生労働省「平成25年国民健康・栄養調査結果概要」より)


実際は、摂取基準よりもかなり多くの塩分を取ってしまっているのです。

しかも、世界の塩分摂取基準は日本よりもさらに厳しくなっています。


◆WHO(世界保険機関)の基準

5.0g/日


また、高血圧や腎臓病を患っている方の摂取量は、さらに厳しい基準が定められています。


◆高血圧の治療を要する人

6.0g/日以下
(高血圧治療ガイドライン2014年版より)

◆腎臓疾患者の場合

3.0g~6.0g以内。
(厚生労働省 慢性腎臓病(CKD)PDF資料より)


どの基準値も実際の塩分摂取量よりも少なく、意識して塩分を取り過ぎないようにしなければ、基準を守るのは難しいと言っていいでしょう。

塩分早わかり第3版 [ 牧野直子 ]

 

塩分の多い食品は?

塩分の多い食品は?

では、どんな食品に塩分が多く含まれているのでしょうか?


100gあたりの食塩相当量

梅干し 22.1g

醤油(薄口) 16g

醤油(濃口) 14.5g

カップラーメン 6.9g

食パン 1.3g

ビーフジャーキー 4.8g

パルメザンチーズ 3.8g



思っている以上に、たくさんの食塩が含まれていますね。

醤油は濃口よりも薄口の方が塩分量が多い、というのは意外でした。



今度は逆に、食塩量が少ない食品を挙げてみましょう。


100gあたりの食塩相当量

ツナ缶(油漬) 0.9g

ツナ缶(水煮) 0.5g

たまご 0.3g

野菜類 0g~0.2g

ごはん(白米) 0g 

豆腐、油揚げなどの大豆製品 0g

肉類(生肉) 0g 



食材自体には塩分が少ないものでも、調理に使用する調味料には塩分が多いので注意が必要です。



塩分とナトリウムって同じもの?

食品のパッケージには成分表が書かれているものがありますが、「塩分」という表示ではなく、「ナトリウム」になっています。

塩分=ナトリウム?と思いがちですが、実はナトリウムは塩分の中の成分の一つです。

食塩の約40%が、ナトリウム量になります。

食塩相当量を出す計算式はナトリウム量(mg)×2.54÷1000。

例えば、昆布茶100gのナトリウム量は19000mgなので、計算式に当てはめると、

19000×2.54÷1000=48.26

なので昆布茶100gの食塩相当量は48.26gです。

ナトリウム表示の場合は、食塩相当量に換算する必要があることを忘れないようにしましょう。

塩分の摂取を減らす工夫とは?

塩分の排出効果がある栄養素

健康のために1日の塩分摂取基準量以下を目指すなら、減塩の調味料を使ったり、薄味にするなどの工夫が必要になります。

今まで濃い味に慣れていた人が、いきなり薄味にするのはなかなか難しいかもしれないので、無理せず徐々に調味料を加減していくことが大事です。

また、塩分を排出する効果のあるカリウムを含む食品を一緒に取るというのも有効な手段です。

カリウムを多く含む食品は、豚ヒレ、牛もも肉、いか、うなぎ、ほうれん草、昆布、アボカドなどです。

また、味噌に含まれる麹にも塩分を排出する働きがあるので、味噌汁を一緒に取るというのはとても良い効果があります。

醤油のつけすぎを防止するグッズ

日本人の食卓には欠かせない醤油ですが、ついついかけすぎてしまうという人は多いと思います。

そんな方におすすめなのが醤油スプレーというグッズです。


これを使用すると、醤油が霧状に噴射されて少量でも味が均一に食材に馴染むため、普通に醤油をかけるよりも少ない量でヘルシーに食事を楽しめるようになります。

普段、醤油をかけすぎてしまうという方は、是非一度お試しあれ。

※通常のスプレー容器に醤油を入れれば代用できそうな気もしますが、それだと醤油が固まって詰まってしまうそうです。

専用の容器であれば、そういった詰まりを防止する構造になっていますし、噴射される量も醤油用にきちんと調整されています。

seiei しょうゆ ちょいかけスプレー 17364

まとめ

日本人は、昔から醤油や味噌などの食塩系調味料を使用しているため、海外に比べて塩分摂取量が高めです。

厚生労働省の基準値が高めなのも、その辺りが考慮されているからでしょう。

和食が好きな方には、特に減塩は辛いですね。

とはいえ、高血圧は命に関わる病気を招く恐れがあるうえ、自覚症状がないため、普段から気をつけていないと、なかなか防ぐことができません。

健康な身体を維持して長く健やかに過ごすためには、日頃の食生活から見直していくことが重要です。

スポンサーリンク

関連記事

握力&腕力強化の方法【雑巾絞り・ペットボトル・グリップ】

「最近、ペットボトルの蓋が開けにくくなった」なんてことはありませんか?それは前腕の筋力が、低下してい

記事を読む

思考力の低下を防ぐには?疲れやストレスによる脳の疲労を改善する

最近物覚えが悪くなった、話をうまくまとめられない、要領が悪くなった・・・ということはありませんか?そ

記事を読む

寝るとき 扇風機

寝るときに扇風機をつけっぱなしにすると悪影響?正しい配置と使い方

夏になって気温が上昇してくると、夜の寝苦しさに悩まされることが多くなってきますよね。少しでも涼しく寝

記事を読む

自律神経 整える

【金スマ】自律神経の乱れを整える方法・現代病やストレスの軽減【4月22日】

4月22日に放送された「金スマ」の中で、自律神経が体に及ぼす影響と、自律神経の整え方が取り上げられて

記事を読む

ストレスでえづく原因と対処法

ストレスでえづく原因と対処法|吐き気は不安感やトラウマが引き金

強い不安に襲われた時や過度な緊張をした際に、吐き気に襲われてえずいてしまった経験がある方もいるのでは

記事を読む

長男長女は花粉症になりやすい体質

長男長女は花粉症になりやすい体質?統計から判明した遺伝傾向とは

春も近づいてきて「そろそろ花粉症の季節か‥‥」と憂鬱になる方は多いと思います。花粉症に悩む人の数は年

記事を読む

バランス感覚の鍛え方|自己診断の方法と体幹トレーニングの重要性

バランス感覚が年齢とともに衰えるということを、皆さんは知っていますか?例えば電車やバスに乗った時に、

記事を読む

白い血と食後高脂血症

白い血と食後高脂血症|健康診断では見抜きにくい動脈硬化の原因

最近、健康診断でも見抜くことが困難な食後高脂血症という症状が注目されています。健康診断で行う血液検査

記事を読む

ストレスはお菓子で解消できる?

ストレスはお菓子で解消できる?依存や中毒のリスクと正しい活用法

ストレスが溜まった時の解消法として、お菓子を食べる人は結構多いと思います。実際、甘いものはストレス解

記事を読む

自律神経の乱れが招く五月病

五月病は自律神経の乱れを治すのが重要|コントロール方法を知ろう

やる気が出ない、集中力が続かないなど、五月病の症状にお悩みではないでしょうか?ゴールデンウィーク明け

記事を読む

PAGE TOP ↑