*

【ハナタカ優越館】保険証で職業がわかる・医師や看護師の服の色【10月13日】

公開日: : 健康・身体, 知識・お役立ち

doctor-1149149_64010月13日に放送された「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」の中で、「医療機関・病院に関する知識」が取り上げられていました。

直接的に私たちの健康に寄与する知識ではありませんが、知っておくと病院などで「なぜそうなっているのか」がわかるような情報です。

番組で紹介されていた情報について、内容をまとめてみました。

スポンサードリンク



医療機関・病院でのハナタカ知識

保険証を見ればどんな職業かわかる

保険証の下のほうに記載されている「保険者番号」の欄を見れば、その人がどんな職業かわかるそうです。

保険者番号の左から2ケタは「職業」を表す数字になっています。

01:中小企業会社員
02:船員
06:大企業会社員
31:国家公務員
32:地方公務員など
33:警察
34:学校職員など

人体の不思議がわかる色の事実

医者は普段「白衣」を着てることが多いですが、手術などの際には「薄い緑の服」に着替えますよね。

あれは、手術着が白色だと手術が失敗してしまうからなのだそうです。

なぜ緑色でなければならないのかというと、それには人間の目の仕組みと「補色」が関係してきます。

補色とは、お互いを目立たせる効果の色の組み合わせのことで、人間の目は同じ色をずっと見続けていると「補色残像」という現象が起きます。

たとえば、緑は赤の補色であるので、ずっと血の色を見ていると手術中の医師の視覚が乱れて、ぼんやりと青緑の残像が見えるようになってしまいます。

白の手術着を着ていた場合、この補色残像による目の錯覚を防ぐことができないため、結果的に精度の低下を引き起こしたり、手元が狂う可能性が高くなってしまいます。

とにかく緻密な作業が要求される手術では、手元が見えなかったり集中が途切れてしまうことは、医療ミスにつながる危険性があります。

こういった危険性をなくすために、手術の際に医師が身に着ける服の色は、補色関係である緑や青にしてあるのです。

緑色は目の疲れを取る効果もあり、手術室の壁も青緑になっていることが多いそうです。

看護師の服の色の意味

昔は白色が多かった看護師の服ですが、最近ではピンクなどの医療機関も多くなってきています。

なぜ白以外の服が増えているのかというと、「患者さんの緊張を和らげるため」なのだそうです。

病院では医師や看護師は白衣を着ていることが多かったため、白衣を見ると緊張してしまい、検査の結果に影響が出てしまうケースがあります。

たとえば、家で測った時には正常な血圧の数値が出るのに対し、医療機関で測った際には緊張のせいで高めの血圧が出てしまうことがあります。

これを「白衣高血圧」といい、「白衣症候群」「ホワイトコート症候群」などとも呼ばれます。

「病院で白衣を見ると緊張しますか」というアンケートでは、「する」が4割、「しない」が6割と、意外と多くの人が緊張してしまうことがわかります。

異常がないのに、緊張したという理由だけで検査結果に影響が出るのは、医療機関からしても好ましいことではありません。

なので、患者の緊張を和らげるために、ピンクなどのパステルカラーの服が増えているというわけです。

病院の実力(女性の病気、子どもの病気) [ 読売新聞社 ]

 

まとめ

昔は「看護師=ナース=白衣」が当たり前でしたが、医療に関する常識もかなり様変わりしてきているみたいですね。

保険証で職業が分かるというネタは、知っておくとお得というよりも、職業で嘘をついても病院や知っている人の前では無意味だと覚えておいたほうがよいかもしれませんね。

スポンサードリンク

関連記事

20130218_oyster_0541_w800

【初耳学】美味しい料理の共通点・ラフランスの絶滅・牡蠣【10月23日】

10月23日に放送された「林先生が驚く初耳学!」では、「食の賢人スペシャル」として、料理に関する初耳

記事を読む

komuragaeri

【この差って何ですか?】足がよくつる人・むせやすい人【8月7日】

8月7日に放送されたで「この差って何ですか?」の中で、「足がよくつる人とつらない人の差」「食事中にむ

記事を読む

a0002_007510

寒暖差アレルギーの見分け方|具体的な症状と温度差への対策

風邪や花粉症、鼻炎でもないのに、なぜか鼻水が止まらずに、何度もくしゃみが出る‥‥こんな症状に悩まされ

記事を読む

iphone-393080_640

【世界一受けたい授業】マスク・SNS・買い物依存症【11月19日】

11月19日に放送された「世界一受けたい授業」の中では、"いろいろな依存症"について取り上げられてい

記事を読む

gatag-00000806

【この差って何ですか?】偏頭痛の原因・なりやすい人【10月18日】

10月18日に放送された「この差って何ですか?」の中で、「片頭痛になりやすい人」と「なりにくい人」の

記事を読む

img_8237isumi_tp_v

【ソレダメ】初詣に関する新常識・お賽銭・おみくじ・作法【12月14日】

12月14日に放送された「ソレダメ!あなたの常識は非常識!?」の中で、「初詣に関する新常識」という内

記事を読む

174

闇風呂で目の疲れを解消!実践時の注意点&効果とメカニズム

スマホやゲーム、パソコンなど、毎日かなり目を酷使している人は多いですよね。そんな目の疲れをスッキリほ

記事を読む

ai_img_7769_tp_v

【林修の今でしょ講座】入浴とダイエットの関係・肌荒れ注意【12月6日】

12月6日に放送された「林修の今でしょ講座」の中で、入浴とダイエット・肌荒れの関係について取り上げら

記事を読む

l_240

ピロリ菌の感染経路や感染ルートとは?感染率を上げないための注意点

日本人の2人に1人は感染していると言われている「ピロリ菌」。胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍の8割~9割

記事を読む

mukumi

こむら返りへの対処法と予防法|安眠のための生活習慣の改善とは

夜中、寝ている最中にふくらはぎがつってしまう「こむら返り」。激しい痛みで急に起こされてしまいますし、

記事を読む

PAGE TOP ↑