*

思考力の低下を防ぐには?疲れやストレスによる脳の疲労を改善する

公開日: : 最終更新日:2016/11/19 健康・身体

a0002_007915
最近物覚えが悪くなった、話をうまくまとめられない、要領が悪くなった・・・ということはありませんか?

それはもしかしたら、思考力の低下が原因かもしれません。

思考力は考える力です。

思考力が低下すると、考えがまとまらず集中力が無くなったり、仕事で何度もミスをしてしまったりと日常生活に支障が出てしまいます。

そんな思考力の低下はどんな原因で起こるのか、低下するのを防ぐにはどうしたら良いのかなどを調べてみました。

スポンサーリンク



思考力低下の原因とは

思考力低下にはさまざまな原因がありますが、代表的なものを挙げてみましょう。

ストレスによる脳の疲労、脳の酸素不足

動きすぎて身体に疲れが溜まると、身体がだるくなって動くのが辛くなりますよね。

それと同じように、脳も仕事や勉強などを頑張りすぎると疲れがたまり働きが鈍くなります。

また、脳にストレスが溜まることで、自律神経のバランスが崩れたり免疫力が落ちるといった症状が出ます。

その症状から身体の血流が滞ってしまい、脳へ血液が十分に届かない状態になり、脳が酸素不足を起こします。

脳が正常に働くためには十分な酸素が必要ですから、思考力が低下してしまうのです。

さらに、この症状がひどくなるとうつ病を発症することがあります。

寝不足や食生活の乱れ

寝不足や食生活の乱れは、自律神経の乱れの原因になります。

脳への酸素不足を引き起こしてしまうため、思考力が低下してしまいます。

パソコンやスマホのやりすぎ

思考力は考えることをすれば磨かれますが、あまり考えずに行動をしていると衰えてしまいます。

パソコンやスマートフォンは現代には無くてはならないもので、とても便利な道具です。

ですが、わからない漢字をすぐに変換で出してくれたり、簡単に検索して回答が得られるため、思考力を使うことが少なくなってしまいます。

これを繰り返すことで、思考力が低下するのです。

最近はパソコン・スマホ利用者の思考力低下が増えているため「デジタル認知症」と呼ばれています。

スマホ依存の親が子どもを壊す [ 諸富祥彦 ]

 

思考力の低下を防ぐ対策とは

-shared-img-thumb-C789_kangaerusarari-man_TP_V
では、思考力の低下を防ぎ、思考力を鍛えるにはどのような方法があるのでしょうか。

自分の脳で自分の力で考えること

思考力は考える力ですから、疑問に思ったことを考えたり探究したりすることで、思考力を鍛えることができるのです。

「なぜ?」と思ったことは、そのままにしないで、答えを見つける努力をするようにしてみると良いでしょう。

もし、考えるのが苦手だったり集中力がなかなか続かないという人は、自分の好きなことについて考えてみてください。

好きなことをしている時は、時間を忘れて集中してしまいますよね。

これは好きなことをすることで、脳内にドーパミンが分泌されるからです。

このドーパミンは、人に快感を感じさせるホルモンの一つです。

ですから、好きなことをしていると楽しくて、集中し時間を忘れて没頭してしまうのです。

ですが、仕事や勉強ではずっと好きなことばかりしているわけにはいきません。

あまり好きで無いことをしなければならない場合は、やり方を工夫したり、小さい目標を立てて達成感を作るなど、少しでも興味を持って取り組むことが出来るようにすると、集中してできると思います。

知っていること、調べたことなどを他者に発信する

自分が考えたり調べたことなどを人に説明したり、教えることは自分が記憶した内容を反復することになります。

反復することで、再度考えることになります。

さらに話し合ったり、ディベートすることで他者の考えを聞き理解し、自分の考えを発信するという複雑な思考を使うため、思考力の向上に繋がります。

適度な運動をする

20分程度の軽い運動をすることで、血流が良くなり脳に酸素が十分に届きます。

脳に酸素が行き届くことで脳の酸素不足を防ぎ、思考力がしっかりと働ける環境になります。

運動はウォーキングやストレッチ運動で十分です。

勉強や仕事の前に行うと、効果がUPすることが科学的に証明されています。

また、運動をすることでストレスの改善や新陳代謝UPの効果もあります。

睡眠や食生活の改善

睡眠不足と食生活の乱れは思考力低下の原因になるので、改善するだけで思考力の低下を防止することが出来ます。

睡眠は最低でも1日6時間、できれば8時間取ることが必要です。

食事はバランス良く食べることを心がけましょう。

忙しくてどうしても外食やテイクアウトに頼りがちになってしまう人には、サプリメントもお勧めです。

思考力改善のサプリとしてはDHA、イチョウ葉エキスなどがあります。

サプリは速攻性は無いですが、続けることで思考力の改善効果が期待できます。

また、脱水は血流を滞らせる原因になるので、水分は小まめに取ることが大事です。

水分を取る時に暖かい飲み物を飲むようにすると、身体も温まるので血流を促す効果が上がります。

ストレスを改善し、リラックスの効果のあるカモミールやテアニンなどのハーブティーはお勧めです。

PD イチョウ葉&DHA イチョウ葉 イチョウ葉エキス DHA ドコサヘキサエン酸 ホスファチジルセリン 集中 思考力 記憶力 元気 認知 アルツ 物忘れ バテ ボケ やる気 うっかり 活力 サラサラ オリヒロ 直販 サプリ サプリメント ダイエット 健康 健康食品 メーカー orihiro

 

まとめ

人にとって思考力は、とても大切な能力の一つです。

知らず知らずのうちに思考力が低下していると、肝心な時に頭が回らない、言葉が出てこない、という状況になりかねません。

身体と一緒で、脳も定期的なメンテナンスが必要です。

生活習慣を見直し、思考力を低下させないように心がけたいものですね。

スポンサーリンク

関連記事

寝るときに加湿器はつけるべき?|就寝時の乾燥対策と使い方の注意

寒い時期になってくると、やはり気になるのは「部屋の乾燥」です。暖房をつけるとどうしても部屋が乾燥して

記事を読む

【金スマ】自律神経の乱れを整える方法・現代病やストレスの軽減【4月22日】

4月22日に放送された「金スマ」の中で、自律神経が体に及ぼす影響と、自律神経の整え方が取り上げられて

記事を読む

タウリン3000mgは効果が高いのか?栄養ドリンク活用のポイント

疲れた時に栄養ドリンクを飲む方は多いと思いますが、「タウリン3000mg」などの表示をどの程度気にし

記事を読む

握力&腕力強化の方法【雑巾絞り・ペットボトル・グリップ】

「最近、ペットボトルの蓋が開けにくくなった」なんてことはありませんか?それは前腕の筋力が、低下してい

記事を読む

ため息の原因とメリット&デメリット|意外な健康効果と周囲への影響

あなたは「ため息」と聞いて、どんなイメージを抱きますか?何かとストレスの多い現代社会では、"つい、た

記事を読む

仮眠から起きれない場合の対策|二度寝・寝過ごしを防止するには

勉強しているときや仕事の最中など、どうしても眠気に耐えられないということはよくありますよね。作業がは

記事を読む

足を組んで座ると顔がでかくなる?足を組むことで生じる歪みとは

5月15日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、「足を組んで座ると顔がデカくなる」という内容

記事を読む

テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊される!?【初耳学】

6月19日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、テレビを見ながらSNSをやると脳の機能が破壊

記事を読む

無水カフェインの副作用・摂取の注意点|過剰摂取や中毒を避けるには

栄養ドリンクなどの成分表に書かれている「無水カフェイン」。無水とついていますが、コーヒーなどに入って

記事を読む

長男長女は花粉症になりやすい体質?統計から判明した遺伝傾向とは

春も近づいてきて「そろそろ花粉症の季節か‥‥」と憂鬱になる方は多いと思います。花粉症に悩む人の数は年

記事を読む

PAGE TOP ↑