*

サイコロの一番出やすい目とその理由 & 5万円するサイコロ

公開日: : 最終更新日:2018/12/17 知識・お役立ち

サイコロ 一番出やすい目

4月22日に放送される「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」の中で、「サイコロの一番出やすい目」について取り上げられるようです。

サイコロの目はすべて1/6の確率で出現すると思っていましたが、果たして出やすい目なんてあるのでしょうか?

いったいどういうことなのか、探ってみたいと思います。

スポンサーリンク



確率の偏り

すごろくなどの卓上遊戯で使われる6面体のサイコロ。

数学などの確率の問題では、どの面が出る確率も等しく「6分の1」だとされていますよね。

しかし、一般的に売られているサイコロの場合、出目の確率にわずかですが偏りがあります。

では、サイコロの目の中で、もっとも出やすいと考えられる数字は何なのか?

答えは「5」です。

なぜ5が出やすいのか?

市販のサイコロの場合、まず六面体を作り、その後に各面に数字を彫って作ります。

数字が大きくなるほど、彫って削られる部分が多くなるため、それぞれの面は重さが微妙に異なり、それにより重心に若干のズレが生じます。

市販のサイコロの大部分は、1の面の目が大きめに彫られていることを考慮すると、1,5,6の面は比較的軽く、2,3,4の面は多少重いということになります。

実際に8ミリ四方のサイコロでそれぞれのくぼみがどれだけ彫られているか計算したところ、1は8.9mg、2は2.1mg、3は3.5mg、4は3.8mg、5は8.4mg、6は7.9mgでした。

出典:トリビアの泉で沐浴

上記の数値を見ると、意外なことに、6の面よりも1と5の面のほうが彫られた量が多く、その分軽くなっています。

軽い面のほうが上になりやすい傾向がありますが、出やすさを考える場合には、単純に面の軽さだけでなく、裏面の重さも加味して考える必要があります。

サイコロは1⇔6、2⇔5、3⇔4がそれぞれ対面になっていますが、注目すべきは表と裏の重さの差です。

1と6の差は0.3mg、2と5の差は6.3mg、3と4の差は1.0mgとなっており、2と5の差がもっとも大きくなっています。

軽い面と重い面が表裏になっている場合、その重さの差がひらいているほど、重い面が下に、軽い面が上になりやすくなります。

単純に面の軽さでいえば、5よりも1の面のほうが軽いのですが、1の裏面である6の面も比較的軽い面なので、2と5に比べると重さによる差は小さくなります。

よって、サイコロを振った場合にもっとも出やすいのは、軽い面であり、且つ裏面がもっとも重い面である「5」ということになります。

差は微々たる物

サイコロ 確率

とはいえ、確率の差は極々小さなものであり、少ない試行回数ではほとんど差は出ないと考えていいでしょう。

サイコロの場合、投げ方や床の材質など他の要素も絡んできますし、まったく同じ条件下で、数十万・数百万回振って、やっと差がでるかどうかというレベルの話です。

ちなみに、市販のサイコロを使った場合に5が出る確率は、およそ16.72%と言われています。

スポンサーリンク



5万円の高精度サイコロ

5が出やすいというのは、市販のサイコロの場合であり、彫る部分の重さの差をなくすことができれば、確率の偏りを減らすことが可能です。

カジノで使われるダイスなどは、目を彫った後、素材と同じ比重の塗料を埋め込むことで差をなくしたものを使用します。これをプレシジョン・ダイス(精密ダイス)と呼びます。

プレシジョン・ダイス
プレシジョン・ダイス

出典:アンツル

また、目を彫るのではなく塗装のみで形成すれば、重心のズレを防ぐことができます。

なお、技術力をフルに使い、極限まで理論値に近づけたダイスも存在しますが、そのお値段はなんと5万円over!!

所さんのそこんトコロで紹介された <入曽精密> 純国産商品 最終進化形「世界最速のサイコロ~完全版」 RTW-01 世界一フェアなサイコロ

新品価格
¥51,300から
(2018/11/8 17:22時点)


こんな高いサイコロを買ったとしても、そんな精密性が役に立つ場面はあるのでしょうか‥‥

まぁ、メーカーが全力で確率に挑戦したというロマンの証みたいなものでしょうね。

スポンサーリンク



まとめ

たとえ知っていたとしても、体感できるような差を感じることはおそらくないでしょう。

限りなく近いものはできても、完全なものを作るのはまず不可能と言われている乱数や真球などと同じく、完全な確率のサイコロもまた夢の世界の話なのかもしれません。

たとえ数字上では1/6であっても、現実は数字みたいに上手くいかないということですね。

関連記事

船の底の色が赤い理由

船の底の色が赤い理由は何?塗料の亜酸化銅の重要性【初耳学】

3月13日に放送される「林先生が驚く 初耳学!」の中で、藤原竜也さんが船の底の色に関する問題を出され

記事を読む

加湿器がなくても部屋の湿度を上げる方法|快適な湿度はどのくらい?

冬の寒い時期に気をつけなければならないのが、部屋の湿度です。部屋が乾燥していると、肌がカサカサしたり

記事を読む

扇風機 窓の外に向ける

扇風機を窓の外に向ける換気法|涼しい外気と室内の熱気の入れ替え

「扇風機を窓の外に向けておくと部屋が涼しくなる」という話を聞いたことはないでしょうか?これは、扇風機

記事を読む

効率の良い暗記法と記憶のテクニック|睡眠・栄養・BGMも大切な要素

みなさんは「暗記」は得意ですか?学校の期末テストや受験ではほぼ必須ですし、社会人になっても、仕事や資

記事を読む

こたつ 焦げ臭い

こたつが焦げ臭い場合の原因と対処法|コードの扱いと埃掃除の重要性

寒い冬の季節、暖かいこたつにもぐりこむ瞬間というのは何とも気持ちが良いものです。しかし、もしこたつの

記事を読む

扇風機 電気代 1時間 24時間

扇風機の1時間・1日(24時間)の電気代を比較|弱と強での電気料金の違い

夏も本番になり、じりじりと気温が上がってくると、扇風機が欠かせなくなってきますね。シーズン中はつけっ

記事を読む

加湿器 カルシウム

加湿器のカルシウム汚れを掃除する方法|クエン酸で白い塊を落とそう

寒い季節になってくると、何日も連続で加湿器を稼動し続けることが多くなってきますよね。ただ、あまり加湿

記事を読む

扇風機 寿命 耐用年数

扇風機の寿命や耐用年数はどのくらい?長期運用のリスクと注意点

夏の暑さを乗り切るためには、扇風機が欠かせませんよね。しかしこの扇風機、夏の時期以外にはあまり出番が

記事を読む

扇風機 サーキュレーター 違い

サーキュレーターと扇風機の違い|特徴を知って上手く使い分けよう

夏の暑い時期を乗り切るために欠かせない家電といえば「扇風機」ですよね。そんな扇風機と同じく、風を起こ

記事を読む

扇風機 サーキュレーター 電気代

扇風機とサーキュレーターの電気代比較|節電を考えて導入するには

夏の暑い時期になると、扇風機のありがたみが身に染みますよね。とはいえ、毎日お世話になるものだからこそ

記事を読む

PAGE TOP ↑