*

こたつをしまう時期はいつが良い?タイミングの見極めと寒さ対策

公開日: : 最終更新日:2019/10/03 知識・お役立ち

こたつ しまう 時期

冬の寒い時期を支えてくれる暖房器具といえばこたつです。

春を過ぎて暖かくなってくればその役目も終わり、次の冬の時期に備えてしまっておく必要が出てきます。

しかし、気温が中途半端だったりすると、片付けてしまっても大丈夫なのか迷ってしまうこともあるでしょう。

こたつをしまう時期はいつが良いのか、その見極め方について知っておきましょう。

スポンサーリンク



こたつをしまう時期はいつがいい?

こたつをしまう時期はいつがいい?

一般的にこたつをしまう時期はいつか

こたつをいつまで出しておくかについては、特に決まりがあるわけではないため、各家庭によっていろんなパターンがあると思います。

おそらくもっとも一般的なのは、4月中旬~ゴールデンウィーク手前あたりまでの期間でしょう。

地域にもよりますが、4月は日によってはまだ冷え込むことがあるため、念のために残しておく人も多いです。

しかし、4月後半から5月のGW手前あたりはだいぶ気温が上昇し、ともすれば暑いと感じる日も出てくるので、この辺りで片付けを始める人がぐっと増えてきます。

東京を例に出すと、4月の平均気温は13.5℃なのに対して、5月の平均気温は18.2℃と大幅に高くなります。

体感的に「もういらないかな?」と思ってから片付けたとしても、だいたいこの期間内ぐらいに落ち着くことが多いでしょう。

なお、雪が多くて寒い地域の場合には、5月になっても平均気温が12~13℃とかなり低いため、6月あたりまでは出しておいても問題ないでしょう。

片付けた後に来る寒さへの対策

こたつをしまう際に心配になるのは、やはり急に気温が下がった時の対応です。

年によっては、ゴールデンウィーク以降でも気温が急降下したり、梅雨時期に寒い思いをする場合があるため、こたつを片付けるのをためらってしまうこともあるでしょう。

片付けるかどうかで迷う場合には、以下の2つの方法から自分に適しているほうを選ぶといいでしょう。

こたつ以外の暖房で対応する

まず1つ目は、こたつを片付けたうえで、急な寒さはこたつ以外の暖房器具によって耐えるという方法です。

こたつは暖房器具として非常に優秀なため、人によっては他の暖房器具では寒くて辛いという意見もあるでしょう。

しかし、5~6月あたりの気温の低い日は、真冬の寒さに比べればそれほど厳しくはありません。

あまりにひどい大寒波が来た時や、極寒地の場合は別ですが、たまに来る寒さ程度であれば無理にこたつを使用せずとも、しっかりと服を着込んだり、他の暖房器具の使用で十分対応できることも多いです。

自分の所持している防寒着や暖房器具を踏まえ、こたつを片付けても大丈夫かどうかを判断しましょう。

なお、どうしても寒すぎて辛い場合には、こたつを再び引っ張り出せばいいだけなので、そこまで深刻に悩む必要はありません。

こたつをあえて片付けない

2つ目は、開き直ってこたつが完全に不要になるまで出しっぱなしにしておく方法です。

こたつを片付けるのが遅くなるというデメリットはありますが、たとえ急な大寒波が来たとしても難なく対応することができます。

寒いのが苦手な方や、冷え性などで寒い日はこたつがないとダメという方は、こちらの方法がおすすめです。

梅雨明け以降は気温が急上昇してくるため、その頃になったらすみやかにこたつを片付けましょう。

スポンサーリンク



梅雨までこたつを出す時の注意点

梅雨までこたつを出す時の注意点

こたつはダニが繁殖しやすい

こたつを梅雨の時期まで片付けない場合、注意しなければならないのがダニの繁殖です。

春以降、空気中の湿度は緩やかに上昇していきますが、それがピークとなる梅雨の時期は、もっともダニが繁殖しやすい季節です。

こたつはその構造上、中に湿気がこもりやすいため、梅雨のこたつはダニにとって非常に住みやすい環境となってしまいます。

梅雨はもともと布団のダニに悩まされる季節ですが、こたつでの同様の悩みが発生する可能性があるのです。

また、こたつはダニだけでなくカビが繁殖してしまうこともあります。

寒さ対策を優先してこたつを片付けない場合には、こういったリスクがあることを踏まえ、冬以上にしっかりとこたつの手入れを行う必要があることを覚えておきましょう。

特にアレルギー疾患や喘息持ちの方は、梅雨の時期のこたつ使用については熟慮したほうがいいでしょう。

まとめ

こたつをしまう時期というのは、その年の気温状況や寒さはもちろんのこと、個人の考え方や戦略によっても変わってきます。

暖かくなったらさっさとしまうのも良いですし、リスクを承知でギリギリまで片付けないのもひとつの戦略です。

気温などの推移を見ながら、自分にあった片付けタイミングを見出しましょう。

【関連記事】


加湿器はいつからいつまで使うもの?時期や湿度の目安を知っておこう

加湿器を夏に活用する知恵|夏バテ&体力低下による夏風邪の予防法

スポンサーリンク




関連記事

加湿器 寒い

加湿器が寒いと感じる場合の対処法|体感温度を下げるタイプに要注意

冬になると部屋が乾燥するため、暖房と併用して加湿器を使用しているご家庭は多いことでしょう。しかし、せ

記事を読む

加湿器 結露

加湿器で結露が発生する場合の対策|湿度が高すぎる以外にも原因あり

風邪やインフルエンザの予防に効果的な加湿器ですが、使用すると窓や壁などに結露が発生して困ってしまうこ

記事を読む

こたつ 消し忘れ

こたつの消し忘れを防止するには?事故防止と電気代節約に役立つ方法

冬の寒い時期を乗り越えるのに、心強い味方となってくれるのがこたつです。真冬には毎日入れっぱなしになる

記事を読む

夏の自販機のホット&常温事情とは

夏の自動販売機でホットが売られていない理由&常温ドリンクの需要

夏シーズン中の自動販売機のラインナップは、ほとんどが「つめた~い」ばかりとなって、「あったか~い」は

記事を読む

扇風機 ひらひら 吹き流し

扇風機のひらひら・吹き流しの意味とは?可視化によるメリットと活用法

電気屋さんに展示されている扇風機には、ひらひらした紙が付けられていることが多いです。紙が風に合わせて

記事を読む

加湿器 枕元

加湿器を枕元に置いても大丈夫?寝室での風邪予防に効果的な設置場所

風邪の予防に加湿器を使用する場合、やはり長時間過ごすことになる寝室に置いておく方が多いのではないでし

記事を読む

寝るとき 加湿器

寝るときに加湿器はつけるべき?|就寝時の乾燥対策と使い方の注意

寒い時期になってくると、やはり気になるのは「部屋の乾燥」です。暖房をつけるとどうしても部屋が乾燥して

記事を読む

夜中 掃除機

夜中の掃除機は何時までがマナー?近所迷惑にならずに掃除する方法とは

仕事が忙しくて毎日帰宅するのが遅いと、深夜にしか部屋を掃除できないことがあります。しかし、夜は近所迷

記事を読む

エイプリルフール 午後に嘘ついたら

エイプリルフールの午後に嘘をついたらどうなる?午前中ルールの元ネタ

1年に1日だけ、嘘をついても許されるエイプリルフール。嘘をつく時のルールは色々ありますが、その中に「

記事を読む

秒針 止まって見える クロノスタシス

秒針が止まって見える現象「クロノスタシス」とは|目と脳の錯覚

ふと時計を見たとき「あれ、今秒針が一瞬止まってなかった?」と感じたことはないでしょうか?自分だけ?と

記事を読む

PAGE TOP ↑