*

教科書にアンダーラインを引くと成績が伸びない?物語・流れで記憶する

公開日: : 最終更新日:2020/02/06 知識・お役立ち

教科書 アンダーライン

5月8日に放送される「林先生が驚く初耳学!」の中で、「教科書にアンダーラインを引くと成績が伸びない」という内容が取り上げられるようです。

この初耳学の出題者は、ロザンの宇治原さんです。

なぜ教科書にアンダーラインを引くと成績が伸びなくなるのか、その理由について探ってみました。

重要なのは全部?

調べてみたところ、教科書にアンダーラインを引かないのは、ロザン宇治原さんが実際に実践してきた方法であり、彼の持論なのだそうです。

相方である菅広文さんの著書『京大芸人』の中でも語られているそうですが、宇治原さんは、勉強するコツは「物語のように教科書を読むこと」だと言っています。

ストーリーを細切れにするのではなく、普通の本を読むように教科書を通して読めば、アンダーラインなしでも内容を覚えることができるそうです。

教科書に線を引くという行為は、本来重要なところを強調するための行為なのですが、全部を物語として読んでいる宇治原さんからすると「重要じゃないところってどこやねん?」という話になってしまうのだとか。

ラインを引くのは大抵、人物名や事件名だと思いますが、重要なのはそれらではなく、前後の繋がりや流れです。

小説を楽しむように全体を流れで追っていけば、人物同士の繋がりや事件に繋がる動機なども自然と結びつくため、一部の内容を単発で暗記するよりも、格段に記憶に残りやすくなります。

逆にアンダーラインを引いてしまうと、まるでその部分だけが大事であり、そこだけ覚えれば大丈夫だ、というような錯覚を引き起こしてしまいます。

こうなると、全体を把握することなく、線を引いた場所だけの暗記のみに集中することになり、情報が頭の中で結びつかないため、記憶が定着しにくくなってしまいます。

記憶にとどめるためには、内容を点で把握するのではなく、線で結びつけることが重要なので、情報を勝手に点にしてしまうアンダーラインは引くべきではないというわけなのです。

楽しんで覚えるのが理想

勉強とは「面白いと思ったもん勝ち」というところがあり、自分が面白いと思って読んだり見たりしたものは、特に意識しなくても勝手に覚えてしまうものです。

受験対策として考えるならば、最終的には問題を解いたりしなければなりませんが、まったく面白く感じないものを断片的に覚えるのはとても非効率です。

「どれだけ内容を面白いと思えるか」が、結果に直結する、と宇治原さんは言います。

スポンサーリンク



いろいろと試すのも重要

アンダーラインを引くという行為は、それ自体が目的になってしまっていると意味がありません。

ラインを引くことで、実際には全く頭に入っていないのに、「覚えた気」になってしまうという人がとても多いのです。

また、ラインを引くとごちゃごちゃして読みにくくなるため、全体を読んで把握しようとした場合に、視覚的な妨げになってしまいます。

そもそも教科書は要点をまとめて書いてあるので、さらにそこから要点を絞る意味があるのか?という意見もあります。

正直なところ、勉強法については人によって向き不向きがありますので、アンダーラインを引いたほうが良いという人も中にはいると思います。

しかし、特に何も考えずにラインを引いている人がほとんどで、大抵の人はその方法が自分に合っているかどうかなど、特に考えずに実践していることが多いのではないでしょうか。

アンダーラインは本当に重要なところにだけ絞る、もしくはまったく引かない、などいろいろと試してみて、自分の勉強スタイルをしっかりと確立させることがもっとも重要なのかもしれません。

スポンサーリンク



まとめ

私自身、アンダーラインを引く勉強法で覚えた気になって、実際にはダメダメだった経験が何度もありますので、宇治原さんの言うことは一理あると思います。

教科書の内容は覚えていなくても、昔やったゲームの内容は今も覚えていたりしますので、やはり興味・関心を持つのがアンダーライン不要のもっとも理想的な勉強法なのでしょうね。

もっとも、教科書の内容に興味を持つのが一番難しく、それができれば苦労しないんですけどね‥‥

【関連記事】


こたつは勉強に集中できるのか?姿勢や暖かさが学習効率に及ぼす影響

効率の良い暗記法と記憶のテクニック|睡眠・栄養・BGMも大切な要素

コーヒーの持つ勉強能力向上効果とは?集中力や記憶に作用する飲み方

スポンサーリンク




関連記事

ケニアの妊婦は石を食べる?

ケニア人は石を食べる&しゃがめないけど腰痛にならない?その理由とは

最近では、日本のマラソン大会でもケニア人の選手をよく見かけるようになり、「ケニア人=マラソンが強い」

記事を読む

扇風機の効率の良い配置と使い方

扇風機を効率良く使う方法|エアコン併用や配置の工夫で涼しさアップ

夏の暑~い時期を乗り越えるためには、部屋が涼しくないとやっていられませんよね。最近ではエアコンが主流

記事を読む

デジャブ デジャヴ 原因

デジャブの原因は何なのか?既視感の理由は記憶のメカニズムにある?

なんかこの光景、前に見たような?あれ?これって前にも経験したような気がする‥‥日常生活で稀に起こる現

記事を読む

同姓 結婚 手続き

同じ苗字で結婚する場合の手続きはどうなる?注意点&省略できるもの

同じ苗字の人同士で結婚や入籍を行う場合、婚姻後も氏名が変化しません。こういった場合には、婚姻後に行う

記事を読む

加湿器 塩

加湿器に塩を入れる行為の意味とは?故障する場合と必須機種の違い

加湿器の使い方について調べていると、「加湿器の水に塩を入れる」という文章を見かけることがあります。「

記事を読む

夜中 掃除機

夜中の掃除機は何時までがマナー?近所迷惑にならずに掃除する方法とは

仕事が忙しくて毎日帰宅するのが遅いと、深夜にしか部屋を掃除できないことがあります。しかし、夜は近所迷

記事を読む

加湿器 和室 畳

加湿器を和室や畳の部屋で使う場合の注意点|障子やふすまへの影響

冬になって寒くなってくると、空気の乾燥を防ぐために加湿器を使用することが多くなります。洋室やフローリ

記事を読む

蚊 エアコン

蚊がエアコンから出てくる場合の侵入経路と発生源|虫を入れない対策

夏になると、どこからともなく蚊が部屋に侵入してきますよね。窓を一切開けておらず、エアコンしか使ってい

記事を読む

赤ちゃん 扇風機 おすすめ

赤ちゃんに使う扇風機でおすすめなのは?安全性と事故防止が大切

夏の暑い時期というのは、大人であってもエアコンや扇風機が欠かせませんよね。体温調節がうまくできない赤

記事を読む

加湿器 カルシウム

加湿器のカルシウム汚れを掃除する方法|クエン酸で白い塊を落とそう

寒い季節になってくると、何日も連続で加湿器を稼動し続けることが多くなってきますよね。ただ、あまり加湿

記事を読む

PAGE TOP ↑