*

加湿器の代わりになるものとは?身近な物で部屋を加湿する方法一覧

公開日: : 最終更新日:2019/10/03 知識・お役立ち

加湿器 代わり

「乾燥した部屋を加湿したい!」と思っても、加湿器がなかったり、台数が足りなかったりする場合がありますよね。

そんな時に、加湿器の代わりとして使えるものや、部屋の湿度を上げられる方法を集めてみました。

知っておくと、ホテルや出張先などでの部屋の加湿に使えますので、上手く活用して風邪や肌荒れを防いでいきましょう。

スポンサーリンク



加湿器の代わりとして使えるもの

加湿器の代わりとして使えるもの

水かお湯を張った入れ物を置く

コップや洗面器などに水を入れて、部屋の空いたスペースに置いておくだけです。

湿度の上昇はゆっくりですが、どこでも手軽に行うことができる方法です。

水ではなくお湯を使えば、スチーム式加湿器のように、より高い加湿効果を得ることができます。

ただ、容器を倒してしまうと大惨事となるので、不安定な場所に置いたり、引っ掛けたりしないよう置き場所には気をつけましょう。

濡れたタオルを部屋に干す

水滴が落ちない程度に絞ったタオルを部屋に干しておくと、お手軽に湿度を上げることができます。

干すタオルの大きさによって加湿の度合いが調節できるので、広い部屋ではバスタオルを使うなど応用がききます。

さらなる即効性を求めるのであれば、絞ったタオルを頭上で振り回すと一気に湿度を上げることができます。

霧吹きで水を散布する

霧吹きを持っているのであれば、軽く水を撒くだけで簡単に部屋の湿度を上げることができます。

ただ、水飛沫を飛ばすことになるため、濡れたら困る場所や書類などがある場所では十分気をつけて散布する必要があります。

部屋に観葉植物などが置いてある場合には、霧吹きで植物の表面に水滴をつけるという方法もあります。

沸騰しているやかんを置く

お湯を沸騰させたやかんを部屋の中に置くと、簡単に部屋の湿度を上げることができます。

ただ、調理スペースもしくはストーブなどを置ける場所に限られるので、部屋によっては使えない場合があります。

もしケトルを持っているのであれば、お湯を沸かした後で蓋を開けて置いておけば、コンロなどがなくても加湿ができます。

やかんやケトルを使う場合には、くれぐれも倒したりしないように注意してください。

床や窓を水拭きする

濡らした雑巾を使ってテーブルや窓を拭いてあげると、地味ながら湿度を上昇させる効果が見込めます。

掃除もできて一石二鳥なので、綺麗好きな方や、ちょうど汚れている場所がある場合などに有効な方法です。

水槽を設置する

部屋の中に水槽を置き、金魚や熱帯魚などを飼育するという方法です。

エアーポンプなどを使用した状態でフタを半分ほど開けておくと、それだけで部屋の乾燥を防ぐことができます。

本格的にやると加湿器よりもお金がかかってしまう方法ですが、金魚鉢程度であれば安いコストで実践することができます。

スポンサーリンク



湿度計を使わずに部屋の乾燥を測る方法

湿度計を使わずに部屋の乾燥を測る方法

ホテルに宿泊するときなど、部屋が乾燥しているのかどうかを判別する方法をご紹介します。

湿度計がなくても、氷水とコップを利用すれば、部屋のおおよその乾燥具合がわかります。

ガラスのコップに氷水を入れて部屋に置き、周りに水滴がつくまでの時間を計測してみましょう。

すぐに水滴がつくようであれば、その部屋の空気中にある程度の水分が含まれていることがわかります。

2分以上経過しても水滴がつかないようであれば、その部屋の空気にはあまり水分が含まれておらず乾燥しています。

※この方法は、室温によって多少結果が変化しますので、極端に寒い部屋や暑い部屋の場合は参考にならない場合があります。

あくまでも目安としてお使いください。


持ち運びできる加湿グッズ

電気を使わずに加湿ができて、持ち運びができるグッズを紹介いたします。

会社のデスクやホテル等で気軽に加湿ができるので、所持しておくと何かと便利ですよ。

【関連記事】


湿度100%の状態とはどのようなものか|水中・雨・霧は該当するのか?

加湿器はいつからいつまで使うもの?時期や湿度の目安を知っておこう

加湿器で結露が発生する場合の対策|湿度が高すぎる以外にも原因あり

こたつの温度を調節する際の注意点|低温やけど&子供への影響

スポンサーリンク




関連記事

蚊が寄ってくる理由や原因は何?自分だけ刺されるのは何が問題なのか

夏の暑い時期になると避けては通れないのが、「蚊」による虫指されの被害ですよね。寝ている時にプ~ンと

記事を読む

金魚すくい 紙 ポイ

金魚すくいのポイの厚さには種類がある?仕組みを知って賢く立ち回ろう

夏祭りといえば、金魚すくいに挑戦するのが醍醐味のひとつです。しかし、紙がすぐに破れてしまう時もあれば

記事を読む

扇風機 サーキュレーター 電気代

扇風機とサーキュレーターの電気代比較|節電を考えて導入するには

夏の暑い時期になると、扇風機のありがたみが身に染みますよね。とはいえ、毎日お世話になるものだからこそ

記事を読む

夜中 掃除機

夜中の掃除機は何時までがマナー?近所迷惑にならずに掃除する方法とは

仕事が忙しくて毎日帰宅するのが遅いと、深夜にしか部屋を掃除できないことがあります。しかし、夜は近所迷

記事を読む

加湿器 和室 畳

加湿器を和室や畳の部屋で使う場合の注意点|障子やふすまへの影響

冬になって寒くなってくると、空気の乾燥を防ぐために加湿器を使用することが多くなります。洋室やフローリ

記事を読む

同姓 結婚 手続き

同じ苗字で結婚する場合の手続きはどうなる?注意点&省略できるもの

同じ苗字の人同士で結婚や入籍を行う場合、婚姻後も氏名が変化しません。こういった場合には、婚姻後に行う

記事を読む

エイプリルフール 午後に嘘ついたら

エイプリルフールの午後に嘘をついたらどうなる?午前中ルールの元ネタ

1年に1日だけ、嘘をついても許されるエイプリルフール。嘘をつく時のルールは色々ありますが、その中に「

記事を読む

加湿器 結露

加湿器で結露が発生する場合の対策|湿度が高すぎる以外にも原因あり

風邪やインフルエンザの予防に効果的な加湿器ですが、使用すると窓や壁などに結露が発生して困ってしまうこ

記事を読む

こたつ 温度

こたつの温度を調節する際の注意点|低温やけど&子供への影響

冬の寒い時期はとても辛いものですが、そんな時に心強い味方となってくれるのがこたつです。こたつを使う際

記事を読む

加湿器 寒い

加湿器が寒いと感じる場合の対処法|体感温度を下げるタイプに要注意

冬になると部屋が乾燥するため、暖房と併用して加湿器を使用しているご家庭は多いことでしょう。しかし、せ

記事を読む

PAGE TOP ↑