*

加湿器に塩を入れる行為の意味とは?故障する場合と必須機種の違い

公開日: : 最終更新日:2020/02/06 知識・お役立ち

加湿器 塩

加湿器の使い方について調べていると、「加湿器の水に塩を入れる」という文章を見かけることがあります。

「加湿器に塩を入れる」という行為は、実は加湿器によって必須の場合と逆にやってはいけない場合の2通りが存在します。

どんな場合に加湿器に塩を入れるのか、逆に入れてはいけないのか、その理由について理解しておきましょう。

加湿器に塩を入れるという行為

加湿器の水に塩を入れるのは絶対NG!

加湿器に塩を少々入れると良いようなことを聞きました。本当でしょうか?

出典:Yahoo!知恵袋

上記の質問のように、「加湿器に塩を入れると何らかの効果がある」という噂を耳にするケースもあるようです。

加湿器にアロマを入れるとリラックス効果があるため、塩を入れた場合でも何らかの効果がありそうだと思うのは、ある意味仕方のないことかもしれません。

しかし、結論からいうと、普通の加湿器の水に塩を入れるのはNGです

これをやると、最悪の場合加湿器が壊れてしまう可能性がありますので、絶対にやらないでください。

塩が必須の加湿器とそうでない加湿器

塩を入れたら壊れるのに、なぜ「塩を入れると良い」などという話が出るのか、不思議に思う方も多いでしょう。

実はこの話、完全なるデマというわけではないのです。

ごく一部ではありますが、加湿器の中には「水に塩を入れておかないと効果が出ない」という種類のものが存在します。

特に代表的なものはこの加湿器です。
↓↓

この商品は、のど飴のメーカーであるVICKSが開発したスチーム式加湿器です。

このタイプの加湿器は、電極棒という炭素の棒をタンク内の水に浸して、そこに電流を流すことで沸騰させてスチームを発生させるというタイプです。

水というのは通電しないと沸騰しないわけですが、ただの水道水をそのまま入れても電気は通りません。

そのため、この加湿器の場合は必ずユーザー側で「塩を入れる」という手順を踏み、電気が通る食塩水に変えてあげる必要があるのです。

上記の商品以外でも、海外製の加湿器の一部には、こういった塩が必要なタイプが存在します。

恐らくは、こういった加湿器の「塩を入れる」という手順だけが、噂として一人歩きしてしまっているのでしょう。

こういう電極棒を使うタイプ以外では、基本的に加湿器に塩を入れる必要はまったくないということを覚えておいてください。

スポンサーリンク



ほとんどの加湿器は塩が故障の原因となる

電極棒タイプを除き、市販されている大半の加湿器は、水道水をそのまま使うことを想定して設計されています。

もし水に塩を入れてしまった場合、タンクやフィルターの中で結晶となって残るため、内部を詰まらせたり、故障の原因となってしまいます。

そもそも、加湿器で塩水を蒸気に変えたとしても、塩分はタンク内に残ってしまうため、出た蒸気はただの水に過ぎず、体に良いことは何もありません。

塩を入れるという行為は、加湿器を故障させるリスクを負ったうえ、掃除の手間を増やすだけなのです。

何の意味もありませんので、電極棒タイプ以外の加湿器に塩を入れるのはやめておきましょう

加湿器につく白い塊は塩なのか?

加湿器を使用していると、蒸気の噴出口や貯水タンク内に白いガビガビした塊のような物体が付着することがあります。

少量ならば水垢のような汚れに過ぎませんが、長期間放置すると固形の物体となることがあり、一見すると塩のようにも見える白い塊となります。

これは、水に含まれているミネラル分(カルシウム)であり、ポットの底などに溜まる白いものと同じ物質です。

この汚れはスケールとも呼ばれ、ミネラル以外にも、シリカ、鉄、カルキなど、水道水に含まれているさまざまな残留物が固まって形成されます。

塩とは無関係な物体ではありますが、長期間放置されたものは固くなって取りにくくなってしまうので、加湿器は定期的に掃除するようにしましょう。

なお、固くなってしまったスケールは、クエン酸を用いることで楽に取ることができます。

クエン酸を使った掃除方法については、下記の記事をご覧ください。

加湿器のカルシウム汚れを掃除する方法|クエン酸で白い塊を落とそう

スポンサーリンク



まとめ

加湿器に塩を入れる行為は、アロマなどのように「体に良さそう」というイメージを抱きがちですが、実際には何の効果ももたらしません。

それどころか、掃除の手間を増やしたり、最悪の場合には加湿器が壊れてしまう可能性すらあります。

「塩を入れて使うタイプの加湿器」でない限りは無用の行為なので、くれぐれも行わないようにしてください。

【関連記事】


加湿器はいつからいつまで使うもの?時期や湿度の目安を知っておこう

加湿器で結露が発生する場合の対策|湿度が高すぎる以外にも原因あり

加湿器は塩素を含む水道水の使用が必須|健康志向が生む落とし穴とは

スポンサーリンク




関連記事

蚊 扇風機

蚊は扇風機で追い払える?夜中の配置や家の中に侵入させない工夫

夏の時期といえば、暑さだけでなく、毎日襲ってくる蚊とも戦わなくてはなりません。ちょこまかと動き回って

記事を読む

加湿器 枕元

加湿器を枕元に置いても大丈夫?寝室での風邪予防に効果的な設置場所

風邪の予防に加湿器を使用する場合、やはり長時間過ごすことになる寝室に置いておく方が多いのではないでし

記事を読む

加湿器 ピンク ぬめり

加湿器のピンクのぬめりはカビ?水垢?掃除する方法と予防について

空気が乾燥する冬のシーズン中、ずっと加湿器を稼動しっぱなしにしているご家庭は多いと思います。しかし、

記事を読む

同姓 結婚 手続き

同じ苗字で結婚する場合の手続きはどうなる?注意点&省略できるもの

同じ苗字の人同士で結婚や入籍を行う場合、婚姻後も氏名が変化しません。こういった場合には、婚姻後に行う

記事を読む

教科書 アンダーライン

教科書にアンダーラインを引くと成績が伸びない?物語・流れで記憶する

5月8日に放送される「林先生が驚く初耳学!」の中で、「教科書にアンダーラインを引くと成績が伸びない」

記事を読む

ケニアの妊婦は石を食べる?

ケニア人は石を食べる&しゃがめないけど腰痛にならない?その理由とは

最近では、日本のマラソン大会でもケニア人の選手をよく見かけるようになり、「ケニア人=マラソンが強い」

記事を読む

加湿器 和室 畳

加湿器を和室や畳の部屋で使う場合の注意点|障子やふすまへの影響

冬になって寒くなってくると、空気の乾燥を防ぐために加湿器を使用することが多くなります。洋室やフローリ

記事を読む

加湿器 寒い

加湿器が寒いと感じる場合の対処法|体感温度を下げるタイプに要注意

冬になると部屋が乾燥するため、暖房と併用して加湿器を使用しているご家庭は多いことでしょう。しかし、せ

記事を読む

こたつ 焦げ臭い

こたつが焦げ臭い場合の原因と対処法|コードの扱いと埃掃除の重要性

寒い冬の季節、暖かいこたつにもぐりこむ瞬間というのは何とも気持ちが良いものです。しかし、もしこたつの

記事を読む

缶詰の賞味期限切れは食べても大丈夫なのか?いつまでならOK?

長期保存がきくので、普段の食事としても使えるほか、いざというときのための保存食としても活用できる缶詰

記事を読む

PAGE TOP ↑