*

加湿器がなくても部屋の湿度を上げる方法|快適な湿度はどのくらい?

公開日: : 最終更新日:2018/12/17 知識・お役立ち

加湿器がなくても部屋の湿度を上げる方法

冬の寒い時期に気をつけなければならないのが、部屋の湿度です。

部屋が乾燥していると、肌がカサカサしたり、のどを痛めたり、風邪をひきやすくなったりと、あまりいいことがありません。

部屋の湿度管理をする場合、加湿器を使用するのが一番良いのですが、ホテルや旅館などの出張先は、加湿器がない環境だったりする場合もありますよね。

そこで、加湿器なしでも快適な湿度を保つ方法について、まとめてみました。

スポンサーリンク



快適な湿度ってどのくらい?

まず知っておきたいのが、快適な湿度の目安です。

40%以下:肌のカサカサがわかるほど乾燥している環境
50%以下:インフルエンザや風邪の菌が居座りやすい環境
60%以上:カビ菌が発生しやすい環境


湿度が低すぎると人体に悪影響が出ますし、高すぎると窓が結露したり、カビが発生しやすくなります。

人が快適に過ごせる湿度の目安は、40%~60%程度です。

40%は下限値のため、できれば50%以上を維持、美肌を意識するなら60%程度が良いでしょう。

温湿度計 温度計 湿度計 デジタル おしゃれ 送料無料 シンプル 大画面 卓上 壁掛け リビング 室内 赤ちゃん コンパクト

 

加湿器がない場合の湿度の上げ方

加湿器がない場合の湿度の上げ方

タオルを濡らして部屋に干す

濡らしたタオルを軽く絞って、ハンガーなどを使って部屋の中に干しておきます。

効果が薄い場合は、タオルの枚数を増やしたり、表面積の大きいバスタオルを使ってみましょう。

濡れたタオルを振り回す

タオルを水に濡らし、水が滴り落ちない程度に絞ります。

それを部屋の中で振り回すと、部屋の湿度を上昇させることができます。

即効性があるので、手っ取り早く湿度を上げたい時におすすめです。

やかん・ケトルを使う

やかんやケトルでお湯を沸かし、蓋を開けて部屋の中に置いておきます。

即効性の高い方法ですが、こぼしたりして火傷を負わないよう、十分に注意しましょう。

水をはった容器を部屋に置く

洗面器やバケツ、コップに水をはって、部屋の片隅に置いておきます。

即効性はありませんが、じわじわと湿度を上げる効果があります。


霧吹きを使う

霧吹きに水を入れ、部屋に直接水分を散布します。

やり過ぎるとカビの原因になったり、カーテンやじゅうたんが水びたしになるので、注意しましょう。

観葉植物を部屋に置く

観葉植物を置いておくと、空気中に水分を放出する働きをしてくれます。

たまに霧吹きで水をあげると、より効果が高まります。

浴槽にお湯をため、風呂のドアをあけておく

風呂場のドアをあけておくことで、風呂の蒸気を部屋に流し、湿度を上昇させます。

また、お湯を張らなくても、使用後の風呂場は湿度が非常に高いので、扉を開けっ放しにしておけば、それなりに湿度上昇効果が見込めます。

やる場合は、風呂場の換気扇は必ず切っておきましょう。

部屋の間取りによっては使えませんが、ホテル等では比較的有効な方法です。

やりすぎると、カーテンやカーペットが水分を吸い、変色する恐れもあるので、気をつけましょう。

スポンサーリンク



エコ加湿器を活用

最近では、容器に水を注いでおくだけで空気中に水分を放出し続けてくれるという、観葉植物のような「エコ加湿器」というものがあります。

ミクニ おくだけエコ加湿 ミスティガーデン2nd U602 自然気化式小型加湿器 加湿器 紙

 

私は加湿器による窓の結露が嫌だったので、このエコ加湿器を買って、実際に自分の部屋に置いています。

水を注ぐ手間はかかるものの、電気代もかからずに、とても簡単に部屋の湿度を一定に保つことができます。

水分を放出する紙のフィルターは、2~3ヶ月すると変色してくるため、そのたびに交換が必要になりますが、それ以外には特に手間はかかりません。

とても便利な商品なので、気になる方は是非一度試してみてください。



まとめ

加湿器がなくても、ちょっとした工夫をすることで、部屋の湿度を快適に保つことができます。

自分の部屋に加湿器がある、という方でも、覚えておくと、ホテルに泊まる時などに活用できるかもしれません。

寒い時期は、体調管理が重要になってきますので、湿度を適切に管理して、乾燥・風邪をしっかりと予防しましょう。

【関連記事】


加湿器で結露が発生する場合の対策|湿度が高すぎる以外にも原因あり

寝るときに加湿器はつけるべき?|就寝時の乾燥対策と使い方の注意

加湿器はいつからいつまで使うもの?時期や湿度の目安を知っておこう

加湿器を夏に活用する知恵|夏バテ&体力低下による夏風邪の予防法

スポンサーリンク




関連記事

加湿器 塩素

加湿器は塩素を含む水道水の使用が必須|健康志向が生む落とし穴とは

冬になると風邪の予防で使うことの多い加湿器ですが、みなさんは加湿器にどんな水を使っているでしょうか?

記事を読む

加湿器 井戸水

加湿器で井戸水しかない場合|消毒すれば使える?スチーム式が良い?

冬になって暖房を使うようになると、空気の乾燥が気になって加湿器を使う機会が増えてきます。しかし、ほと

記事を読む

扇風機 電気代 1時間 24時間

扇風機の1時間・1日(24時間)の電気代を比較|弱と強での電気料金の違い

夏も本番になり、じりじりと気温が上がってくると、扇風機が欠かせなくなってきますね。シーズン中はつけっ

記事を読む

缶詰の賞味期限切れは食べても大丈夫なのか?いつまでならOK?

長期保存がきくので、普段の食事としても使えるほか、いざというときのための保存食としても活用できる缶詰

記事を読む

方向音痴の原因・治し方は?克服するための道の覚え方や目印の工夫

地図を読むのが苦手だったり、自分の現在位置がすぐわからなくなる人は、よく「方向音痴」と呼ばれます。知

記事を読む

加湿器 フィルター カビ

加湿器のフィルターがカビた場合の除去・掃除方法|日頃の手入れも重要

冬の大敵である乾燥を防いでくれる家電といえば、加湿器ですよね。シーズン中は毎日使うものですし、衛生面

記事を読む

効率の良い暗記法と記憶のテクニック|睡眠・栄養・BGMも大切な要素

みなさんは「暗記」は得意ですか?学校の期末テストや受験ではほぼ必須ですし、社会人になっても、仕事や資

記事を読む

扇風機 寿命 耐用年数

扇風機の寿命や耐用年数はどのくらい?長期運用のリスクと注意点

夏の暑さを乗り切るためには、扇風機が欠かせませんよね。しかしこの扇風機、夏の時期以外にはあまり出番が

記事を読む

扇風機 サーキュレーター 電気代

扇風機とサーキュレーターの電気代比較|節電を考えて導入するには

夏の暑い時期になると、扇風機のありがたみが身に染みますよね。とはいえ、毎日お世話になるものだからこそ

記事を読む

加湿器 寒い

加湿器が寒いと感じる場合の対処法|体感温度を下げるタイプに要注意

冬になると部屋が乾燥するため、暖房と併用して加湿器を使用しているご家庭は多いことでしょう。しかし、せ

記事を読む

PAGE TOP ↑